ドラマ『花嫁未満エスケープ 完結編』第3話あらすじ/ネタバレ!年下彼氏(井上祐貴)との恋に部外者の壁…嵐を呼ぶ、元彼(浅香航大)のハグ!?

©「花嫁未満エスケープ 完結編」制作委員会

©「花嫁未満エスケープ 完結編」制作委員会

一緒にいられれば、それで十分…だったのに。
彼と家族になりたいと思いはじめる花嫁未満女子(岡崎紗絵)。
第3話「突然の抱擁」では、悩める彼女が男性2人から熱い抱擁をされちゃいます。
年下シンパパ男子(井上祐貴)からの「すき」を囁きながらのバックハグ!
幼馴染の元カレ(浅香航大)からの腕引き寄せハグ!
どちらの抱擁が花嫁未満女子の心を揺らす…?
恋がこじれる予感しかない、衝撃のラストをお見逃しなく!!

\\『花嫁未満エスケープ 完結編』を見るならここ!!//

Paraviで見る

ドラマ『花嫁未満エスケープ 完結編』前回第2話のあらすじと振り返り

シンパパとして頑張りながらクチュリエとして働く作良(井上祐貴)。
作良から花嫁になることを誘われた柏崎ゆう(岡崎紗絵)は、ドキドキしながら彼の店へ。
彼が、ゆうに求めていたのは“トルソー”でした。
作良とのゼロ距離に戸惑いつつも、彼からデザインの仕事の奥深さを学んでいくゆう。
自分にできることは何なのか…その答えを作良を通して見出します。
作良もまた、人の心に寄り添う素直なゆうから貴重なデザインのヒントを得て…
彼女のことが気になりはじめます。
好意が好きに変わるきっかけとなったのは、夜の公園での会話でした。
「プロである自分よりも、お客様の方が自分に似合うものをよく知っている…」
服で人を幸せにしたいと考えてきた2人は、大事にしている“価値観が同じ”だったのです!
お互いにデザインの活路を見出して、祝杯をあげたゆうと作良。
「私に流されて…お願い…」
気持ちが溢れ出したゆうは、作良にキス…そして、彼を押し倒します。

sat0330

“すきが育っていく”姿にドキドキさせられっぱなしだった第2話。
第3話では、2人が一夜を共にしたあとの朝からスタート!
このまま、花嫁未満脱出か…
はじまったばかりの恋は、“部外者”という冷たいワードに阻まれます。
\\『花嫁未満エスケープ 完結編』を見るならここ!!//

Paraviで見る

【ネタバレあり】ドラマ『花嫁未満エスケープ 完結編』第3話あらすじと感想

誰にでも流される訳じゃないよ?…彼シャツならぬ、彼女シャツ姿にキュン必至!

上半身裸のまま、一夜を共に過ごした彼女のそばをそっと離れる作良亮介(井上祐貴)。
まだ眠っている柏崎ゆう(岡崎紗絵)を起こさないよう、静かにシャツに袖を通します。
着替えながら、ふと昨夜のことを思い出した作良は幸せそうにフッと微笑みます。

sat0330

作良の半裸美に眼福!
「おはようございます。」
そこへ、起きたゆうがやってきて恥ずかしそうに挨拶。
「それ、私の。作良さんのはこっち…」
急いでシャツを着ようとしている作良に、ゆうがシャツを手渡します。

sat0330

ユニフォーム交換ならぬ、シャツ交換!
「流されてもらって…しまいました。」
昨夜、強引だったことを謝るゆう。
すると、作良は不服そうに言います。
「俺…誰にでも流される訳じゃないよ?」
ちょっと子供っぽい拗ね方をする年下のカレ。
「かわいいんですけど…」ゆうの心の声が思わず漏れます。

sat0330

母性をくすぐる作良の拗ね方!
別れ際、「じゃあ、また…」ゆうが希望を込めながら勇気を振り絞り言葉を紡ぎます。
すると、作良は「うん…また、あとで!」と返してくれます。

sat0330

心理描写が神…と話題!
お互いのキモチが全部、ギュッと詰まったやりとり。

年下彼氏(井上祐貴)と交際スタート!彼とは“時間制限ありのシンデレラ恋愛”だった!?

一夜にして浮かれポンチ女子と化したゆうは、さっそく仲間たちへ交際報告。
「お友達とか知り合いに、もし結婚する方がいたらエメスパリを!」
作良のお店のショップカードを三田亜衣(松村沙友理)と坂本美沙(小林涼子)に配ります。
ゆうは、作良の人柄と彼とのお付き合いについてこう語ります。
大切にしたい人(娘のいとの事)を大事にしている彼とは、距離感&価値観が全部合っているところがイイと!
ほどよくこっちのことをほっといてくれて、すごく居心地がいいのだとノロケます。
「一緒にいられるの、たったの1時間?」
作良&ゆうが、1時間だけの逢瀬で中学生みたいな恋愛をしていると知った亜衣は驚愕!
シンパパである作良にとって娘のいと(沼田あきら)が最優先であるため、ゆうと会える時間にはリミットがあるのです。
でも、ゆうはその1時間縛りが貴重で新鮮だと笑顔で話します。
「結婚は考えないの?」
「…一緒にいられれば、それで十分なんです。」

sat0330

でも、ゆうには1つ気になることが…
ゆうは、気になっていることを亜衣たちに打ち明けます。
それは…作良がいつも帰り際に「ごめん」って謝ってくること。
謝られると、距離を感じます。

