ドラマ『ファーストペンギン!』 第3話 営業に勤しむ和佳に危機が! さんし船団丸は社長交代!?

ファーストペンギン!公式ページ

出典:ファーストペンギン!公式ページ

『お魚ボックス』の注文を増やすために、和佳(のどか 奈緒)は東京の飲食店に営業をしに行くことに。

息子の進(石塚陸翔)をママ友のそよ(志田未来)に預け、新幹線で東京との往復を繰り返す日々。しかし、和佳の身体はじわじわと限界が来ていました。

その頃、漁港では漁協の杉浦(梅沢富美男)が吹聴した、「和佳が詐欺師である」という噂が広まりつつありました。

\\『ファーストペンギン!』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る

ドラマ『ファーストペンギン!』 前回振り返り

勢いよく啖呵を切ったものの、漁協だけでなく漁師たちからも敵視されてしまい、孤立する和佳(のどか 奈央)。

それでも諦めず和佳は行動し続けますが、漁協はあの手この手で和佳の邪魔をしてきます。

ある日、和佳は『お魚ボックス』事業の認定取り消しの動きがあると知らされます。

立て続けに襲いかかる圧力に心が折れそうになる和佳。しかし琴平(渡辺大知)に背中を押され、政府が進める「女性活躍の推進」を使うという秘策を思いつきます。

和佳が正式に農林水産大臣のお墨付きをもらったことで、認定取り消しは立ち消えとなりました。

\\『ファーストペンギン!』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る

【ネタバレ】『ファーストペンギン!』第3話あらすじ・感想

営業開始

朝。漁師たちは和佳(のどか 奈緒)指導の下、『お魚ボックス』に魚を詰めていました。慣れない作業に漁師たちは四苦八苦。

moyoko

和佳の細かい指導に、ブーブー言っています。

箱詰め作業が終わると、和佳は『お魚ボックス』をもっと広めるため東京で営業をしていました。

moyoko

まずは客として入り、徐々に営業トークに持ち込むという戦法です。

息子の進(石塚陸翔)は昼間は保育園、夜はママ友のそよ(志田未来)に預け、東京との往復を繰り返す日々。
そよは、和佳の身体を心配しています。

moyoko

夜中は事務作業もしています。身体を壊さないか心配です。

その頃、漁港では杉浦組合長(梅沢富美男)が吹聴した「和佳は詐欺師かもしれない」という噂が広まりつつありました。
厳しい和佳に不満を持つさんし船団丸の漁師の中にも、その噂を信じる人も出始めました。

進の誕生日

そんな中、進が誕生日を迎えました。
この日も和佳は東京に出張していましたが、進とは早く帰るということと、お気に入りのあんパンを買うと約束していました。

ところが、午後になってそよの息子・かっちゃんが水ぼうそうになってしまったため、夜に進が預けられなくなってしまいます。

和佳は片岡(堤真一)に頼み込んでお迎えと、漁に出る前まで預かってもらうことに。

moyoko

片岡は文句も言わず、進を預かってくれました。

しかし、夜になっても和佳は連絡してこないどころか、電話も繋がりません。

moyoko

誕生日の進は、文句も言わずにジッとママの帰りを待っています。

和佳は、なんと朝になっても帰って来ませんでした。
漁師たちは「男と一緒なのではないか」と疑い始めます。片岡は「子供の誕生日にそんなことをする母親はいない」と和佳を信じようとします。

“さんし”の一人、高志(吹越満)は、母親から「大金を持った和佳を見た」と聞いたことから和佳を疑っていました。
そこで漁協に頼み込んで出納記録を手に入れ、不正に金が引き出されていると主張します。

「これは横領じゃ!」

moyoko

いや~、どう考えても出張費では・・・?

和佳と漁師の深い溝

そこに、息を切らした和佳が駆け込んできました。

「あんたのことはもう信用出来んのじゃ!」

和佳は引き出したお金は営業の経費だと訴えますが、誰も信じてくれません。
片岡は、進が我慢する良い子に育ったのは、母親が日頃から放っておいている証拠で、和佳は子供を置いて男と朝帰りをするような女だと決めつけます。

moyoko

いわれなき非難です。酷い!

