ドラマ『初恋の悪魔』第9話あらすじ/ネタバレ感想!明らかにされる連続殺人事件の真相と、本当の真犯人

初恋の悪魔

出典:初恋の悪魔公式ページ

鹿浜鈴之介(林遣都)は朝陽(毎熊克哉)の転落死に関わった人物を突き止め、森園真澄(安田顕)は被害者3人の共通点を見つけました。

一方、馬淵悠日(仲野太賀)と小鳥琉夏(柄本佑)は、署長・雪松鳴人(伊藤英明)の息子・弓弦(菅生新樹)から重要な証言を得て‥。

被害者たちの共通点は何だったのでしょう。

弓弦はどんな証言をしたのか?

最後に、衝撃の事実が明らかになるのでした。

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

ドラマ『初恋の悪魔』前回第8話のあらすじと振り返り

桐生が殺人容疑で逮捕される中、森園真澄(安田顕)は、署長・雪松鳴人(伊藤英明)こそが黒い白鳥ではないかと疑っていました。

鹿浜鈴之介(林遣都)たちは、ターゲットを雪松に絞って調べることにします。

一方、兄・朝陽(毎熊克哉)のスマホのパスワードを解除し、発信履歴にあった“みぞれさん”から重要な情報を得た馬淵悠日(仲野太賀)は‥。

馬淵と小鳥琉夏(柄本佑)は雪松を尾行し、鹿浜とへび女(摘木星砂(松岡茉優))は収監されているリサ(満島ひかり)から話を聞くことにするのでした。

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『初恋の悪魔』第9話あらすじと感想

署長・雪松(伊藤英明)の息子と、収監されているリサ(満島ひかり)

署長・雪松(伊藤英明)が門を開けると、家から息子・弓弦(菅生新樹)が出てきました。

馬淵悠日(仲野太賀)と小鳥琉夏(柄本佑)は、コンビニに向かう弓弦の後を追うことに‥。

実は、馬淵は雪松だけを疑っていますが、小鳥は息子・弓弦も怪しいと思っていたのです。

一方、リサ(満島ひかり)を面会した鹿浜鈴之介(林遣都)は、リサが一言も話さなかったとへび女(摘木星砂(松岡茉優))に報告します。

リサは、勾留中に自白の強要と恫喝、さらに人格否定をされ続けたせいで、容疑を否認するのを諦め、自分一人の世界に閉じこもってしまったのです。

ミルトモ 編集部

最終回目前に登場した雪松の息子・弓弦。弓弦は、3件の連続殺人事件に関係あるのでしょうか?一方、収監されているリサの姿に驚きました。リサを犯人に仕立て上げた人たちには、リサと同じような目に遭って、リサの苦しみを理解して欲しいです。

