女性が美しく輝く映画おすすめ6選!元気をもらえて、ダイエットのモチベーションも上がる!

パワーをもらえる女性が美しく輝くおすすめ映画まとめ!ダイエットのモチベーションが上がる!

出典:U-NEXT

2020年、新型コロナウイルス蔓延による外出自粛の流れを受け、おこもり生活で太ったと感じている人は多いのではないでしょうか。

夏に向けてダイエットをしている人や自分磨きに精を出している人もたくさんいると思います。

しかし、自分磨きやダイエットって、思うように結果が出なかったり、長続きしなかったりしますよね。

そんな時、映画からパワーをもらってみては?

主人公が前向きに頑張るガールズ・ムービーやシンデレラ・ストーリーを観ると、また頑張ろうという気持ちになれるかも!

ということで、今回は自分磨きやダイエットのモチベーションが上がる映画を6作品ご紹介します。

女性が美しく輝くおすすめ映画6選

『プリティ・プリンセス』


ある日突然、一国のプリンセスであることを知らされた冴えない女子高生・ミア(アン・ハサウェイ)は、唯一の王位継承者だということもあり、戸惑いながらもプリンセスになるための教育を受けることになります。

内気で垢抜けない女の子は、どのように変わっていくのでしょうか。

今やハリウッドのトップ女優の一人であるアン・ハサウェイの映画デビュー作『プリティ・プリンセス』。

『プリティ・プリンセス』

出典:IMDB

平凡な女子高生が、実はとある国のプリンセスだった!という王道シンデレラ・ストーリーです。

uraraurara

わかりやすくテンポの良いストーリーに、コロコロと変わるミアの表情が賑やかで、サクッと楽しめる作品になっています。

くるくる髪で眼鏡をかけた地味な女の子が美しく品のあるプリンセスに変化していく様子には、誰しも変身願望をくすぐられるのではないでしょうか。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『プラダを着た悪魔』


ジャーナリスト志望の冴えない主人公・アンドレア(アン・ハサウェイ)は、ファッション誌のカリスマ編集長・ミランダ(メリル・ストリープ)のもとで働くことに。

悪魔のようなミランダの指示に翻弄されながら、前向きに仕事をこなしていきます。

こちらも『プリティ・プリンセス』と同様にアン・ハサウェイの代表作の一つである『プラダを着た悪魔』。

仕事に恋に奮闘する女性を主人公にしたサクセス・ストーリーでありながら、男性からも支持を集めている今作は、お洒落な世界で泥臭く働く女性たちを描いています。

『プラダを着た悪魔』

出典:IMDB

uraraurara

優秀だけど生真面目で垢抜けない雰囲気だったアンドレアが、慣れないファッション業界で生きていく中で心身とも華やかに変身していく姿には、夢と希望を感じざるを得ません。

また、鬼上司・ミランダも自らの信念を貫く意志の強い女性で、どんなに厳しくてもその凛とした心と佇まいに、どうしても憧れを抱いてしまいます。

自分磨きだけでなく、仕事や恋に対するモチベーションも上がってしまう作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『デンジャラス・ビューティー』


FBIに所属するグレイシー・ハート(サンドラ・ブロック)は頭脳明晰で優秀な捜査官ですが、ガサツで皮肉屋、お洒落にも全く関心がなく、色気ゼロの野暮ったい外見をしています。

そんなグレイシーが捜査の一環でミス・アメリカ・コンテストに出場することになり、見た目はもちろん、食事のマナーから歩き方まで美しい女性になるため指導されるようになります。

サンドラ・ブロック主演のコメディ映画『デンジャラス・ビューティー』。

ミスコン会場での爆弾テロを阻止するためにFBIが奔走するストーリーですが、ほとんどはガサツで野暮ったい女性が美しく変身する様子を描いています。

『デンジャラス・ビューティー』

出典:IMDB

uraraurara

変身前のグレイシーはガニ股で歩き、鼻をフガフガいわせて笑うような女性で、演じるサンドラ・ブラックの思い切った演技が印象的です。

ダイエットというと、ただ痩せたい!細くなりたい!という考えを抱く人もたくさんいるかと思うのですが、変身後のミランダを見ると、ほどよく引き締まった女性らしい健康的なスタイルへと憧れの対象がシフトするのではないかと感じます。

