ドラマ『初恋の悪魔』第3話あらすじ/ネタバレ感想!万引き事件の真相と、摘木星砂(松岡茉優)の秘密

初恋の悪魔

出典:初恋の悪魔公式ページ

万引きを目撃した摘木星砂(松岡茉優)(生活安全課の刑事)は犯人を捕まえますが、犯人のバッグに盗んだ商品は入っていませんでした。

そんなことが立て続けに5回起こり‥。

一方、空き巣に襲われた後、熱を出して寝込んでいる鹿浜鈴之介(林遣都)。

小鳥琉夏(柄本佑)は、鹿浜の症状を恋煩いと言い、馬淵悠日(仲野太賀)に鹿浜と摘木の仲を取り持つよう言いました。

摘木を喜ばせるため、万引き事件を推理することにした鹿浜は‥。

鹿浜は、自分の想いを摘木に伝えることが出来るのでしょうか。それに対する摘木の返事は?

第3話では、鹿浜が恋愛に対し拒否反応を起こす理由と、摘木が抱えている秘密が少しだけ明らかになります!

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

ドラマ『初恋の悪魔』前回第2話のあらすじと振り返り

境川警察署の刑事たちが団地で起こった殺人事件を捜査する中、鹿浜鈴之介(林遣都)、馬淵悠日(仲野太賀)、小鳥琉夏(柄本佑)、摘木星砂(松岡茉優)の4人も捜査会議を始めました。

一方、結婚したら仕事を辞めて主夫になる事を望む恋人・結季のために、退職願を書く馬淵。

結季の浮気の現場に居合わせた小鳥は、そんな馬淵を必死に止めました。

そんな中、兄・朝陽(毎熊克哉)の死に責任を感じている馬淵は、朝陽が捜査中に亡くなった3年前の事件を調べ、朝陽のスマホが見つかっていないことを知るのでした。

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『初恋の悪魔』第3話あらすじと感想

花束を持つ馬淵(仲野太賀)と、空き巣に入られた鹿浜(林遣都)

「もし、僕の事だけを想ってくれるなら来てください」

馬淵悠日(仲野太賀)は花束を持って恋人・結季を待っていましたが、結季は現れませんでした。

馬淵が花束を持って歩いていると、摘木星砂(松岡茉優)が「ふられたのか?」と言って馬淵に水をかけてきます。

その後、馬淵は、花束を持ったまま鹿浜宅に向かいました。

部屋で倒れていた鹿浜鈴之介(林遣都)は、馬淵に一昨日の出来事を話し始めます。

一昨日、鹿浜宅に空き巣が入りました。森園(安田顕)は、それを知らせるために鹿浜宅のドアを叩いていたのです。

空き巣にナイフを向けられた時、鹿浜の脳裏に浮かんだのは摘木星砂(松岡茉優)でした。

鹿浜は、摘木の話をしながら馬淵の膝の上で眠ってしまい‥。

ミルトモ 編集部

馬淵の「ふられたんじゃありません。僕がふりました」という言葉が聞けてホッとしました。

馬淵には、自分の良さを認めてくれる人と幸せになって欲しいです。ところで、鹿浜は一人暮らしなのでしょうか?鹿浜の家族は何処にいるのでしょう。

血を流してシャベルを持つ森園は、空き巣より怖かったです。

しかし、鹿浜を心配する森園は良い人そうに見えました。鹿浜は、そんな森園を殺人鬼だと言っていますが、本当でしょうか?

