映画『ファイナル・スコア』あらすじ・ネタバレ感想!デイヴ・バウティスタが新たな対テロアクションヒーローに。

出典:『ファイナル・スコア』公式ページ

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でドラックスを演じたデイヴ・バウティスタが主演を務めたアクション作品。

これぞ、対テロリストアクションと言うべき興奮が続く緊張感抜群の内容となっています!

物語の鍵を握る人物を5代目ジェームズ・ボンドのピアース・ブロスナンが演じることで、見ごたえも倍増しています。

ポイント
  • サッカースタジアムという限られたスペースもお構いなしのド派手アクション
  • 国政への反発と家族の絆の2つ交わる物語
  • 主人公とテロリスト間で優位な立場が変わっていく飽きない流れ

それではさっそく映画『ファイナル・スコア』をレビューしていきたいと思います。

映画『ファイナル・スコア』作品情報

『ファイナル・スコア』

出典:映画.com

作品名 ファイナル・スコア
公開日 2019年4月12日
上映時間 105分
監督 スコット・マン
脚本 ジョナサン・フランク
デヴィッド・T・リンチ
キース・リンチ
出演者 デイヴ・バウティスタ
ピアース・ブロスナン
レイ・スティーブンソン
アレクサンドラ・ディヌ
ララ・ピーク
音楽 ジェームズ・エドワード・バーカー
ティム・デスピック

映画『ファイナル・スコア』あらすじ


アメリカ海軍特殊部隊員だった傭兵のマイケル・ノックス(デイヴ・バウティスタ)は、弟のように思っていた亡き戦友の故郷ロンドンを訪れる。

戦友の娘で自分を慕うダニーを誘ってサッカー観戦に出掛けるが、スタジアムでは超満員の観客3万5,000人を巻き込むテロ計画が進行していた。
出典:シネマトゥデイ

映画『ファイナル・スコア』みどころ

『ファイナル・スコア』みどころ

『ブッシュウィック -武装都市-』などのデイヴ・バウティスタが主演を務め、テロ計画を阻止しようとする傭兵を演じたアクション。

『タイム・トゥ・ラン』などのスコット・マンがメガホンを取り、『007』シリーズなどのピアース・ブロスナン、『マイティ・ソー』シリーズなどのレイ・スティーヴンソンらが共演。

ロンドンのプロサッカーチームであるウェストハム・ユナイテッドの本拠地だったブーリン・グラウンドで撮影された。
出典:シネマトゥデイ

映画『ファイナル・スコア』を視聴できる動画配信サービス

『ファイナル・スコア』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年4月22日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年4月22日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

【ネタバレあり】映画『ファイナル・スコア』感想レビュー

デイヴ・バウティスタの本職(?)である強さがさく裂!

主演のデイヴ・バウティスタは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で一躍有名俳優となりましたが、実は元々アメリカの有名プロレス団体WWEに所属しているプロレスラー。

アクションをより力強いものにするガッチリとした肉体も、プロレス仕込みの本物なのです。

今作では元アメリカ海軍の特殊部隊員マイケル・ノックスを演じるのですが、その肉体からもぴったりのハマり役!

ムキムキの体とは言え、相手は重装備のテロリスト。

無傷で敵をなぎ倒していくわけではなく、相手からの攻撃を受けて傷を負いながらも立ち向かっていくその男らしさが、彼の姿をよりカッコよく見せています。

世の中には華麗に敵を倒していくヒーローもいますが、それに対してスマートな戦い方じゃなく、血生臭い戦いこそが男の強さを引き立たせるということがはっきりと伝わってきます。

現実とも思えるような政治背景が強く関わったテロリストの本当の目的

テロリストというものは基本的に何かしらの目的があって事件を起こすことが多いもの。

今作で事件を起こしたテロリストもしっかりと目的を持ったものでした。

それは身代金などではなく、一人の男の身柄の引き渡し。

その男こそが、ピアース・ブロスナン演じるディミトリ。

彼は今回のテロリストのリーダー・アルカディ(レイ・スティーヴンソン)の兄であり元革命家でした。

彼は革命家として活動をしている頃、同じく活動を行っていた弟の存在を危険視し、裏切るような形で政府に情報を渡す代わりに保護をされていたのです。

そしてこの日、ディミトリは民衆に紛れてサッカー観戦のためにスタジアムに訪れていました。

そのスタジアムは超満員。テロリストは彼一人を奪還するためだけにこのスタジアムを占拠、何万人という人質をとったのです。

マイケルもその観客の中の一人として観戦しに来ていたのでした。

冒頭は裏切り者である兄を奪還し、その始末をするのではないかと思わせるような話が続くのですが、マイケルの反撃をかわしてディミトリの身柄を確保した時に、再び革命家として活動することを打診したのです。

実は彼らの故郷ではディミトリは革命家として英雄扱い。

今回の事件が報道されて名前が出たことで、民衆も固唾を飲んでその行く末を見守っていたのでした。

革命家として復活することで少数民族だった故郷の人間も活気づくと考えていたのでした。

しかし、そうなればその少数民族が独立のために起こす活動が過激さを増し、ディミトリが恐れている事態となります。

ディミトリはそうならないためにも弟を止めるという行動をしていたため、その打診にも自殺という形で答えを返すことになります。

弟の前で「こうするしかない」と、自ら命を絶ったのです。

ただの人質奪還ではなく、こうした政治的背景が後半で明らかになることで、物語をより深いものにしています。

公開規模が小さいのがもったいないレベルの立派なアクション映画

デイヴ・バウティスタとピアース・ブロスナンという有名俳優を起用しているにも関わらず、実は今作は全国的に一般的な有名作品と比べて公開スクリーンが少ないものになっています。

実際に観てみると、その公開規模がもったいなく思えるほど、内容はしっかりとした作品なのです。

派手なアクションだけでなく、政治も絡んでいることで物語としての奥深さも十分。

特にアクション好きとしては、こうした占拠系アクションのトップに君臨する『ダイ・ハード』を彷彿とさせるシーンも多く出てきて、そうした部分を見つけることにも楽しさを感じられる作品になっています。

さらに日本人としては2020年の五輪も控えていて、大型スタジアムがテロリストの標的になるという、あながち他人事ではないかもしれないリアルな状況も注目ポイントのひとつなのではないでしょうか。

映画『ファイナル・スコア』まとめ

以上、ここまで『ファイナル・スコア』について感想を述べさせていただきました。

要点まとめ
  • 多くの有名俳優に並ぶ、デイヴ・バウティスタの肉体が唸るアクションシーン
  • スタジアムでもバイクのチェイスシーンなど息を飲むスタントアクションが満載
  • 政治が絡むので、映像だけでなく肝心の物語に関しても高い完成度を誇っている