ドラマ『恋はDeepに』第9話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!海音との別れが迫る中、倫太郎に異変が…

ドラマ『恋はDeepに』第9話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!海音との別れが迫る中、倫太郎に異変が…

出典:『恋はDeepに』公式ページ

トラックから海音(石原さとみ)をかばおうとして、頭を打ってしまった倫太郎(綾野剛)。

大丈夫だと言って立ち上がったものの、その身体には異変が起きていました。

鴨居教授(橋本じゅん)は、1年前海音が地上に来た時の天候などの条件から、彼女が満月の夜に海に帰れることを突き止めました。

次の満月まであと3日。

海音との別れが近いことを感じた倫太郎は、海音のために鴨居研究室と蓮田トラスト開発本部とのサプライズ送別会を開きます。

しかし、2人の別れの時が迫る中、倫太郎に悲劇が起きてしまうのでした。

人魚と御曹司の恋の物語、今回が最終回です。

\\『恋はDeepに』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『恋はDeepに』前回第8話のあらすじと振り返り

海に戻ることができず、倫太郎(綾野剛)の腕の中で気を失ってしまった海音(石原さとみ)。

倫太郎は、鴨居教授(橋本じゅん)を頼り、そこで自分が海音を無理させていたと知った倫太郎は、海音が目を覚ます前に『海音とはもう関わらない』という約束をして去っていきます。

蓮田トラストでは、取締役に就任した榮太郎(渡邊圭祐)が、リゾート開発プロジェクトを白紙に戻すことを宣言。

しかし、投資会社が蓮田トラストの株を買い占めているのには、別の目的があったのです。

そして海音は教授会で、自らの経歴について話をすることになりました。

そこで、倫太郎が海音への思いを壮大に告白したことで、教授会を切り抜けます。

しかし、疑問を残した教授と海音が揉みあい、海音が逃げ出したところにトラックが走って来たのです。

【ネタバレ】ドラマ『恋はDeepに』第9話(最終回)あらすじ・感想


海音をかばった倫太郎

「私は人間じゃない」と発言したことで、どういうことなのかと詰め寄った教授から逃れるために、道路に飛び出してしまった海音(石原さとみ)。

そこに、トラックが迫ってきます。

倫太郎(綾野剛)は、すかさず海音をかばいました。

しかし、そこで倫太郎は頭を打ってしまいます。

moyoko

かなり強く打ったようで、鈍い大きな音がしました。大丈夫でしょうか?