万引き事件と、鹿浜鈴之介(林遣都)の恋煩い

お店の見回りをしていた摘木は、万引きを目撃して犯人を捕まえます。

しかし、防犯カメラは死角になっていて、決定的な瞬間が映っていません。

さらに、犯人のバッグからも盗んだ商品が見つかりませんでした。

一方、額に冷却シートを貼って寝る鹿浜を見た馬淵と小鳥琉夏(柄本佑)は、鹿浜の症状を恋煩いと言います。

しかし、鹿浜は、頑なに恋に対して拒否反応を示し‥。

鹿浜と摘木の仲を取り持つことにした小鳥と馬淵。

摘木には万引き事件を鹿浜に相談するよう勧め、鹿浜には「摘木星砂の喜ぶ顔、見たくないの」と言ってその気にさせます。

摘木が鹿浜宅にやって来ると、おしゃれな服を着た鹿浜が食事を用意していました。

「今日はね、彼の魅力を再発見する楽しいパーティにしたいと思ってね。彼の事どう思ってる。ある、ない的な‥」

小鳥の問いに、摘木は「ない」と言って出て行きます。

そんな摘木の後を、馬淵が追っていきました。

ミルトモ 編集部

小鳥たちのお膳立てが下手過ぎました。小鳥たちのせいで、鹿浜はもう二度と恋をしようとは思わないかもしれません。ところで、鹿浜が恋心を抱いたのは、摘木で5回目のようですが、鹿浜が恋愛に拒否反応を示すのは何故でしょう。

へび女と、無くなった銃弾

馬淵が、どういう人が好きか摘木に聞いていると、見知らぬ男性が摘木に話しかけて来ました。

その男性は自分の額の傷を見せ、摘木を「へび女」と言います。

自宅の鍵を無くした摘木は、開業医・小洗(田中裕子)の病室で寝泊まりしていました。

そんな中、署長・雪松(伊藤英明)は、3年前の事件の捜査中に、朝陽(毎熊克哉)が銃弾1発を紛失していたことを馬淵に伝えました。

ミルトモ 編集部

摘木は「私の中に肉じゃがとコロッケがいる」と言っていたので、へび女は摘木の中の別人格と思われます。3年前(2019年7月頃)、肩を銃で撃たれ、内緒で小洗に治療してもらった摘木。もしかすると、摘木が撃たれた銃弾は、朝陽が無くした銃弾の可能性もありますね。

万引き事件の結末

摘木の証言から、立て続けに起こった5回の万引き事件を推理する事にした鹿浜、馬淵、小鳥の3人。

「目に見えるものが偽物。見えないものが本物」

鹿浜はそう言って、万引きが起こった同時刻に、別の場所で何が起こっていたかを探り始めました。

実は、万引き事件を起こしたのは、監視カメラの録画を停止させるためでした。

店のパート主任は、監視カメラが停止している間に社長室に忍び込み、金庫から売上を盗んでいたのです。

ミルトモ 編集部

全く考え付かなかった結末に驚きました。ところで、鹿浜の気が変わったのは何故でしょう。学校の校庭でオクラホマミキサーを踊る子供たちを見て、鹿浜は何を考えていたのでしょう。

摘木(松岡茉優)の秘密と、不思議な森園(安田顕)

初恋のチャンスを全て捨ててきた鹿浜。

鹿浜は、「僕が触れると花が枯れ、人は離れる」と言います。

鹿浜の話を聞いていた馬淵は‥。

鹿浜は、「君も彼女の事が好きなんだろ」と馬淵に言い、家から出ていくよう言いました。

摘木と一緒に居酒屋にやって来た馬淵。

馬淵は普通である自分を恥ずかしいと感じ、鹿浜のような特別な人を羨ましいと思っています。

そんな馬淵に摘木は、「あんたは平凡には見えないよ。特別な人だよ」と言い、朝陽のスマホを持っている事と、3年前の夏に起こった事を話し始め‥。

その頃、鹿浜宅には、「この部屋には監視カメラがあります」と書いたメモ帳を見せる森園の姿がありました。

ミルトモ 編集部

突然口調が変わり、目の前にいる馬淵が誰だか分からなくなる摘木。摘木は別人格になった時、記憶が無くなるようです。そんな摘木の別人格が、いつから現れ始めたのかが気になります。ところで、摘木と馬淵の姿をスマホで撮っていた人は、今後の展開に関係ある人なのでしょうか?近くには雪松の姿がありましたが‥。

ドラマ『初恋の悪魔』第3話まとめ

「君は人から気持ち悪いって言われたことはないだろう」と聞く鹿浜の言葉に、たった一言が、その人のその後の人生を変えてしまうことがあるかもしれないと思い、ドキッとしました。

一方、別人格が同居している摘木は、朝陽が関わっていた事件を調べていたことが分かりました。

摘木が朝陽のスマホを持っているのは何故でしょう。

摘木と朝陽の関係は?朝陽が「誰にも言えない事」と言っていたのは、摘木と関係あるのか?

第3話で色々な疑問が生じました。

複雑な事情を抱えた人ばかりが登場し、今後の展開がますます気になります!

\\『初恋の悪魔』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る