『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2のネタバレ感想!シャーロックの兄が登場

出典:superdramatv.com

誰もが知っている名探偵シャーロック・ホームズがニューヨークを舞台に天才的な名推理を繰り広げるエンターテイメントミステリー。

女性の相棒ワトソンとは正反対の性格で、2人の掛け合いと時折見せる最高のコンビネーションには息を飲みます。

ポイント
  • ダンディーな兄マイクロフトの登場でシャーロックとジョーンの関係が崩れる?
  • ベル刑事の、刑事生命の危機
  • シャーロックにも引けを取らない個性的な協力者?たち

それではさっそく『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2についてレビューしたいと思います。

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2のあらすじ


ロンドン警視庁で顧問を務めていたが、薬物依存症となり、リハビリのためにニューヨークに住み始めたシャーロック・ホームズ。

そんなホームズのところへ、リハビリ付添人としてホームズの父に雇われたというジョーン・ワトソンなる女性が訪ねて来る。

ワトソンは優秀な外科医だったが、手術の失敗によって患者を死なせたことを苦にして医者を辞め、違った形で病める人を助けたいという思いで依存症患者のリハビリ付添人になったのだった。

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2のあらすじ

しかし、ホームズは自分自身で考えたリハビリ・プログラムとして、ロンドンで難事件を次々と解決していった天才的な探偵能力を活かしてニューヨーク市警の顧問に志願しようとしていた。

ロンドンで知り合ったというニューヨーク市警の警部グレッグソンのコネを得たホームズは、戸惑いながらも同行するワトソンを連れて、早速、殺人現場に乗り込んで行く。

エキセントリックで行動すべてが型破りだが次々と難事件を解決するホームズに、ワトソンは感心し、一方のホームズもワトソンの探偵としての素質を見抜く。

ホームズはパートナーとなるよう彼女を説得。こうしてワトソンはホームズのもとで、探偵修行を始め、二人は最強のパートナーシップを発揮して数々の事件を解決していく。

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2のあらすじ②

そんな中、ホームズにある電話が入る。よく一緒に仕事をしていたロンドン警視庁のレストレード警部補がトラブルに見舞われ、逃亡していると言うのだ。ホームズはワトソンと共にロンドンへ向かい、レストレードを捜すことにする。

ホームズはかつて住んでいたベーカー街221Bに滞在しようとするが、部屋の中にはホームズの所有物は一切無く、そこにはなんと、ホームズの兄、マイクロフトの姿が……。
出典:『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』公式ページ

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』を視聴できる動画配信サービス

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年3月25日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。(※他にも面白いコンテンツが豊富で、ほとんどの方がご継続されるほど満足度の高いサービスです!)

【ネタバレ】『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2の感想レビュー

シャーロックの兄・マイクロフトの登場

シーズン2の第1話目で、ついにシャーロックの故郷ロンドンへ!

かつてロンドン市警時代に組んでいたレストレード刑事を見つけるため、シャーロックはロンドン市警から協力を頼まれます。

ニューヨークとは違った雰囲気で、ロンドンもおしゃれですね。

ロンドンアイ、トラファルガー公園、ビックベン。そしてシャーロック・ホームズ好きな方にはお馴染み、ベイカーストリート22B1・シャーロックのロンドンの家も出てきます。

そこに現在住んでいるのがなんと兄・マイクロフト。この人シーズン2では最重要人物です。

シャーロックとはスリムな体型は似ているものの、性格はまるで違う。マイクロフトは温和、紳士で女性に優しい、ロマンチックな外国人男性という感じです。料理も得意で、レストランを何店舗も経営しています。

ただその資金は、父親の信託財産から出ていることもあり、シャーロックからは楽して生きている怠惰な人間と言っていますが、お互い嫌いあっているようで、とくにかく皮肉が言いたいんですね(笑)

マイクロフトは約2年前、病気をしたのをきっかけに、シャーロックとの兄弟仲の悪さに後悔…仲良くなるためにどうすべきかジョーンに協力を求めます。

ここまで年齢を重ねてから仲良くするってそう簡単なことではないですよね。ましてや男兄弟。相手はくせ者シャーロックときたら、自力では難しそうですし、ジョーンに頼むのは正解だと思います。

ジョーンはそんなマイクロフトの優しい心に惹かれていき、ことあるごとにマイクロフトの味方につくのでわかりやすいですね。

2人の仲をいじるシャーロックがいじけているようにもみえてかわいらしいです。

シャーロックとジョーンの関係にも大きく影響します。シャーロックを理解する数少ない友人、かつ仕事のパートナーであり、今まで築いてきた2人の間にマイクロフトという存在が入りこむことでその関係が崩れてしまうとシャーロックは警戒。

一方のジョーンは自分の“プライベート”を作り出すきっかけとして前向きな変化と捉えます。

しかしここで衝撃事実。マイクロフトはレストラン経営の傍ら、実はMI6の仕事をしていたのです!