それほど魅力的でヘルシーな身体になったグレイシー。

でも、中身は…というところがコメディチックで面白いです。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ブリジット・ジョーンズの日記』


32歳の独身女性・ブリジット(レネー・ゼルウィガー)は新年を機に日記をつけ始め、さらに彼氏を作ろうと大好きな酒や煙草を控えてダイエットを始めます。

そんな中、法廷弁護士でバツイチのマーク(コリン・ファース)と出会い、セクシーな憧れの上司・ダニエル(ヒュー・グラント)とも急接近します。

等身大の女性である主人公が多くの女性の共感を呼び、大ヒットとなった『ブリジット・ジョーンズの日記』。

レネー・ゼルウィガーが役作りのために6キロ増量して挑んだブリジットは、ちょっと変わっているけど親近感のわくキャラクターが魅力的です。

『ブリジット・ジョーンズの日記』

出典:IMDB

uraraurara

ぽっちゃりしていてチャーミングなブリジットを見ていると、何だか安心して「現状維持でいっかな~」なんて気持ちになってしまうかもしれませんが、とにかく自分の思い描く未来に向かって突き進む彼女にパワーをもらえること間違いなし!

時に挫折したり、意志が弱くなってしまったとしても、また立ち上がればいいんだと教えてくれる作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ローラーガールズ・ダイアリー』


17歳の女子高生・ブリス(エレン・ペイジ)は、美人コンテストで優勝することが人生の成功と信じる母親や、田舎町の退屈な生活にうんざりしていました。

そんなある日、隣町の大都市に出かけたブリスは、女たちが繰り広げるパワフルなローラーゲームに魅了され、その世界に生きがいを見出します。

女優のドリュー・バリモアが初めて監督を務めた作品『ローラーガールズ・ダイアリー』。

つまらない毎日から抜け出し、ローラーゲームというマイナースポーツにのめり込む女子高生の姿を描いた青春映画です。

『ローラーガールズ・ダイアリー』

(C)2009 BABE RUTHLESS PRODUCTIONS, LLC All Rights Reserved.

個性豊かなチームメイトはそれぞれ抱えるものがありながらも明るくポジティブでかっこ良く、そんな仲間たちと切磋琢磨しながら成長していく主人公・ブリスはキラキラしています。

uraraurara

母親との確執や自分の将来、友人関係、恋愛と考えることがたくさんで目まぐるしく回る日常は、きっと大人になってから振り返ると楽しい思い出なんですよね。

そんな今作は、ある種スポ根ものなので熱くバチバチしている部分もありますが、その分とても痛快で爽やか。

鑑賞後は自然とやる気スイッチがオンになって、身体を動かしたくなること間違いなしの作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『バーレスク』


アイオワの田舎町から夢を追ってロサンゼルスに出てきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、かつて有名なダンサーだったテス(シェール)が経営するラウンジ・“バーレスク”のショーに魅了され、ウェイトレスとして働き始めます。

ある日、アリがステージで歌声を披露すると、その類稀な才能をテスに見出され、ショーガールとして開花していきます。

クリスティーナ・アギレラの映画初主演作となったミュージカル・ドラマ『バーレスク』。

『バーレスク』

(C) 2010 Screen Gems, Inc. All Rights Reserved.

歌手を目指して都会に出てきた田舎娘が、才能の開花とともに洗練された女性になっていく姿はシンデレラ・ストーリーさながら。

uraraurara

新旧歌姫ともいえるクリスティーナ・アギレラとシェールの迫力ある歌声が響き、そのパフォーマンスには文句なしに引き込まれます。

体重の増減が激しいことで話題になりがちだったアギレラは『バーレスク』のために大減量を成功させており、劇中でも披露しているどんな衣裳も着こなすそのプロポーションは魅力抜群。

映画からもアギレラの努力からも刺激を受けられる作品です。

▼動画の無料視聴はこちら▼

女性が美しく輝くおすすめ映画6選:まとめ


いかがだったでしょうか。

自分磨きやダイエットに挫折しそうになったら、映画を観てリフレッシュ。

モチベーションが回復したら、なりたい自分に近づくために、また一緒に頑張りましょう!