『エノーラ・ホームズの事件簿』あらすじ・キャスト・ネタバレ感想!名探偵ホームズの妹を描く傑作ミステリー!

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:Netflix

2020年9月23日からNetflixで配信が開始された映画『エノーラ・ホームズの事件簿』。

ナンシー・スプリンガーの推理小説シリーズを原作とした実写化作品で、本家であるコナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズには登場しない“シャーロックの妹”を主人公としたミステリー映画です。

主人公のエノーラ・ホームズ役には、映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』やドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で注目を集めたイギリスの若手女優、ミリー・ボビー・ブラウンがキャスティングされ活き活きとした若き名探偵を好演しています。

新型コロナウイルス感染拡大防止のために劇場公開は断念されてしまいましたが、Netflixが配信権を獲得しNetflixオリジナル作品として日の目を浴びることになりました。

ポイント
  • あの名探偵ホームズの妹が大活躍!
  • 頭脳戦だけでない軽快な作品展開。
  • ヘンリー・カヴィルなど脇を固める俳優もとても豪華!

今回はそんな映画『エノーラ・ホームズの事件簿』をネタバレありでご紹介します。

『エノーラ・ホームズの事件簿』を見れる配信サービスは?
  • Netflix / 見放題 / 無料期間なし

『エノーラ・ホームズの事件簿』作品情報

作品名 エノーラ・ホームズの事件簿
配信開始日 2020年9月23日
上映時間 123分
監督 ハリー・ブラッドビア
脚本 ジャック・ソーン
原作 ナンシー・スプリンガー
出演者 ミリー・ボビー・ブラウン
ヘンリー・カヴィル
サム・クラフリン
ヘレナ・ボナム・カーター
アディール・アクタル
フィオナ・ショウ
フランシス・デ・ラ・トゥーア
バーン・ゴーマン
ルイス・パートリッジ
音楽 ダニエル・ペンバートン

【ネタバレ】『エノーラ・ホームズの事件簿』あらすじ


母を探して…

イギリス郊外の田舎に住むエノーラ・ホームズ(ミリー・ボビー・ブラウン)は、幼い頃に父を亡くし、歳の離れた兄たちも若くして家を出ているため、母・ユードリア(ヘレナ・ボナム・カーター)と2人で仲むつまじく暮らしていました。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

ところがエノーラの16歳の誕生日の朝、ユードリアはこつぜんと姿を消し行方不明となります。

ロンドンに住む2人の兄、官僚のマイクロフト(サム・クラフリン)と名探偵のシャーロック(ヘンリー・カヴィル)が田舎に帰ってきますが彼らはエノーラを心配するどころか少し厄介そうな様子です。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

マイクロフトに関してはユードリアのことだけでなく、レディとしての教育を受けてこなかったエノーラのことも気に入らないようで寄宿学校の校長であるミス・ハリソン(フィオナ・ショウ)を呼び寄せて花嫁修業をさせようとしてきます。

ユードリアから教育を受け、たくましく自由に育ってきたエノーラは、今までの生活を失うこともユードリア探しができなくなることも受け入れられません。

シャーロックはユードリアの失踪を一つの事件として楽しみつつもエノーラのことを気にかけていましたが、マイクロフトに「口出しするな」と釘を刺され手を差し伸べることはしませんでした。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

エノーラはユードリアからのメッセージである暗号を読み解いたことで家を出る決意をし、少年時代のシャーロックが着ていた服を身にまとって男装した後、ユードリアが残した資産を持ってロンドンへ向かいます。

その道中、エノーラは列車の中でバジルウェザー・テュークスベリー侯爵(ルイス・パートリッジ)と出会います。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

今は亡き父親から爵位を受け継いだテュークスベリーは、政治に関わるという夢を持っているのもかかわらず、軍人にさせようとする母親(ハティ・モラハン)から逃げるため家出をしていたのでした。

しかし、列車にはテュークスベリーを狙う謎の殺し屋・リントホーン(バーン・ゴーマン)が乗っており、逃れようとしたエノーラとテュークスベリーは思い切って列車から飛び降ります。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