そのせいで事件に巻き込まれたシャーロッとジョーンは、マイクロフトを信用できなくなります。MI6だという事実も隠していましたからね。

でもマイクロフトは、シャーロックの捜査ミスをかばい、守るためにMI6の協力者になったのです。やっぱり優しいマイクロフト!

ここまでシーズン2をかき乱しますが、MI6にはめられ、追い詰められたマイクロフトはNSAと取引をし、“死んだ”ことになり姿を消します。

その別れ際、シャーロックに「愛している。この1年は私の宝だ。」と伝える姿はなんとも涙をそそります。

>>【31日間無料】U-NEXTで『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2を視聴する

ベル刑事との対立

シャーロックとジョーンは事件解決のため、また刑事ではないので本来であれば捜索令状をもって家宅捜索に入ったり、逮捕状をもって初めて逮捕できたり、など正式フローを踏むべきところ結構無視してピッキングからの不法侵入、証拠品を不正なルートで入手したりします。

シーズン2の前半はピッキング増えます。そんな簡単にできるものかと思うくらい早いです。

シャーロックの家にピッキング練習用の大量のカギがありますから、相当練習しているのでしょう(笑)

そんなルール破りな捜査が引き金となり、事件関係者から撃たれそうになったシャーロックを助け、ベル刑事が撃たれ、右手が動かなくなってしまいます。

現場に出る刑事は銃を携帯しなくてはならないので、利き手が使えなくなるのは致命傷となり、結局ベル刑事はデスクワークになってしまいやりがいを失います。

そして、そのきっかけをつくったジョーンとシャーロックから離れようとします。そりゃそうだよな。大好きな仕事を奪われたのですから、謝られても許してもどうにもならないことだし、切り替えるしかないですが、怒りのやり場がない。

心の底では自分がきっかけであることを悪いと思っているシャーロックも素直になれず、日々苛立ちます。分署にいるときはベル刑事をまるで小学生が好きな人をチラチラ見るかのような行動。

結局気まずい関係のまま、ベル刑事は異動してしまいます。ベル刑事の異動後、誰かしらとパートナーを組まなくてはならないシャーロックとジョーンは、複数の刑事と手を組みますが、まあ合わない。

そもそもシャーロックと合う人って結構奇跡だと思うので、グレッグソン警部とベル刑事以外だめだな、とここで確信しました。

早く戻ってきてー!と思っていたら、ベル刑事の異動先の上司ダシルバの不正をシャーロックが発見、ベル刑事と協力したことで、関係修復、重大犯罪課に戻ってくるのでした!一件落着!

>>【31日間無料】U-NEXTで『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2を視聴する

個性的な事件協力者?たち

シーズン2から事件に協力してくれる専門家が時々出てきます。この人たちもとても個性的なのです。

数学者テンプルは、数学の問題を解くとき、数字と自分の間に介在するものを排除したいということから裸になります。

ぽっちゃりしているので、かわいらしい見た目ですが数学への情熱と頭脳はピカイチ。

次に地質学研究員のゲイ。同性愛者であるが、実際に名前もゲイなので一石二鳥だそうです。

彼女はジョーンと一緒に白亜紀時代の化石を発見し、興味はありますが、事件に巻き込まれたくないと逃げます(笑)

3人目はNSAのマクナリー捜査官。この人はNSAにとって利益になるときだけ協力者パータンです。もちろん政府組織なので裏情報をたっぷり持っており、監視もおてのもの。マイクロフトの逃亡も手伝いました。

最後は天才ハッカー集団エブリワン。彼らは特定のリーダーがおらず、個々が確立されています。最初は敵として登場します。

シャーロックたちが追う犯人の逃亡を手伝い、ネット所法を捜査してシャーロックを大統領暗殺の首謀者に仕立て上げ、シークレットサービスに逮捕させるほどです。

しかしながら、彼らの情報収集力は相当なもので、その後も度々シャーロックは協力を依頼します。

ただその見返りとして、シャーロックはエブリワンから色々なことを要求される(やらされる)のですが、それが地味に面白いので注目してみてください。

>>【31日間無料】U-NEXTで『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2を視聴する

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』シーズン2まとめ

マイクロフトの登場でシャーロックとジョーンの安定した関係は崩れていきます。

今のままの関係を望むシャーロックと前に進んでいく変化を望むジョーン。

相手を思えば受け入れるべき変化ですが、薬物依存を克服してやっと手にした安定と充実した生活が変わる葛藤に悩むシャーロックが悲しくみえてきます。

個人的にはシャーロックのためにもこのままにしてあげて、そんな風に思ってしまいました。

果たして2人はどんな選択を下すのか?

シーズン3もお楽しみに!

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』を視聴できるVODは?

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
Amazonプライムビデオの特徴
  1. 月額400円は業界最安値
  2. ドキュメンタル』や『バチェラー』などオリジナル作品が楽しめる
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能

『エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』他シーズンのネタバレ記事一覧