和佳は怒りと虚しさで目に涙を浮かべますが、「子育てに専念するので、あとは好きにどうぞ」と言って通帳とノートを置いて事務所を出ていきます。

その直後、事務所の電話が鳴ります。
電話の主は和佳が最後に営業に行った店からで、「社長を出せ」とすごい剣幕で怒っています。

moyoko

和佳の携帯は店に置いてあるということです。何があったのでしょう?

電話を受けた片岡は、実は和佳が昨晩店で倒れ、病院に運ばれていたことを知ります。
原因は、営業先で食べて吐きを繰り返していたことへの急性腎障害。
さらにノートを見ると、限られた時間の中でたくさんの店を回り、詳細なメモが書き込まれていました。

「もう、あん子には逆らえんのう・・・」

moyoko

漁師たちは涙が止まりません。

ママのバカ!

その頃和佳は、自転車を押しながら進に「怒っていいんだよ?一人にしてママのバカって」と伝えていました。

進は、片岡や永沢(鈴木伸之)が一緒にいてくれたから、ママはバカじゃないとむしろかばってくれました。

moyoko

進、良い子・・・。

その時、片岡ら漁師が和佳を追いかけてきました。

moyoko

「すまん!」「戻ってきてくれ!」ともう、必死です。

進には、その漁師たちの姿がペンギンに見えます。「ママ止まって!」とお願いしますが、和佳は前を見据えてひたすら自転車を漕ぎます。

「ママのバカ!」

和佳が驚いて振り向くと、進はいつも持ち歩いているペンギンの絵本を見せます。
そこには、ファーストペンギンに続いて、次々とペンギンたちが飛び込む姿が描かれていました。

moyoko

その絵と同じように、片岡たちは和佳を必死で追いかけて来てくれています。

和佳に追いついた片岡は、息を切らしながら言います。

「わしらの社長になってくれんか? わしらのボスはあんたしかおらんけぇ!」

他の漁師たちも頭を下げます。
和佳は少し驚きながらもそれを快諾し、片岡と固い握手を交わしました。

moyoko

これが、本当の始まりです。

琴平の真意

和佳は無茶な営業をするのはもうやめました。
次に東京に行くと、琴平(渡辺大知)が有名なフレンチレストランに連れて行ってくれ、流山シェフ(速水もこみち)を紹介してくれました。

moyoko

一つ星目前というレストランです。契約が取れたらすごいですね!

別れ際、琴平は何か言いたげな様子でしたが、和佳に漁師たちとの付き合い方のアドバイスをしてくれただけでした。

moyoko

琴平先生は、漁師のことをよく知っているような様子です。一体何者?

「あの子は知らないんだろ?本当の事」

流山シェフにそう言われると、琴平は「そのうち話すよ」と呟きました。

翌朝、和佳が箱詰めを手伝うためにジャージで港に行くと、片岡たちはがっかりした顔をします。

moyoko

いつもの営業用スーツ姿じゃなかったからです。

なんと、片岡たちは社長就任祝いとして、スーツ、鞄、名刺入れの『社長セット』をプレゼントしてくれたのです。

さらに距離が縮まった和佳と漁師たち。和気あいあいとした雰囲気の中、一人冷めた様子の漁師が1人、スマホを握ったまま海を見つめていました。

ドラマ『ファーストペンギン!』 第3話 感想&まとめ

和佳は琴平から、「漁師たちに向けて敬語をやめてはどうか」とアドバイスしました。
和佳が早速実践すると、片岡たちはため口に気づかず、「なんか仲良しな感じやな」とニコニコしているのが可愛くて笑えました!

さて、漁師のことをよく知っていそうな琴平先生の正体も気になりますが、それよりも前にまた一つ問題が迫ってきそうです。和佳がどうやって解決していくのか、必見です!

\\『ファーストペンギン!』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る