ドラマ『初恋の悪魔』第5話あらすじ/ネタバレ感想!過去と向き合う鹿浜鈴之介(林遣都)と、不可思議な出来事

初恋の悪魔

出典:初恋の悪魔公式ページ

森園真澄(安田顕)は、鹿浜鈴之介(林遣都)が5年前の殺人事件に関与しているのではないかと疑っていました。

鹿浜宅の地下にある部屋に閉じ込められた鹿浜は、前家主・椿静枝(山口果林)の事を話し始め‥。

鹿浜宅にやって来た小鳥琉夏(柄本佑)と馬淵悠日(仲野太賀)と摘木星砂(松岡茉優)の3人は、椿の秘密が書かれたメモ帳と、監視カメラの映像を映すモニターを見つけるのでした。

鹿浜にとって、椿はどんな女性だったのでしょう。鹿浜が椿の家に住むことになった理由は?

第5話では、過去と向き合う鹿浜の姿と、次第に明らかになっていく出来事に注目です!

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

ドラマ『初恋の悪魔』前回第4話のあらすじと振り返り

迷惑行為をした人達に制裁を加えている世界英雄協会が、警察にゲームを仕掛けてきました。

第1問目は、並んだ数字に隠された法則を解くクイズです。

服部渚(佐久間由衣)は、数字に強い小鳥琉夏(柄本佑)を頼ることに‥。

一方、鹿浜鈴之介(林遣都)は自宅に仕掛けられた監視カメラの電源を切ることに成功し、鍵を無くした摘木星砂(松岡茉優)は馬淵悠日(仲野太賀)のアパートに居候します。

そんな中、服部が世界英雄協会に危害を加えられ、怒った小鳥は‥。

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『初恋の悪魔』第5話あらすじと感想

鹿浜宅の監禁部屋と、部下と食事がしたい署長・雪松(伊藤英明)

鹿浜宅の地下にある部屋には、誰かが監禁されていた痕跡がありました。

森園(安田顕)はその部屋に鹿浜鈴之介(林遣都)を閉じ込め、5年前に起こった殺人事件について話し始めます。

森園は、鹿浜がその事件に関与しているのではないかと疑っていたのです。

そんな中、森園が親しげにしていた女性たちは、妻ではなく仕事関係の人であることが分かりました。

一方、階段から落ちた署長・雪松(伊藤英明)は、馬淵悠日(仲野太賀)のアパートで食事をしています。

雪松は昨晩の事を謝った後、再び、摘木星砂(松岡茉優)と馬淵の3人で食事がしたいと言うのでした。

ミルトモ 編集部

鹿浜宅に、監禁部屋のような部屋があることに驚きました。その部屋には一体誰が監禁されていたのでしょう。

5年前に起こった事件との関係も気になります。一方、階段から落ちた雪松は、本当に部下と食事がしたいだけなのでしょうか?

「あなたの事を思って言っている。あなたの事が好きだから言っている。そう言って近づいてくる奴が一番危ない」という摘木の言葉も分かる気がします。

過去に囚われる鹿浜(林遣都)