2人は仲違いしながらも少しずつ距離を縮め、どうにかロンドンに辿り着きそこで別れるのでした。

大都会・ロンドン

エノーラはロンドンの街に馴染むため、上等なドレスを購入して立派なレディを装いながらユードリアの行方を探し始めます。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

ユードリアが自室で見知らぬ女性たちと話し合いをしていた過去を思い出したエノーラは、ユードリアが連絡を取っていた仲間の店を見つけ出しました。

そこで出会ったエディス(スージー・ウォコマ)はエノーラのこともユードリアの行方も知っている様子でしたがその居場所や現在の状況は教えてくれません。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

エノーラはユードリアに教わった得意の柔術でエディスに立ち向かいますが、武術の達人であるエディスには敵わず情報を得ることができませんでした。

しかし、エディスと会ったことでユードリアたちの話し合いの内容を思い出し、彼女たちの会話に出てきた人名の数々がロンドンの地名のアナグラムであることに気づきます。

そのうちの一つ、ライムハウス・レーンへ向かったエノーラはそこで大量の火薬や爆弾を発見し、マイクロフトの言うようにユードリアは危険な人物なのかもしれないと思うようになります。

エノーラがそんな考えを巡らせながら歩いていると、突如としてリントホーンの襲撃を受けました。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

テュークスベリーの行方を問われても口を割らなかったために命を落としかけますが、先ほど見つけた火薬や爆弾を利用し、無事逃げ出すことに成功。

命を狙われているテュークスベリーを助けようと決意するのでした。

その後、エノーラは未亡人に扮してテュークスベリー家に向かいます。

正体を疑われたので、苦し紛れにシャーロックの助手を名乗ると、先にテュークスベリー家にやって来ていたスコットランド・ヤードの警察官で、シャーロックとも親しいレストレード警部(アディール・アクタル)に怪しまれてしまいます。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

結局追い出されたため敷地内にある森を散策していたエノーラは、テュークスベリーが作った秘密基地を発見。

そこにあった資料を見て、リントホーンがライムハウス・レーンに辿り着いたことに気がつきます。

そして、テュークスベリーの祖母(フランシス・デ・ラ・トゥーア)に話しかけられ、テュークスベリーの身を案じていることを伝えて欲しいと頼まれるのでした。

寄宿学校からの脱出

エノーラは秘密基地の資料にあったコヴェントガーデン市場におもむき、花売りとして働いているテュークスベリーを見つけます。

2人はエノーラの宿に向かいますが、そこには通報を受けたレストレード警部が待ち受けていました。

そして、窓からテュークスベリーを逃がすことはできたもののエノーラ自身は捕まってしまいます。

すぐにマイクロフトへと引き渡されたエノーラは、ミス・ハリソンの寄宿学校へ入れられることに。

立派なレディになるための教育を受けることとなり、つらく寂しい日々を送ります。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

そんなある日、シャーロックが面会にやって来ました。

母の行方とともにエノーラの行方を追っていたシャーロックは、エノーラの賢さや才能をユードリアは見抜いていたと話します。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

シャーロックもエノーラの素質を認めていると言い、エノーラが幼き日に遊んでいたおもちゃがユードリアの枕の下から見つかったと手渡しました。

エノーラは母に置いていかれたという事実を気にしていましたが、このことでユードリアの愛情をしっかりと感じます。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

さらに、シャーロックはユードリアが女性の権利向上を目的とした革命家であることを伝えて帰っていきました。

エノーラはシャーロックにもらった新聞を読み、今イギリスを賑わせている大きな話題の一つである“改正法案”を否決させるために、賛成派であるテュークスベリーが命を狙われているのではないかと考えます。

その矢先、エノーラの部屋に大きな荷物が届きました。

実はこの荷物にはテュークスベリーが潜んでおり、彼はエノーラを寄宿学校から逃がすためにやって来たのでした。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

