韓国ドラマ『ホジュン〜伝説の心医〜』キャスト・あらすじ・ネタバレ・動画情報まとめ!「心医」とは何か?

出典:テレビ東京

東洋医学の元となり、のちに現代では世界遺産となった医書「東医宝鑑」の作成に生涯命をかけて、さらに「心医」と言われ民に敬われた実在の人物ホ・ジュン。

庶子に生まれ、身分の低さに翻弄されながらも、生涯の師匠との出会いがきっかけとなり、ひたむきな努力で医師の道を目指すヒューマンサクセスドラマです。

過去に韓国で放映された『ホジュン〜宮廷医官への道』を14年ぶりにリメイクされたドラマ『ホジュン〜伝説の心医〜』のレビューしていきたいと思います。

『ホジュン〜伝説の心医〜』ってどんなドラマ?


『ホジュン〜伝説の心医〜』ってどんなドラマ?①

世界遺産となった医書「東医宝鑑」の編纂に命を賭け、「心医」と呼ばれた朝鮮王朝時代の名医ホ・ジュンの波乱万丈の生涯を描いた歴史ドラマ。

大ヒット作『ホジュン~宮廷医官への道』を、当時のスタッフが14年の時を経てリメイク。

『宮廷女官 チャングムの誓い』『馬医』などの名作と同様に、賤しい身分ながら、ひたむきな努力によって困難を克服し、やがて王を診る御医へと出世する主人公の姿や、多彩な登場人物が織り成すヒューマンストーリーは、時代や国を超えて見る者に大きな力を与えてくれる。
出典:チャンネル銀河

韓国ドラマ『ホジュン〜伝説の心医〜』主要キャスト

キム・ジュヒョク / 役:ホ・ジュン

  • 国境を守る武官の家の庶子しょし
  • 自らの立場を知り自暴自得になるが、名医との出会いで医師を目指す
  • 決して手を抜かず、周りに翻弄されず、芯が強い努力家

ナムグン・ミン / 役:ユ・ドジ

  • 名医ユ・ウィテの息子
  • 父とは違い、出世欲が強く、どんな手も使う強さ
  • 突然目の前に現れたホジュンを敵視する

パク・ウンビン / 役:イ・ダヘ

  • 父の謀反の疑いため、都を追いやられる元高官のお嬢様
  • 父の死後、そばで支えてくれたホジュンをいつしか愛するようになる
  • 身分が低くなり、悩み苦しむが、生涯ホジュンを支え続ける

パク・チニ / 役:イェジン

  • 亡き父が医員だったこともあり、医女を目指す
  • 亡き父と親交のあった、ユ・ウィテの養女となる
  • ひたむきに医師を目指すホジュンを慕いながら見守り続ける

ペク・ユンシク / 役:ユ・ウィテ

  • 金や名誉などは全く関心のない名医
  • 息子ドジより、ホジュンに対して厳しく指導する
  • 自分の死後は、自らの遺体で医術の役にたってほしいと思っている

韓国ドラマ『ホジュン〜伝説の心医〜』あらすじ

ドラマ『ホジュン〜伝説の心医〜』あらすじ

軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。

成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり、父の配慮で遥か南の地・山陰へと逃げることに。

同じ頃、ジュンは、父が謀反の疑いをかけられて追われた両班の娘ダヒと運命的な出会いをしていた。

ダヒと生きる決心をして共に旅立つが、途中彼女の身分回復を知らされ、身分違いの結婚はできないと彼女を置いて母と二人山陰にやってくる。

そこで名医と名高いユ・ウィテを知り、彼に弟子入りを志願。

厳しい師の下で懸命に学ぶジュンは、ウィテの養女で医術を学んだイェジンになにかと助けられる。

イェジンに想いを寄せるウィテの息子ドジは、ウィテに目をかけられ腕を上げていくジュンを疎ましく思う。

ウィテはドジに「心医」になってほしいと願うが、ドジは内医院に入って御医になるという出世欲を抱いていた。

間もなく山陰まで追ってきたダヒと再会し結婚したジュンは、妻や母に支えられながら「心医」を目指して邁進していく。

その道は険しく、様々な苦難に満ちていた…。
出典:『ホジュン〜伝説の心医〜』公式ページ

韓国ドラマ『ホジュン〜伝説の心医〜』を視聴できる動画配信サービス

『ホジュン〜伝説の心医〜』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年6月7日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】韓国ドラマ『ホジュン〜伝説の心医〜』感想レビュー

人間味があり親しみやすい「ホジュン」をキム・ジュヒョクが熱演

武官の庶子しょしとして生まれ育ち、その現実を知り自問自答していた一人の男が、幼い頃に亡くなった一人の娘、最愛の人ダヒ、そして師匠ユ・ウィテのとの出会いにより、本来持っていた“優しさ・温かさ・賢さ”を発揮し、「心医」を目指すホ・ジュンの生き様が繊細に描かれています。

そのホ・ジュンを演じるのが、映画を中心に大活躍の俳優キム・ジュヒョク

前作の時代劇『武神』以降、「時代劇に出演する気持ちはない」と話していた彼でしたが、俳優でもある父のキム・ムセンが演じた役でもあり、「演じるのが運命だと思った」と出演に至りました。