鹿浜は監禁部屋で寝転んで、子供の頃を思い出しています。

子供の頃から怖い本が好きだった鹿浜は、みんなから気持ち悪いと言われ、友達を作らず一人で過ごしていました。

夢の中で、「本があれば友達は必要ないよ」と過去の(子供の頃の)自分に言う鹿浜。

過去の自分が「じゃ、ずっと一人でいる」と言ったところで、鹿浜は目を覚ましました。

実は、鹿浜は、偶然出会った高齢女性・椿静枝(山口果林)から、現在の家を譲り受けたのです。

去年の今頃、鹿浜は動けなくなった椿を家まで送り届け、それ以来、椿の家に通うようになります。

自分を初めて受け入れてくれた椿と一緒にいると、鹿浜は優しい気持ちになれたのです。

しかし、椿は亡くなり、鹿浜は身寄りがない椿の家をもらうことになりました。

ミルトモ 編集部

椿のおかげで、鹿浜は自分がこの世界にいても良いと感じる事が出来ました。しかし、椿は亡くなってしまいます。

「人の悲しみって、喜びを知ってしまった事から始まるものなんだ」と言う鹿浜の姿を見て、鹿浜が人との付き合いを頑なに拒否する理由が分かりました。

鹿浜の回想で、心の中に隠した鹿浜の優しさを見た気がしました。

椿(山口果林)の秘密と、鹿浜(林遣都)に宛てた言葉

鹿浜を心配する服部渚(佐久間由衣)のために、鹿浜宅にやって来た馬淵と小鳥琉夏(柄本佑)。

しかし、鹿浜宅のチャイムを鳴らしても、鹿浜は出て来ません。

鍵が開いているドアから家に入った馬淵と小鳥は、後からやって来た摘木と合流し、3人で家の中を探し始めました。

その頃、地下の部屋には、鹿浜だけでなく森園も閉じ込められています(誤って閉じ込められた)。

鹿浜は部屋の中で、その部屋に閉じ込められていた男性の手記を見つけます。

そこに書いてある内容は‥。

一方、鹿浜の部屋から、椿の手帳と監視カメラの映像を映すモニターを見つけた馬淵と小鳥と摘木。

手帳には椿の秘密が記載されており、モニターに映った映像から、鹿浜と森園が閉じ込められている場所も分かりました。

ミルトモ 編集部

娘と孫を失い、その事故と関係ある男性を閉じ込めて復讐しようとしていた椿。しかし、椿は、鹿浜と話しているうちにその復讐心が無くなっていきます。

「あなたに助けられました。ありがとう、鈴之介くん」という言葉を見て、大泣きする鹿浜。その言葉が、鹿浜に新たな一歩を踏み出させたようです。

新たな一歩を踏み出す鹿浜(林遣都)と、不可思議な出来事

カラオケで仲良く歌を歌う鹿浜、馬淵、小鳥、摘木の4人。

「自分らしくいれば、いつか未来の自分が褒めてくれる」

夢の中で鹿浜はそう言って、未来の自分を守ってくれた過去の自分にお礼を言います。

摘木は「私に何があっても、私の事覚えていてくれるかな」と言い、馬淵はそんな摘木を抱きしめ、覚えなくたって忘れるわけないと言いました。

復職した鹿浜は、口木知基(味方良介)と一緒に東京に行きます。

朝陽(毎熊克哉)が亡くなった場所にやって来た雪松と馬淵と摘木の3人は、その当時、朝陽と一緒に行動していた刑事・上柳から話を聞き‥。

馬淵は、朝陽のスマホを雪松に渡そうとしますが、摘木がそのスマホを奪って逃げてしまいます。

森園は馬淵と雪松に挨拶をし、鹿浜は男たちに絡まれている摘木を助けるのでした。

ミルトモ 編集部

森園が弁護士(5年前の殺人事件で被告人の弁護をしていた)で、雪松と顔見知りだったことに驚きました。

事故とされている朝陽の転落死を、未だに調べる雪松は何が気になっているのでしょう。上柳の話によると、事故の可能性が高い気がしたのですが‥。

摘木が朝陽のスマホを奪って逃げたのは、雪松を疑っているから?摘木の別人格(へび女)が、どんな周期で現れるのかも気になります。

ドラマ『初恋の悪魔』第5話まとめ

5年前に起こった殺人事件の犯人は捕まっており、朝陽の転落死も事故として処理されています。

しかし、森園と雪松はそれぞれ、5年前の殺人事件と朝陽の転落死が解決していないと思っていました。

事件の裏に別の真実が隠されているのでしょうか? 森園と雪松が何かを隠しているようにも見えますが‥。

鹿浜が過去の(子供の頃の)自分と話すシーンと、カラオケで歌うシーンも心に残りました。

そして、「自分らしくいれば、いつか未来の自分が褒めてくれる」という言葉に勇気をもらいました。

へび女に人格を乗っ取られた摘木が、鹿浜とどういう関係になっていくのかも気になります。

第6話から始まる第二章では、刑事として仕事をする鹿浜の姿が見られそうです!

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る