2人は協力して脱出を成功させ、真実を知るためにテュークスベリー家へと向かいます。

事件の解決と見据える未来

テュークスベリー家に着いた2人は、あきらかに屋敷の中が静かなことに気がつきます。

どうやら2人の動きは読まれていたようです。

誰もいない屋敷の中、銃声とともに現れたリントホーンは2人を狙って発砲を続けます。

2人は窮地に追い込まれますが、エノーラの意を決した襲撃とテュークスベリーの勇気によってリントホーンを倒すことができました。

しかし、そこにリントホーンの雇い主である真の黒幕が現れます。

姿を現したのは、テュークスベリーの祖母でした。

祖母は改正法案を通したくない一心で、革命派とも呼ばれる改正法案賛成派の者を敵視しており実の息子であるテュークスベリーの父親をも殺していました。

リントホーンが落とした銃を拾った祖母はテュークスベリーの心臓を狙って発砲、彼はそのまま後ろに倒れました。

エノーラが涙を流しながらテュークスベリーに駆け寄って手を握ると、ゆっくりと握り返されます。

テュークスベリーは直前に胸鎧を隠し持っていたことで、一命を取り留めたのでした。

それから数日が経ち、スコットランド・ヤードのレストレード警部を訪ねたシャーロックは、ある推理を述べてからテュークスベリーの祖母を逮捕するように言います。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

するとレストレード警部から「妹が先に解決した。」と聞かされ、驚きながらも笑みを浮かべます。

一方、テュークスベリーは侯爵として貴族院に登院し、改正法案に賛成票を投じました。

このことで改正法案が可決され、イギリスは変化の時期を迎えます。

エノーラはテュークスベリーから「屋敷で一緒に暮らさないか。」と誘われますが、後ろ髪を引かれながらも断ります。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

その後、新聞の個人広告欄にユードリアからのメッセージらしき暗号を見つけたエノーラは、これをシャーロックからのメッセージではないかと推理しつつ指定された場所に訪れました。

エノーラの推測通りシャーロックからのものでしたが、エノーラは自分を待つ2人の兄が諦めて帰っていくのを見守ります。

シャーロックは、エノーラに暗号が兄たちからのものだとバレていること、それを知ってて待ち合わせ場所にもやって来たことに気づきながらも知らない振りをして去っていきました。

新しい下宿に帰宅したエノーラは、宿主にお客さんが来ていると言われます。

部屋に入ってみると、そこにはユードリアがいました。

母娘はお互いの想いを伝え合い、愛情を確かめ合って抱き合います。

そして、何かあったら新聞の個人広告欄で連絡を取るという約束をしてすぐに別れました。

エノーラは、ホームズ家は独立独歩だと語り、自身も母や兄たちのように自分の意志で生きていくことを心に決めます。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

そう、私立探偵として歩み始めるのでした。

『エノーラ・ホームズの事件簿』登場人物・キャスト

エノーラ・ホームズ / ミリー・ボビー・ブラウン

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

エノーラ・ホームズを演じたのは、ミリー・ボビー・ブラウン

映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』では主人公の娘・マディソン役、ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』では物語の鍵となる少女・イレブン役を演じ世界的に注目を集めました。

本作『エノーラ・ホームズの事件簿』が映画初主演作品となりましたが堂々とした演技や、16歳とは思えないような表現力は圧巻で今後の期待がより一層高まる存在です。

シャーロック・ホームズ / ヘンリー・カヴィル

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

シャーロック・ホームズを演じたのは、ヘンリー・カヴィル

映画『マン・オブ・スティール』のクラーク・ケント役や『コードネーム U.N.C.L.E.』のナポレオン・ソロ役で知られています。

今回、多くの俳優が演じてきたシャーロック・ホームズという役を掴みましたが、他では見られない「妹を見守るシャーロック」を好演し、その優しい眼差しやひょうひょうとした姿勢は見事なものでした。