子役は幼少期のみで、青年期の頃のホ・ジュンもキム・ジュヒョクが演じているのには少し違和感がありましたが、見事に若さ溢れる不良っぷりも演じ、さらに平民から高官になるまでの変身していく姿は、彼のストイックな演技力が十分に発揮され、見ていて胸が高まりました。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ホジュン〜伝説の心医〜』を視聴する

同じ師匠を持つライバルのホ・ジュンとユ・ドジ

韓国ドラマでは、必ず「ライバル」が出現しますが、今作におけるホ・ジュンのライバルは師匠である匠ユ・ウィテの息子ユ・ドジ。

ホ・ジュンを常に敵視する存在となります。

このユ・ドジ役には、コミカルもシリアスもオールマイティに演じる、日本でも大人気のナム・グンミン

ドラマ内では、父であり師匠であるユ・ウィテが、突然現れたホ・ジュンにばかり期待をかけるのを嫉妬し、金と欲望と出世の道に走ってしまいます。

常にホ・ジュンのことを意識し、ライバルでありながらも、最終的に死罪に相当するほどの過ちを犯したとき、何も言わずに助けられたホ・ジュンに心から謝罪します。

その場面では、お互いにライバルながらも「必要としていた」のがわかり、ここからの2人の関係が今後「東医宝鑑」を編集する際に、多大なる影響力をもたらすのです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ホジュン〜伝説の心医〜』を視聴する

韓国時代劇にはかかせない!?ホ・ジュンを支える愉快な仲間たち

韓国時代劇には、必ず主役を支える愉快で心温かい仲間たちの存在が不可欠です。

ベテランながらも脇役設定の名俳優さん方々。

時代劇にはよく見かけ、「あ!この方、観たことある!」って方が必ずいるはず(?)です。

このドラマでも、ホ・ジュンを支える仲間としてヤンテ(ヨ・ホミン)、イルソおじさん(パク・チョルミン)、オグン兄さん(チョン・ウンピョ)など、さまざまな個性的キャラで、ひと時のユーモアのある時間を観てる人たちにも与えてくれています。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ホジュン〜伝説の心医〜』を視聴する

政治派閥に翻弄されず、医師としての志を貫いたホ・ジュン

このドラマの時代背景は、韓国時代劇ではよく取り上げられている第14代国王宣祖から第15代国王・光海君こうかいくんの時代。

ドラマ内でも出てきますが、倭国が朝鮮出兵をする“壬辰倭乱(日本では文禄の役)”が起こったり、「東人派や西人派」など派閥の争いもあり、決して安定した時代とは言えない状況でした。

ですが、ホ・ジュンは御医(王様専属の医官)になっても、高官の最高地位についても、決して翻弄されることもなく「心医」を貫きました。

そして、それを貫くために高官となったホ・ジュンには、いろいろ苦悩があった模様が『ホジュン〜伝説の心医〜』ではとてもよく描かれているのです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ホジュン〜伝説の心医〜』を視聴する

突然ホ・ジュンが「遺作」となってしまったキム・ジュヒョク

今作は、2013年の作品ですが、この作品の後にホ・ジュンを演じたキム・ジュヒョクは、とあるバラエティ番組に2年間出演します。

その後、多数の映画に出演し、2017年には自身初の映画賞を受賞するなど、バラエティ出演をきっかけに、さらに老若男女に愛される役者として成長を遂げていました。

そんな映画賞受賞の2日後、突然の交通事故で帰らぬ人に。

まだまだこれからという時の突然の死は、韓国でも日本でも多大なるショックな事件となりました。

日本での彼の有名作品と言えば、『ホジュン〜伝説の心医〜』であり、劇中の「ソフトな声と優しい表情に癒された」というファンが多くいました。

まだ、ご覧になられていない方には、ぜひ!彼の魅力とストイックな演技を観て頂きたいです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『ホジュン〜伝説の心医〜』を視聴する

韓国ドラマ『ホジュン〜伝説の心医〜』まとめ


韓国時代劇の医療系ドラマは、どのドラマでも主人公がかなり辛く、ハラハラ感が半端ないのですが、この状況がハマってしまう要因のひとつ。

ホ・ジュンもそうなのですが、とにかく韓国時代劇の実在した人物を描くサクセスストーリーは、本当に感慨深くなり、何も手につかないほどハマッてしまいます。

最後、ホ・ジュンが最愛の妻ダヒの懐の中で倒れて亡くなるシーンがあるのですが、今や亡きキム・ジュヒョクの亡くなった姿とかぶせてしまい、最後の最後に胸が痛くなってしまいます。

ホ・ジュンとキム・ジュヒョクを重ねてみると、

  • 自分に厳しく、人に優しいところ
  • 信念をしっかり持ち、ストイックに自分を追い込むところ

などが、本当に似ていて、ホ・ジュンを演じるには、キム・ジュヒョクは適任だったと思いました。

数多くのドラマでも取り上げられている「時代背景」と、その登場人物を比べながら『ホジュン〜伝説の心医〜』をご覧になるのもおもしろいです。

現代医学よりもはるかに何もない、鍼と薬草などで治療していた時代に、「心医」としてどのように登りつめていったのか!?

見どころ満載、そして感動の『ホジュン〜伝説の心医〜』。

まだご覧になっていない方はぜひ!おすすめの作品です。