なんとか立ち上がった倫太郎は、心配する海音に「大丈夫」と言って、海音を自宅に連れていきました。

倫太郎は、改めて母の指輪を海音に渡します。

しかし海音は、この指輪は倫太郎と家族の想いがたくさん詰まっているものだから、あるべき場所に戻してあげて欲しいと、受け取りませんでした。

moyoko

この指輪が、自分を地上まで導いてくれたのかもしれないと思う海音です。

1年に1度のスーパームーン

家に戻った海音は、ウツボに話しかけると、途切れ途切れながらウツボが何か言っているのが聞こえました。

「満月…波が高い…」

どうやら、海に帰る時の話をしているようです。

その時ちょうど鴨居教授(橋本じゅん)が、1年前海音が地上に打ちあがった時の条件を見つけたと言ってきました。

海音が地上に来た日の前の晩は、風が強く波が高くなっていて、さらに月は満月でした。

満月の時は海流が強くなります。

だから海音は海と地上の間を越えられたのではないかと、鴨居教授は考えました。

次の満月は3日後。

しかも、月が一番地球に近づく1年に1度のスーパームーンの日です。

「これが最後のチャンスになると思う」

moyoko

海音が海に帰る日がすぐそこまで来ていることがわかりました。

大学を辞めた海音

次の日、染谷(高橋努)がパソコンの画面を見て大声をあげます。

なんと、海音に国際海洋会議からオファーが来ているというのです。

藍花(今田美桜)たちは喜びますが、海音は苦笑いを浮かべます。

実は、経歴詐称のことが問題になり、今日付けで大学を辞めることになったのです。

moyoko

藍花は、突然のことに心の整理ができていません。海音が遠くに行ってしまうのではないかと涙目になっています。

海音は、倫太郎にも大学を辞めること、それに伴って蓮田トラストの担当も辞めることを報告します。

moyoko

いずれにしても、2日後には海に帰らないといけないですからね。

倫太郎は、海音にまだやって欲しいことがあると言います。

海中展望タワーに代わる、新しい目玉を海音と一緒に考えたいというのです。

光太郎の改心

その頃、光太郎(大谷亮平)はいまだ蓮田トラストの株を買い続ける投資会社と戦っていました。

投資会社は、株価のことだけを考え、星ヶ浜の海については少しも興味を持っていませんでした。

その後、倫太郎を呼び出し、倫太郎と海音を会社から排除しようとしていたのは間違っていたと、倫太郎に謝ります。

倫太郎は、世界的な歌手が、海音の海に対する考え方に共感したコメントをする動画を光太郎に見せます。

「海音さんが伝えようとしていることって、兄さんや俺たちと一緒なんじゃないかな」

moyoko

兄弟が仲直りしたのは良いことですが、光太郎が急激に良い人になっているので、こちらの整理がついていません。

その日は蓮田兄弟の母の誕生日でした。

蓮田家は久しぶりに全員で母の誕生日を祝います。

そして、倫太郎は海音が持っていた母の指輪を太郎(鹿賀丈史)に渡します。

moyoko

指輪はあるべき場所へ戻りました。

そして、倫太郎は海中展望タワーを諦めると太郎に伝えます。

これまでずっと過去にとらわれていましたが、大事なのは今の自分にとって大切な人を幸せにすることだと気づいたからです。

太郎も、それを了承しました。

倫太郎が正しかった

海音は、あと2日で帰らないといけないことを倫太郎に伝えられないでいました。

しかし、海音といられる時間が短いと察した倫太郎は、鴨居研究室と開発チームとの合同サプライズ送別会を計画します。

海音は、倫太郎に海中展望タワーに代わる、海中水族館を提案します。

倫太郎は、もし海音が海に戻っても、また会えるかもしれないと、その提案に賛成しました。

「もう、そんなに長くいられないんでしょ?」

海音は微笑み、これから先の海のことは倫太郎に任せたいと言います。

moyoko

刻々と、別れの時間が迫って来ています。

その頃、光太郎は倫太郎から見せられた動画をきっかけに、蓮田トラストの株価が上がって来ていることを役員たちに説明します。

環境保護の声が高まっている中、世間が海音の声に共感したのです。

光太郎は、海音をアドバイザーに迎えた倫太郎は間違っていなかったと語りました。

moyoko

ある意味、買収騒動は蓮田トラストにとって助けになったかもしれないですね。

サプライズ送別会

鴨居研究室では、海音の送別会が開かれました。

染谷と椎木(水澤紳吾)が海音を引き止められず、完璧な準備はできませんでしたが、研究室チームは、プロジェクションマッピングで部屋の中を水中のようにするというサプライズを仕掛けていました。