マイクロフト・ホームズ / サム・クラフリン

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

マイクロフト・ホームズを演じたのは、サム・クラフリン

映画『スノーホワイト』シリーズや『あと1センチの恋』などでロマンチックな役柄をこなしてきました。

そんなクラフリンが演じたマイクロフトは、主人公のエノーラにとって強敵で嫌な奴でしたが、どこか憎めないようなキャラクターの悪役となっています。

バジルウェザー・テュークスベリー侯爵 / ルイス・パートリッジ

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

バジルウェザー・テュークスベリー侯爵を演じたのは、ルイス・パートリッジ

映画『パディントン2』やドラマ『メディチ』シリーズで知られていますが、まだ出演作も少なく、日本では知名度も高くない若手俳優です。

17歳にしては完成しすぎている端正な顔立ちと、表情豊かな演技は印象深く『エノーラ・ホームズの事件簿』をきっかけに日本でも人気が出るのではないかと思われる大注目株です。

ユードリア・ホームズ / ヘレナ・ボナム・カーター

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

ユードリア・ホームズを演じたのは、ヘレナ・ボナム・カーター

映画『ハリー・ポッター』シリーズや『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』、『英国王のスピーチ』などに出演し、世界中にファンを持つベテラン女優です。

エノーラ・ホームズの事件簿』では自由で挑戦的な母親を演じていますが、実生活でも2児の母である彼女だからこその強く優しく美しい演技が見られます。

【ネタバレ】『エノーラ・ホームズの事件簿』感想

一人の少女が起こした革命

エノーラ・ホームズの事件簿』は、一人の少女の成長譚であり、母と娘のハートフルストーリーであり女性たちの物語です。

主人公のエノーラは、女性がまだ抑圧されている時代のイギリスで暮らしていながら、そういった空気とは隔絶されたような田舎で生まれ育ちました。

幼くして亡くなった父のことや、歳がだいぶ離れていて早くに出て行った兄たちのことはあまり知りません。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

そして、母親とお手伝いさんと女性だけの空間で暮らしてきました。

自由で挑戦的な母親から手厚い教育を受けたエノーラは、その時代に求められていた女性像とはかなりかけ離れていますが、知識豊富で頭の回転が早い賢い少女で、名探偵の兄・シャーロック顔負けの推理力や洞察力を持っています。

そのように、心身ともにすこやかに育っていた少女が、突然現れた官僚の兄・マイクロフトからの指示で淑女になるための学校に入れられるなんて、今の時代では考えられないわけです。

uraraurara

エノーラの母・ユードリアもそう考えていました。
『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

劇中に登場するユードリアの女性の権利向上のための運動と、イギリスが改正法案によって揺れ動いていることは根底では繋がっています。

物語のラストではテュークスベリー侯爵の一票によって改正法案が可決され、イギリスが変化の時代を迎えることがわかりますがユードリアはこれをエノーラの手柄のように話していました。

確かにエノーラがテュークスベリーの命を救ったからこそ、彼は清き一票を投じることができたのですが、国全体としてユードリアやテュークスベリー父子のような革命家がたくさん存在していたために成し遂げられたのです。

uraraurara

エノーラはそんなことも知らなかったような田舎の少女ですが、母を探して外の世界に出て、テュークスベリーと出会って外の世界を知ったことで革命を起こすことができました。

そうしてエノーラは変化していく時代の中で成長していき、母だけでなく自分自身を見つけることができたのです。

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

uraraurara

エノーラが兄に負けないくらい優秀な名探偵になる姿が思い浮かびます。

『エノーラ・ホームズの事件簿』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

『エノーラ・ホームズの事件簿』

出典:IMDb

要点まとめ
  • ミリー・ボビー・ブラウンの演技がとっても魅力的!
  • 当時の階級社会を表したストーリー展開。
  • 女性にとって応援歌のようになる作品。

いかがだったでしょうか。

かの有名な名探偵・シャーロック・ホームズに妹がいたら…?

という「if」が生み出したミステリー映画『エノーラ・ホームズの事件簿』は、2020年9月23日よりNetflixにて配信中。

華麗なる少女の推理と冒険をぜひお楽しみください!

『エノーラ・ホームズの事件簿』を見れる配信サービスは?
  • Netflix / 見放題 / 無料期間なし