海外ドラマ『ダッシュ&リリー』あらすじ・ネタバレ感想!ニューヨークのクリスマスを舞台にふたりの心をつなぐ赤いノート

ダッシュ&リリー

出典:IMDB

『ダッシュ&リリー』は、クリスマスを前に湧きたつニューヨークを舞台に赤いノートを交換日記に、見知らぬ同士、好奇心にかられお互いに挑戦を課しあいやりとりをするふたりの物語。

皮肉屋とダッシュと楽天的なリリー、文字だけが頼りの心温まる展開で、周囲を巻き込んでふたりの人となりを表す演出に好感が持てます。顔も名前も知らないダッシュに正体を明かすことなく、好奇心をかきてるリリーと、ちょっと臆病なリリーに、自分の殻を打ち破るような背中を押しては励ますダッシュ。

クリスマス・シーズンの雰囲気も手伝ってハラハラ、ドキドキもあり、軽快な展開です。姿の見えない相手の言葉に感心したり、影響をされたり。

そばにいないのに、相手を想い、見守ってそばにいるような心の届け方がとても素敵なクリスマスにふさわしい物語です。

ポイント
・ダッシュがみつけた赤いノート
・周囲を巻き込んだふたりの交換日記
・赤い長靴のカノジョ
・ふたりがつむいだ言葉は本物

それでは『ダッシュ&リリー』をレビューします。

【ネタバレ】『ダッシュ&リリー』あらすじ・感想


謎の相手からの挑戦

ダッシュ&リリー

出典:IMDB

クリスマス目前の喧騒から逃れた本屋「ストランド」でダッシュ(オースティン・エイブラムス)が、お気に入りの本の間で見つけたのは見慣れない赤いノート。

ノートに残された暗号のような内容にダッシュが興味をもったことで物語は始まります。

ページを繰るたびに謎めいた問いかけをする相手が読書家であることを一目で見抜いたダッシュ。

赤いノートを片手に、相手の出す謎を解きに走ります。やっとの思いで解読したメッセージに、「クリスマスはひとり?次に何が起こるかはあなた次第。」という問いかけにダッシュは、赤いノートの不思議なメッセージを書きこんだ相手に心が奪われるのでした。

蔵商店

読書家のダッシュが、赤いノートのメッセージの書き手に興味をもったのは、相手が自分と同じように本に造詣が深いと察したから。

ウィットに富んでいて、なおかつ謎めいていて、ダッシュのお気に入りの書籍に無造作に置いたノートが気になるのは必然でしたね。

お互いに課す挑戦がルール

ダッシュ&リリー

出典:IMDB

本屋「ストランド」に赤いノートを置いたのは、ちょっと奥手なリリー(ミドリ・フランシス)。

クリスマス・シーズンだというのに、両親はフィジーに、おじいちゃんはフロリダに出かけ、リリーはただ一人家に取り残されてしまい、がっかりです。

そんな落ち込むリリーを励まそうと、ゲームをしようと言い出した兄のラングストン(トロイ・イワタ)。

バジルおばさん(ジョディ・ロング)にもらった赤いノートに、本好きなリリーの挑戦にのってくれる相手を探そうとメッセージを残すことにしたのでした。

蔵商店

ひょんなことで本にヒントを残すことになったリリーが、とっても可愛い!とても頭がよくて明るいのに、独創的な価値観をもつリリーが、浮いた話もなく、同世代の友達が少ないと悩むのに、共感もてます。

本屋「ストランド」の店員でいとこのマーク(パトリック・ベイル)経由で、ダッシュからの返事を受け取ったリリー。

リリーの出した挑戦に舌を巻いたダッシュからの「君に興味がある」という言葉に心を躍らせます。

ダッシュ&リリー

出典:IMDB

こうして、お互いを知るためには、それぞれに課すちょっとした挑戦をクリアしなければいけないというルールの元、ダッシュとリリーの交換日記が始めるのでした。

蔵商店

ダッシュの友達ブーマーを演じるダンテ・ブラウンが、いい味を出しています。ダッシュに正体を明かしたくないリリーをそっと支え、ふたりをつなぐ見えない橋となるのが素敵です。

自分の名前を教えるのに、ダッシュにユニークな課題を提示したリリー。

リリーの奇抜なヒントに感心したダッシュは、「おとり捜査もなし、苗字の公開もなし、SNSでのおっかけは禁止、無理には会わない、個人的な質問をするには、大胆な挑戦をすること」と見知らぬ相手とのやりとりを心から楽しむようになります。

