映画『フッド:ザ・ビギニング』あらすじ・ネタバレ感想!ロビン・フッド誕生を描いた王道エンターテイメント

映画『フッド:ザ・ビギニング』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『フッド:ザ・ビギニング』公式ページ

『フッド:ザ・ビギニング』は、新しいロビン・フッド誕生を描いた王道のエンターテイメント作品。

タロン・エジャトンのアクションをばっちり堪能できる一作になっています。

ポイント
  • 今回のロビンはまるで少年マンガの主人公。新しいスタイルの「ロビン・フッド」です。
  • ビギニングという日本版タイトル通り、ロビン・フッド誕生の物語です。
  • タロン・エジャトンのアクションは、今回も「素晴らしい」の一言。ジェイミー・フォックスの存在感もさすがです。

それではさっそく映画『フッド:ザ・ビギニング』をネタバレありでレビューしたいと思います。

映画『フッド:ザ・ビギニング』作品情報

作品名 フッド:ザ・ビギニング
公開日 2019年10月18日
上映時間 116分
監督 オットー・バサースト
脚本 ベン・チャンドラー
デヴィッド・ジェイムズ・ケリー
出演者 タロン・エジャトン
ジェイミー・フォックス
ベン・メンデルソーン
イヴ・ヒューソン
音楽 ジョセフ・トラパニーズ

映画『フッド:ザ・ビギニング』あらすじ


十字軍に召集されていたロビン・ロクスリー(タロン・エジャトン)が、4年ぶりに帰ってくると、すでに戦死届が出され領地と財産は没収、恋人や領民も追い出されていた。

しかし、狙撃手のジョン(ジェイミー・フォックス)に導かれてロビンは再び領主となる。

彼は、国を操ろうとする長官と教会が領民から搾取しているのを知り、長官らに接近しながら、頭巾姿の義賊フッドとして奪われた領民の金を奪い返す。
出典:シネマトゥデイ

【ネタバレあり】映画『フッド:ザ・ビギニング』感想レビュー

そもそもロビン・フッドとは、どんな人物?

ロビン・フッドは実在した歴史上の人物というよりは、何人かの伝承が合わさって一人の人物として形作られたという見方が正しい中世イングランドの伝説の人物。

今まで何度も映画、ドラマ、アニメなどメディア化されてきたロビン・フッドの物語ですが、19世紀以降のイメージは固定されています。

緑色の服を着た弓の名手で、シャーウッドの森(イギリスのノッティンガム)に住む、アウトロー集団のリーダーで義賊。

あだ名は大股のロビン(ロビン・ロングスレイド)やロクスレイのロビン。

恋人の名前はマリアン、ロビンの片腕的存在の大男はジョン。

敵役はノッティンガムの代官や、イングランド王のジョン。

時代が変わり、演じる俳優が変わっても、この設定は変化が見られません。

そして主人公のロビン・フッドを演じた俳優は、名優がずらりと名を連ねています。

1976年の『ロビンとマリアン』ではショーン・コネリーがロビンを、マリアンはオードリー・ヘップバーンが演じました。

1991年にはケビン・コスナー版『ロビン・フッド』が公開され、この時はイングランド王リチャードを演じたのがショーン・コネリーでした。

モーガン・フリーマンやクリスチャン・スレーター、アラン・リックマンも出演し、主題歌はアカデミー賞にもノミネートされました。

もっとも、ケビン・コスナーはラズベリー賞の最悪主演男優賞を受賞してしまいますが。

しかし、映画の内容は何回観ても飽きないエンターテイメントとして充分に楽しめます。

そして私の一番のおすすめロビン・フッド映画は、リドリー・スコット監督×主演ロッセル・クロウという『グラディエーター』の最強タッグで2010年に公開された作品です。

今までの冒険活劇ものとは一線を引き、歴史大作映画とでも言えそうな内容で、スケールが大きく戦闘シーンも迫力があります。

さすがリドリー・スコット。まさかマグナカルタ(世界史で習いましたよね)を絡めてくるとは。

そんなわけで、ちょっと歴史の勉強にもなります。

マリアンはケイト・ブランシェットが、ジョン王はオスカー・アイザックが演じ、マーク・ストロングやウィリアム・ハートといった名優ががっちり脇を固め、『007』や『ミッション:インポッシブル』ですっかりお馴染みレア・セドゥも出演しています。

156分と少し長尺ですがまったく飽きさせず、最後まで吸引力がある物語に仕上がっています。

このラッセル・クロウ版の『ロビン・フッド』もまさに『フッド:ザ・ビギニング』と言える内容なので、タロン・エジャトン版と比べて観るのも面白いかもしれませんね。

新しいロビン・フッドの物語は、少年マンガが好きならきっと楽しめるはず!