こっちの人生に彼女を巻きこめない…ごめん男子(井上祐貴)の心の内。

娘と海辺の公園で遊ぶ休日の作良。
公園から見える横浜の景色を彼女に見せたくなって…
自分のピースサインと一緒に撮ってゆうに送ります。

sat0330

優しい表情が印象的!
「また彼女?いとへの愛が減ったりしない?」
一緒に来ていた姉の千晶(澁谷麻美)が、浮かれる弟に釘をさします。
「あっちへも、こっちへも…大量!」と、イタズラに笑って答える作良。
露骨にノロケる弟に、「続きそう?」と姉が聞きます。
すると、急に作良は切ない表情をします。
「どうかな…かわいそうだよ、俺とじゃ。」
家まで送ったこともない、2人でお店で食事したこともない…
作良は、自分といる限りずっとまともに一緒にいられないことを申し訳なく感じています。
「今、一緒にいられる時間を大事にする…こっちの人生に巻きこんじゃいけない。」

sat0330

作良は、すでにこの恋の終わりを見ているよう。
帰り際、作良は姉から土曜日はいとのお迎えに行けないと言われます。
「お迎えは他の人に…彼女に頼んでみたら?」
「絶対ムリ!」作良は困った顔をします。

sat0330

結婚式のアテンドで作良は行けない土曜…どうする?

花嫁未満女子(岡崎紗絵)の前に立ちはだかる“部外者”の壁…

土曜日、いとの通う幼稚園前にゆうの姿!
ゆうは、作良から託された保護者カードをインターフォン越しに先生に提示します。
事前連絡済みで準備万端だったのに、いとを預かることはできず。
「部外者に引き渡したと、あとで問題になると困る…」
こう言われてしまっては、どうしようもない。
せっかく頼ってもらったのに…ゆうはその場で立ちつくします。
「巻き込んで、嫌な思いさせてごめん!」
仕事を終えていとを連れてきた作良が、ゆうに平謝りします。
「巻き込んだって全然いい…謝らないで!」
「君に悪い…巻き込めないよ。」
突然、会話を聞いていたいとが「いと、悪くない!」と言いだします。

sat0330

いとが悪くないと主張したのには、理由が…
描いた絵を見た幼稚園の先生から「お空は空色に塗ろうね…」と言われたのが、いとがご機嫌斜めになった原因。
うす紫色に塗られた空を見たゆうは「朝の空?」と正解コメントをします!
理解してくれる人に出会えて、いとはとても嬉しそう…
そのやりとりにホッとして、作良は微笑みます。

sat0330

ゆうといとの相性も良さそう!

おこちゃま元彼(中川大輔)&かつての恋敵(美山加恋)…嵐を起こすカップル登場!

突然、作良からゆうに“知り合いが来店した”と連絡が!
ゆうを待っていたのは、懐かしい2人。
尚紀(中川大輔)&マミ(美山加恋)はめでたく結婚する運びとなり、亜衣の紹介でこの店へ!
相変わらずガツガツなマミは「ゆうさん、結婚の予定は?」と、恋人である作良に聞こえる大きな声を出してゆうに聞きます。

sat0330

嵐を起こす女・マミの登場で、この場は大荒れ!
「きっと作良さんがドレスが似合うゆうさんのためにスゴイの作ってくれますよね?」
マミから「いつ?」と、踏み込んだ質問を直球で投げられる作良。
ゆうが結婚するときに…と答えた作良へ、マミはもう一発放ってきます。
「誰と?」
マミは「ゆうさん結婚願望強かったのに~!」とガツガツ発言を止めず…
見かねた尚紀がこの話題に終止符を打って助かります。
マミが胆石で入院したのをきっかけに結婚する意志を固めたという尚紀。
大事に思っている人のためになにもできないもどかしさを感じたといいます。
「俺は家族じゃなくて部外者だから、手術の同意書にサインできなかった…そのとき、マミの家族になりたいって思った。」
ゆうは「人生の中で出会った人と家族になりたいって思うことはすごく尊いことだよ!」と彼の幸せを喜びます。
「家族になりたいって思う人いないの?」
尚紀の質問に、ゆうははっきり答えられませんでした。

荒れる恋路!彼氏の意味深なバックハグと、元カレの嫉妬ハグ!?

作良には「誰と?」というマミの言葉が刺さっていました。
ゆうのことを想って幸せなキモチに浸っていると、電話が鳴ります。
電話口で姉から伝えられた“何か”で、作良の顔が一瞬で曇ります。
作良は、彼を待っていたゆうを見つけると後ろからギュッと抱きしめます。
「すき…」と囁きながら。

sat0330

何があった…作良!
夜の銀杏並木をランニング中の深見一(浅香航大)の電話が鳴ります。
深見&ゆうをくっつけたい同級生カップルから、ゆうと一緒に結婚式の受付を頼まれます。
ちょうど、通りの向こうのベンチに座るゆうを発見!
話そうと近づきますが、どんよりしているので声をかけずに待機します。
「どんよりから戻ってきたか…何があったの?好きなひとでもできた?」
立ち上がったゆうに声をかけます。
頷いたゆうにショックを受ける深見。
「彼が私を巻き込まないようにしてて…でも、私はもっと求めてるのかなって。」
彼女の言葉に深見の心はざわついて…次の瞬間!
立ち去ろうとする彼女の腕を引いて、深見はゆうを抱きしめていました。

ドラマ『花嫁未満エスケープ 完結編』の次回に期待するもの

作良の抱擁、深見の抱擁…
それぞれの“抱きしめた意味”が気になります。
次は大詰め、最終回!
予告では「私、結婚を舐めてた…」というゆうの意味深な呟きが…
花嫁未満女子が、どんな結末を迎えるのかを見守りたい!!

\\『花嫁未満エスケープ 完結編』を見るならここ!!//

Paraviで見る