『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』あらすじ・ネタバレ感想!希望に満ちた新時代の青春映画

『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』あらすじ・ネタバレ感想!希望に満ちた新時代の青春映画

出典:Netflx

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』は2020年5月1日より全世界で配信が開始されたNetflixオリジナル映画です。

アメリカの田舎町を舞台に、内気な女子高校生エリー・チュウ(リア・ルイス)がアメフト部(補欠)のポール・マンスキー(ダニエル・ディーマー)にラブレターの代筆を頼まれることから始まる物語。

ポイント
  • ジェンダーも人種も超えていく最新型の青春映画が誕生
  • 重苦しくなく、でも軽薄にはならない、完璧なバランス感覚の脚本

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』をより多くの人に興味を持ってもらうべく、記事の前半はネタバレなし、後半はネタバレありでご紹介します。

『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』作品情報

『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』

出典:IMDB

作品名 ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから
配信開始日 2020年5月1日
上映時間 104分
監督 アリス・ウー
脚本 アリス・ウー
出演者 リア・ルイス
ダニエル・ディーマー
アレクシス・レミール
エンリケ・ムルシアーノ
ベッキー・アン・ベイカー
音楽 アントン・サンコー

【ネタバレ】『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』あらすじ・感想


最新型の青春映画

主人公のエリー・チュウ(リア・ルイス)は中国系の女子高校生です。

鉄道駅で働く父と2人暮らし。

成績優秀な彼女は決して裕福とは言えない家庭を支えるために同級生のレポートの代筆で小遣い稼ぎをしていますが、周囲と友人関係を築くこともなく孤立した学校生活を送っています。

同じ学校に通う男子高校生ポール・マンスキー(ダニエル・ディーマー)は、意中の女子生徒アスター・フローレス(アレクシス・レミール)に送る手紙の代筆をエリーに依頼します。

『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』

出典:IMDB

最初は断られるも、電気代の支払いのために依頼を引き受け、エリーとアスターの文通がスタート。

“お金のために1通だけ”のつもりで始めた文通でしたが、文学や絵画など芸術方面の知識に長けたアスターとのウィットに富んだやり取りを通じて、エリーは次第にアスターへの恋心を抱きます。

エリーを自分と同じ異性愛者だと思い込んで依頼したポールが、エリーのアスターに対する気持ちを知った時に三角関係の恋愛へ突入し…。

ねおねお

といった導入ですが、『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』は同性愛も異性愛も特異なものとして描かないことが素晴らしいなと思いました。

もちろん、ポールにある種の思い込みや偏見があったからこその物語ですが、ラストシーンでポールが語る愛に対する価値観には胸を打たれますし、映画全体を通して“セクシャルマイノリティが受ける差別に対して戦おう”という方向性では全くありません。

また、アメリカといえど田舎に行けば白人が多数を占め、エリーと父が“中国系であるがゆえの”不当な扱いを受ける場面もあります。

『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』

出典:IMDB

現実問題として人種差別を描写しつつ、でも同時に未来への希望も提示して終わる、まさに新時代にふさわしい作品です。

何より孤独だったエリーが恋を知って成長していく、という軸線にはジェンダーも人種も関係ない感動があり恋愛もの青春ものとしての定番はそのまま時代に即したテーマを盛り込んでアップデートした“最新型の青春映画”となっています。

ねおねお

多くの人が本作を純粋な気持ちで吸収することでより良い世界に近づくのではないかと思いました。

完璧なバランス感覚の脚本

ねおねお

後半はネタバレありということで、具体的な内容に言及しつつレビューを書いていきます。私が“未来への希望”を感じた一番のポイントはポールの存在です。

保守的な環境で育ったヘテロセクシャルの彼は当初、アメフト部で活躍し、クラスの美女を“ゲット”することが“男として”の最上の成功だと考えていました。

そんな彼もエリーが中国系の名前をからかわれた時は本気で怒るし、ピアノの発表会で悪質な妨害を受けた時は迷いなく助けます。

ねおねお

エリーの父に弟子入りしてソーセージ作りに励む時も、人種のことなどおそらく全く意識していないはずです。不自由のない家庭で育った白人男性であるポールが、立場に無自覚なままマイノリティ側の強い支えとなる構図にグッときました。
『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』

出典:IMDB

そういった裏表のなさが魅力のポールも、エリーの性的指向を知った時は戸惑いを見せました。

自分と違う価値観と急接近したのだから当然の反応です。

でも決して差別的な考えは持たず、ポールなりに悩み考えた末にラストの「いろんな愛し方がある。常識を押し付けたくない。ありのままを愛したい。」という美しい言葉に到達します。

ねおねお

さらにタコスソーセージの自分の支店を出すという夢に本気になったことで、アメフトと恋愛が世界のすべてじゃない=“ホモソーシャルからの脱却”も遂げたポールの成長ぶりが本当に眩しいです。

ポールのことしか書いていませんが、もちろんエリーの変化も希望に満ちていて最高です。

映画冒頭では、なるべく目立たないように粛々と学校生活を“こなす”ような印象だった彼女。

『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』

出典:IMDB

中国系でしかも同性愛者であることが影響していないはずがありません。

そのため、博学であっても愛に対する価値観を自分の言葉で語ることができませんでした。

そんな彼女も、ポールに巻き込まれる形で“愛”と向き合うことになり「愛は厄介。おぞましくて利己的。そして大胆。愛とは努力すること。手を伸ばし、失敗すること。」という文学作品からの引用ではなく、自分だけの価値観を見出します。

劇中で描かれた恋は結果的に3人とも傷ついて終わることになりましたが、互いを理解し以前よりも確固たる自分を確立したエリーが乗る列車の進む先は間違いなく良い未来であると誰もが思える完璧な締めで映画は幕を閉じます。

ねおねお

これからの時代はポールのようにフラットな視点で行動し、エリーのように人種や性的指向によらず自分の進む道に希望を持つ若者が“標準”になるんだ、そんなメッセージを受け取りました。
『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』

出典:IMDB

ここまでのレビュー内容だととても崇高な映画のような雰囲気ですが、もう一つ特記すべきこととして、ギャグの挟み方が完璧という点があります。

タイミングが悪かったり、誰かを貶すような要素が少しでもある笑いなら途端に軽薄な作品になってしまいますがもちろん本作は真逆です。

ねおねお

胸に突き刺さる言葉の直後に朗らかな笑いが続くので、心の温度が急激に上がって無性に幸せな気持ちになりました。

繊細なテーマなのに重苦しくなく、かといって絶対に軽薄な印象も与えない“時代の最先端を行く王道”、このバランス感覚こそが本作『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』最大の魅力だと思います。

最後に余談ですが、挿入歌でアメリカのシンガーソングライターのシャロン・ヴァン・エッテンが2019年にリリースした「Seventeen」という曲が流れます。


儚げで寂寥感溢れるリフレインと力強い旋律が作品世界に見事にマッチする新時代のポップソング、というだけでなくエリーたちはちょうど17歳ということで当然のように歌詞まで完全に映画と噛み合っています。

ねおねお

選曲まで完璧…!

『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』まとめ

以上、ここまで『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』をレビューしてきました。

要点まとめ
  • 恋愛もの青春ものの定番をアップデート
  • セクシャルマイノリティや人種差別といった繊細なテーマと心温まるギャグシーンを完璧なバランスで織り交ぜた名作