タロン・エジャトンが童顔だからか、今までのロビンに比べると、どうしても色々と若いなあと思ってしまうのが今回のロビンの特徴の一つかもしれません。

しかし、まだ年若く見える青年が十字軍遠征に徴兵され、戦地で友人を亡くし、戦場での理不尽な仕打ちを目の当たりにし、味方に傷付けられ、4年振りに帰国してみれば自分は死んだことにされ、領地も財産も接収されていて、しかも恋人マリアンには他の男がいたのです。

最初からハードな運命過ぎて、とにかく同情心は誘います。

何せタロン・エジャトンの顔が好青年にしか見えないので、ひいき目に観てしまうのは仕方のないことなんです(笑)

タロン・エジャトンは酷い目に遭わせたくないと観客に思わせることにおいては、おそらく右に出るものがいないほど親しみやすさがある俳優ですよね。

ところがそんな失意のロビンの前に現れたのは、敵兵だったション。

実の息子を救おうとしてくれたロビンに恩を感じ、イングランドまで追って来ていたのです。

ジョンと再会したロビンは、昼は若き領主として腐敗した教会とノッティンガム州長官の不正を暴こうと情報を集めながら、夜は彼らが領民から搾取する不当な税金を盗んでは領民たちに還元するようになります。

そして、フードで顔を隠していることから、やがてロビンは「フッド」と呼ばれ、領民の心を掴んでいきます。

もちろん長官たちはフッドを捕らえようと必死になり、ロビンが提案したこともあり、フッドは賞金首のお尋ね者に。

ロビンは元恋人のマリアンたちと一緒に、確たる不正の証拠を手に入れるべく画策しますが…。

というのが、大まかなあらすじ。

ラストは多くの人が知っている、いつもの『ロビン・フッド』の物語につながるよう、シャーウッドの森に向かうところでジ・エンド。

タイトルのビギニング通り、まさに義賊「フッド」始まりの物語になっています。

とにかくテンポが良く、さくさくと話しが進んでいきます。

ラッセル・クロウ版のように重厚さはなく物語としての意外性はないですが、気軽に見られるエンターテイメント・アクション映画に仕上がっています。

そして、アクションシーンがなかなかの出来栄えです。

スピード感も迫力もあり、中でもカーチェイスならぬ馬車での追走劇は、見応え充分。

弓のアクションも、いかにフッドをかっこよく見せるかが計算されて撮影されたんだろうなぁと感じます。

しかし、一本の矢にフォーカスされた弓の使い方に関しては、リドリー・スコット監督の見せ方の巧みさに一票。

「アーチェリーのアクション」として見ると『キングスマン』なみのキレキレさもあるので、タロン・エジャトンに一票といった感じ。

特に超高速連射シーンは最高です。

もっとも、最近で弓を使ったアクションシーンの最高峰だと思うのは『バーフバリ』ですが(笑)

そんなキレキレアクションで敵を倒すことになるロビンを鍛えるのが、元敵兵のジョンというのも面白いところ。

左手首から先を失ったジョンですが、まさに少年マンガの主人公を鍛える師匠役そのものなんです。

主人公の導き役を演じるジェイミー・フォックスは、強く厳しく、物語の中でも際立つ存在感のジョンにぴったりでした。

いかにも少年マンガにありそうな、ロビンとジョンの修行風景が映画の中で一番ワクワクしたくらいです。

ちなみにタロン・エジャトン、二ヶ月特訓をしてノースタントで演じたらしいです。すごすぎる。

少年漫画が大好きな人には本作『フッド:ザ・ビギニング』は刺さると思いますよ!

バディものとしての面が、かなり色濃くなってもいるので。

敵役に配置されたベン・メンデルシーンも、知的でお洒落な外見のおじ様で、いかにもな悪役にぴったり。

正統派の冒険活劇ものに、渋いアクセントを加えてくれています。

『フッド:ザ・ビギニング』は歴史ものとしての見応えの代わりに、ノリの良さに振り切ったポップコーンムービー

『フッド・ザ・ビギニング』は歴史もの、史実を基にした作品とは一味違います。

現代社会の問題を盛り込み、権力者の腐敗を市民が立ち上がって正そうとする革命の物語であり、冒険活劇なのです。

CGではなく、大がかりなセットで撮影されていて、かなり華美なシーンも出てきます。

衣装も何ともモダン的。というよりモダン過ぎてびっくり。かっこいいですけど。

この辺りで、時代や歴史との整合性はあえて無視されているのかなとわかります。

歴史の勉強にはならない代わりに、歴史の授業が苦手だった人でもスッと物語に入っていける作品なので、本当に気軽に手を付けやすい作りです。

こういったアプローチの作品も、私は嫌いじゃありません。

ただ「時代劇」にそこそこの重厚さを求める方には、軽すぎる作品と思われてしまう危険性はあります。

革命のカタルシスがあまり感じられなかったのも、ノリが軽いからとも言えますし。

なので、イギリスの時代もの映画としてではなく、中世ヨーローッパ風ファンタジーのアクションもの。

そう思って鑑賞するのが、間違いなく正解。

『フッド・ザ・ビギニング』は、痛快アクションエンターテイメントなのです。

辛気くささもなく、疲れない。ちょっと映画でも見よ!という時に向いているのです。まさにポップコーンムービー。

続編を意識したラストですが、これはおそらく製作されないでしょう。

キャストは大変魅力的だったので、彼らを観るだけでも充分なのですが、やはり物語に深みがなかったからかイマイチ評価が良くなく。

続きがあれば『フィフティ・シェイズ』シリーズのジェイミー・ドーナンの悪役振りが見られたのに…とそこだけはちょっと残念です。

映画『フッド:ザ・ビギニング』まとめ

以上、ここまで映画『フッド:ザ・ビギニング』についてネタバレありで紹介させていただきました。

要点まとめ
  • タロン・エジャトンが好きなら必見。アクション良し、顔良し、演技良し。タロンくんを観るだけで満足できます。
  • いつの時代も、女性は強くて何ともたくましい。マリアン、怖いwウィルを可哀想となった人は絶対いるはず!
  • 脚本が少し弱いので、そこは残念。しかしキャストは文句なし。