犯罪の動機

鹿浜宅では、鹿浜、森園(安田顕)、へび女の3人が捜査会議をしています。

被害者家族に会って来た森園は、被害者3人(塩澤、吉長、望月)が境川アウトドアクラブに所属していたことに気づきました。

鹿浜は、朝陽(毎熊克哉)を転落死させた犯人が、雪松であることを突き止めます。

証拠が揃い、森園は直ぐにでも雪松を捕まえようとしますが、鹿浜は雪松が犯行に及んだ動機を探ろうとしています。

一方、弓弦を監視している馬淵の車に、差し入れを持った小鳥がやって来て‥。

ミルトモ 編集部

第2話で、雪松が馬淵の両親を持ち上げたのは、朝陽も雪松に持ち上げられて突き落とされたから?もしかすると、第2話ですでに伏線が張られていたのかも‥。

少し意外だったのは、シリアルキラーによる事件を解決することを望んでいた(第1話)鹿浜が、生まれながらのシリアルキラーは居ないと考えていた事です。

森園が言うように、雪松がシリアルキラーなら、動機らしいものは存在しない気がするのですが‥。

証拠隠滅と、消えていく人格

雪松は不安そうにしている妻を抱きしめ、心配そうに2階を見た後、仕事に向かいました。

一方、馬淵と小鳥は、紙袋を持って外に出てきた弓弦の後を追うことに‥。

弓弦は、紙袋から靴(被害者が履いていたと思われる靴)を取り出し、それを投げ捨てようとしています。

馬淵と小鳥に捕まった弓弦は、「僕じゃないです。僕の父です」と言い、連続殺人事件の真相を話し始めました。

その頃、鹿浜は、自分だけに告白させるへび女に文句を言っていて‥。

ミルトモ 編集部

弓弦は、自分の父親・雪松が犯人だと言っていますが本当でしょうか?一方、へび女は、自分が人の体を借りているだけの存在だと言います。

そのせいか、自分が消えてしまうことを受け入れているように見えました(一方、摘木星砂は、自分の人格が消えてしまうのを恐れていたようでした)。

全てが終わった後、摘木星砂の人格はどうなってしまうのでしょう。

弓弦(菅生新樹)の告白

弓弦と4人の少年(磯谷、塩澤、吉長、望月)たちは、境川アウトドアクラブに所属する仲の良い同年代の友達でした。

発端となった事件は、森園が関わった事件の3年前(今から8年前)に起こります。

弓弦は、磯谷がキャンプ場で溺死したのは、父・雪松が磯谷を川に突き落としたせいだと言います。

3件の連続殺人事件の被害者は、その溺死事件を目撃した少年たちだったのです。

馬淵と小鳥は、録音した弓弦の告白を、鹿浜とへび女に聞かせました。

ミルトモ 編集部

塩澤と吉長は弓弦を脅したせいで、望月は警察に届けようとしたせいで雪松に殺されたようです。

雪松は「この方がこの子たちは愛されるんだよ」と言っていたようですが、自分のために泣いてくれる事が、幸せな事とは思えませんでした。

ところで、弓弦が投げ捨てようとしていた靴が、8年前に亡くなった磯谷の靴だとすると、他の被害者の靴は何処にあるのでしょう。

左腕の肘にある火傷の痕

鹿浜は雪松を逮捕しに行き、馬淵もそんな鹿浜の後をついて行きます。

鹿浜宅に残っているのは、小鳥とへび女と弓弦の3人です。

一方、森園は、雪松に自白を迫っていて‥。

へび女は小鳥が作った朝食を持って、弓弦がいる部屋に入って行きました。

毛布で自分の体を隠している弓弦に、優しく声を掛けるへび女。

しかし、弓弦の左腕の肘に火傷の痕を見つけたへび女は‥。

弓弦がへび女めがけて振り下ろしたハサミは、へび女を庇った森園の背中に刺さるのでした。

ミルトモ 編集部

雪松は真犯人が自分であると自白しましたが、弓弦の左腕の肘にある火傷の痕と、ハサミでへび女を襲う姿を見ると、弓弦が真犯人である可能性もある気がしました。

ところで、森園は、自分が死んでも悲しむ家族がいないと言っていましたが、一緒に暮らす野上千尋(萩原みのり)は妻ではないのでしょうか?

個人的に、森園が言った「最大の犯罪抑止力は家族だ」という言葉と、「孤独だとか、恵まれないだとか、恨みだとか、心の闇だとか、そんなものは誰だって持ってる。

人を傷つけて良い理由にはならない」という言葉に共感しました。

ドラマ『初恋の悪魔』第9話まとめ

雪松は、自分が3件の連続殺人事件の犯人だと自白しましたが、息子・弓弦が犯人である可能性も捨てきれません。

一番気になるのは、発端となった磯谷の溺死が、誰の手によるものなのかという事です。

雪松なのか、弓弦なのか、殺害された3人の被害者たちか‥。

いずれにせよ、無実の人に罪を擦り付けた雪松の罪は大きいと思います。

最終話では、弓弦や雪松の動向だけでなく、摘木星砂を取り巻く四角関係にも注目したいです!

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る