『死霊魂』ヒット記念!無料オンラインレクチャー開催!世界に類のないワン・ビン研究本を刊行した中国文学者登壇!

『死霊魂』ヒット記念!無料オンラインレクチャー開催!世界に類のないワン・ビン研究本を刊行した中国文学者登壇!

©LES FILMS D’ICI-CS PRODUCTIONS-ARTE FRANCE CINÉMA-ADOK FILMS-WANG BING 2018

世界的ドキュメンタリー作家ワン・ビンの話題の最新作『死霊魂』。

8時間を超える超長尺と<反右派闘争時代の収容所で何が起きたのか>という中国史の闇に迫る衝撃的な内容で、公開前から新聞各紙でも大きく取り上げられました。

また、都内封切館のシアター・イメージフォーラムでは、2020年8月1日から2週間特別公開されると、早々に全日完売し、急遽10月3日からの追加上映も決定。

「凄い映画体験!」という感想がSNSに溢れ、全国の上映館も続々と増えて、2020年の必見作として大きな話題を呼んでいます。

この度、『死霊魂』のヒットを記念し、9月17日(木)に無料オンラインレクチャーを開催することになりました。

『死霊魂』無料オンラインレクチャー開催

講師は2020年3月に「ドキュメンタリー作家 王兵ワン・ビン現代中国の叛史」(ポット出版プラス)を刊行した中国文学者で専修大学教授の土屋昌明さん。

「ドキュメンタリー作家 王兵現代中国の叛史」は、ワン・ビン監督の全フィルモグラフィーの詳細な解説や監督自身へのインタビュー、数々の評論、映画評論家・山根貞男さんとグラフィックデザイナー・鈴木一誌さんとの鼎談、5年以上の月日をかけて完成させた全320ページの渾身作。

今回開催するレクチャーでは、世界に類のないワン・ビン研究本を刊行した土屋教授にたっぷりと語っていただきます。

ワン・ビン監督について、『死霊魂』について、土屋教授しか語れないディープなトーク満載、今の中国を考える意味でも必見のレクチャーです。

概要

日時:9月17日(木)18:30~20:30 *終了時刻は多少前後する可能性があります。
登壇ゲスト:土屋昌明(中国文学者/「ドキュメンタリー作家 王兵現代中国の叛史」著者)

プロフィール
1960年神奈川県生まれ。中国文学者、専修大学国際コミュニケーション学部教授。中国古代文化を研究しつつ中国現代史・映像歴史学にも関心を持っている。編著に「目撃!文化大革命」(太田出版)、「文化大革命を問い直す」(勉誠出版)、共訳書に廖亦武「銃弾とアヘン」(白水社)など。2020年3月には著書「ドキュメンタリー作家 王兵現代中国の叛史」(ポット出版プラス)刊行。

MC:武井みゆき(ムヴィオラ代表)
参加方法:以下のURLよりお申し込みください。参加費は無料です。
https://peatix.com/event/1615281/view

『死霊魂』概要

『死霊魂』

©LES FILMS D’ICI-CS PRODUCTIONS-ARTE FRANCE CINÉMA-ADOK FILMS-WANG BING 2018

カンヌ映画祭で「ホロコースト中国版」「これは爆発物」と評された『死霊魂』。

山形国際ドキュメンタリー映画祭2019で大賞と観客賞をダブル受賞した話題作がついに公開!

2018年カンヌ国際映画祭でプレミア上映されると「我々の時代の『ショア』(ホロコーストを題材にした映画史の重要作)だ!」(Screen Daily)、「これは爆発物だ!」(Hollywood Reporter)と世界に衝撃を与え、山形国際ドキュメンタリー映画祭2019では大賞と観客賞をダブル受賞。

中国史の闇とも言われる<反右派闘争>の再教育収容所を生き延びた人々にカメラを向け、その証言によって収容所で命を落としたおびただしい死者の魂を呼びおこそうと世界的ドキュメンタリー監督ワン・ビンが全精力を注いだ集大成。

8時間26分もの上映時間、休憩2回を挟む3部上映という圧倒的な作品です。

Galleryギャラリー

作品情報

原題:死霊魂
英語題:DEAD SOULS
監督・撮影:ワン・ビン
製作:セルジュ・ラルー、カミーユ・ラエムレ、ルイーズ・プリンス、ワン・ビン
フランス、スイス|2018年|8時間26分(3部合計)|DCP|カラー|
日本語字幕:最上麻衣子(第一部)、新田理恵(第二部、第三部)
配給:ムヴィオラ
公式サイトmoviola.jp/deadsouls/

監督プロフィール:ワン・ビン(王兵)

1967年11月17日、中国陝西省西安生まれ。

14歳の時に父を亡くし、当時の政策によって父の職を継ぎ、その職場で24歳まで働く。

その後、1992年瀋陽にある魯迅美術学院写真学科と北京電影学院撮影科で学ぶ。

中古のデジタルキャメラひとつで世界に対峙した衝撃的な『鉄西区』(1999-2003)と「反右派闘争」の時代を生き抜いた女性の証言を記録した『鳳鳴―中国の記憶』(2007)、そして集大成として取り組んだ8時間超えの最新作『死霊魂』(2018)で山形国際ドキュメンタリー映画祭大賞を3度受賞。

カンヌ・ベルリン・ヴェネチアの三大映画祭での受賞も数多い。

いうまでもなく21世紀の最も重要な映画作家の一人である。

※ワン・ビン監督の過去6作品はUPLINK Cloudにて配信中。

https://www.uplink.co.jp/cloud/features/2723/

死霊魂』は10月3日から追加上映予定!

▼あわせて読みたい!▼