水の中で微笑みあう海音と倫太郎。

「永遠の愛とか誓っちゃう??」

開発チームは、2人をはやしたてます。

「誓います!」

2人は、恥ずかしがることなくお互いに永遠の愛を誓いました。

moyoko

四の五の言っていられないですもんね。

倫太郎の異変

海音は、倫太郎を大学の玄関まで送る中で、研究室のみんなと出会って人の優しさを知ったと倫太郎に語ります。

そして、倫太郎の顔を見つめます。

「まさか、人をこんなに好きになるなんて思わなかったです」

「俺もそうだよ」

倫太郎は、また明日も明後日も、しあさっても海音に会いに来ると言いました。

「私、明日帰ります」

海音がそう言った瞬間、倫太郎は突然倒れ、意識を失ってしまいました。

moyoko

海音をかばって頭を打った時のダメージが、今になってきてしまったのです。

倫太郎はすぐに手術を行います。

医師は、予断を許さない状態であとはどれだけ持ちこたえられるかだと話しました。

海音は、ベッドで眠る倫太郎にキスをします。

溺れた時はすぐに目を覚ました倫太郎でしたが、この時ばかりは何故か目を覚ましませんでした。

moyoko

海音のキスには回復機能があったのですね。海で溺れた倫太郎は、かなり危険な状態だったのかもしれません。

最後の一日

朝になっても、倫太郎は目を覚ましませんでした。

鴨居教授が迎えにきますが、海音はギリギリまで倫太郎の側にいたいと、ずっと倫太郎の手を握っています。

その頃、海音の名誉回復を訴えるMr.エニシ(福山翔大)の動画がバズり、蓮田トラストの買収を目論む投資会社は買収を諦めて全ての株を売却しました。

そして、榮太郎(渡邊圭祐)は、「ずっと研究室のみんなといたい」と言った藍花への誕生日プレゼントとして、蓮田トラストから研究室へ3億円もの寄付をしました。

moyoko

榮太郎の方が王子様っぽいことをしていますね!

夕方、海音が星ヶ浜に向かわないと行けない時間が迫った時、倫太郎が海音の名前を呼びました。

海音は必死でその言葉に応えます。

夜、完全に目を覚ました倫太郎は、ベッドの上にいる自分に驚きます。

ベッドの上には、海音からの手紙が置いてありました。

moyoko

倫太郎は全回復しています。人魚の肉は不老不死の力を得ることができると言いますが、そこから来ているのかもしれませんね。

満月の夜

海音は、鴨居教授と涙の別れをして1人星ヶ浜に向かいます。

倫太郎は、車で星ヶ浜に向かっていました。

moyoko

術後なのに危ない!と思ってしまいますが、全回復しているから大丈夫なのでしょうか?

倫太郎が海岸に到着した時、海音はまだ浜辺にいました。

2人は並んで波の音を聞きます。

海音は、地上に来て初めて海の音を聞き、その素晴らしさを知ったと話しました。

何故なら、海の底では波の音は聞こえないからです。

倫太郎は、潜ってでも海音に会いに行くと言いました。

「私がいるところ、結構深いですよ」

「それでも会いに行く」

2人は、長い長いキスをしました。

moyoko

本当に長かったです!

別れの後

「気をつけて」

「さようなら」

そして、倫太郎は陸の上に、海音は海に向かって歩き出します。

倫太郎が振り返った時、もう海音の姿はありませんでした。

3年後。

蓮田トラストの開発チームは光太郎がリーダーを務め、アドバイザーには、海音に代わって藍花が就いていました。

moyoko

海音以上に厳しいと言われる、鬼アドバイザーのようです。

榮太郎は取締役に復帰し、父を支えていました。

倫太郎はというと、星ヶ浜で『Marine Sound』というペンションを経営し、焼き芋を売りながら海音を待っています。

moyoko

訳して『海音』ですね!

「倫太郎さん!」

振り向くと、そこには海音の姿がありました。

ドラマ『恋はDeepに』第9話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想まとめ

最後に現れた海音の姿は、後ろ姿だけ映し出されました。

余韻を残すタイプの終わり方ね!と思ったら、次回倫太郎と海音が再会するまでの3年間が描かれるスペシャルストーリーが放送されるということです。

結局、リゾート開発は海の側にペンションを建てるというところで落ち着いたようですが、その経緯などが描かれるみたいですね。

こういったファンタジーのラブロマンスでは、別れたら二度と会えないというのがお決まりですが、再会できるというのは新しくて面白いと思いました。

本編は今回で最終回ですが、次回も楽しみにしています!

\\『恋はDeepに』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『恋はDeepに』見逃し動画フル無料視聴!1話から最終回まで見れる配信サービスをご紹介

▼次回スペシャル回も続けて読む▼