お互いの友人に託す赤いノートに思いのたけを書き綴るふたりは、自分の落ち着く場所は食べ物、ツラい思い出を共有しては、お互いの距離を縮めてゆきます。

大丈夫、君にならできる

ダッシュ&リリー

出典:IMDB

独創的なファッションや行動で、人と変わっているといわれることに委縮して自分の殻を打ち破れずにいるリリーに、深夜のクラブに出かけるようチャレンジを課したダッシュ。

怖気づいてトイレに逃げ込むリリー前に「君にならできる」。

そう鏡に書き込まれたダッシュのメッセージを目にしたリリーは、名も知らないダッシュの励ましに、奮起します。

ところが、子供の頃に思いを寄せていたエドガー(グレン・マクエン)との再会に、リリーは動揺してしまいます。

「あの子は変な子だ」と言われたツラい記憶が蘇り、リリーは勇気を出して参加したパーティーから逃げ出すように去るのでした。

蔵商店

クラブ初体験で、怖気づくリリーに寄り添うダッシュの鏡に書かれたメッセージに、胸がキュンとします。

残された片足だけの赤いブーツ

ダッシュに渡すはずの赤いノートを、パーティーに置かずに家に戻ってしまったリリー。

赤いノートが受け取れず動揺するダッシュは、深夜パーティーに参加させたことでリリーに無理をさせたかもしれないとリリーの残した片足だけの赤いブーツを手掛かりに、ブーマーとふたり、リリーを探します。

ブーツのおかげでリリーのおばさんを探し当てたダッシュは、リリーとの交流が自分にとってどれだけ大切か、あらためて気づくのでした。

「ノートブック・ボーイ」の名前

クリスマスの日に、「ノートブック・ボーイ」をプレゼントされるはずが、名前をひょんなことでダッシュの名前を知ってしまったリリー。

元カノのソフィア(キーナ・マリー)と一緒にいたダッシュにショックを受け、お酒を飲んで、したたかに酔ってしまうのでした。

ソフィアからのアプローチを断り、ついにリリーを探し当て、対面を果たしたふたり。ところが、せっかく初めて顔を合わせたというのに、ノートで語り合ったような雰囲気にはならず、ダッシュとリリーは口論になり、ふたりは物別れに終わるのでした。

蔵商店

お互いがお互いに思い描いていた想像と違い幻想だった、と失望するふたりに、ショック。

そんなこと言わないで…心の内を吐露できる相手はそういないのだから!と心の底から思ってしまいました。

大晦日に再現したクリスマス

クリスマスのダッシュとの対面が失望に終わり、失意のリリーに追い打ちをかけるように両親の仕事の関係で大晦日にフィジーに発つことになったことになったリリー。

最悪なクリスマスをふりきるかのようにフィジー行きを準備するリリーの元に、ダッシュからの赤いノートが届きます。

ダッシュにとって、ふたりでつむいだ言葉は、ダッシュにとってどれだけリアルで、姿の見えない相手であっても「君のことをよく知っているし、ノートに言葉をつづった女性は、どれも君。」と、あらためてリリーへの気持ちを伝えるダッシュ。

心揺さぶられたリリーは、空港に向かうタクシーから飛び降りて、ダッシュの待つ始まりの場所「ストランド」へと走るのでした。

ダッシュはクリスマスの奇跡なんて信じないと言ったリリーのために、ふたりのクリスマスの思い出を大晦日に再現したのでした。

『ダッシュ&リリー』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

以上、ここまで『ダッシュ&リリー』をレビューしてきました。

要点まとめ
・本屋で見つけた挑戦状
・お互いの背中を押す言葉
・周囲の協力と赤いノート
・ノートに書かれた言葉は、そのままの君

近くて遠いふたりの距離

大好きなクリスマスを目前に家族がそれぞれの計画に忙しくひとり取り残されたリリーが、思いつきで、奇抜なチャレンジをノートに書いて本屋の棚にそっと置いてみたところから物語が始まる『ダッシュ&リリー』。

そんなリリーにダッシュは、頭がよく、ウィットに富んだ好敵手を見つけたと心が躍るのです。ダッシュとリリーの交換日記のユニークなところは、赤いノートの受け取るにはなにかのチャレンジをすること。

お互いに興味を持っていないと出来ない、ダッシュとリリーの交換日記の挑戦は、微笑ましくもあり、近くて遠い関係が、物語に緊張感を与えます。

人には優しく、思いやりを

『ダッシュ&リリー』は、定番のクリスマス・ムービーとは一味違った展開が楽しめる30分、8話構成の作品。物語では、ふたりが後半まで顔を合わせないことはわかってはいるものの、ダッシュからの視点、リリーからの視点とそれぞれの意外なエピソードが盛り込まれております。

ダッシュがわかっているのはリリーの名前だけで、リリーはダッシュの名前さえ知りません。

それでも、お互いが苦手を克服するきっかけを作っては応援することで、交流を深めます。

作品では、交換日記を追うだけでなく、ダッシュとリリーを支える家族や友達ノートの受け渡しに登場させて、ふたりを見守る様子が描いているのもポイント。

赤いノートがつないだのは、ふたりの心だけでなく、協力する周囲の思いやり。『ダッシュ&リリー』は、クリスマス精神にふさわしく、人には優しく、思いやりをもつ気持ちになる、素敵なストーリーです。

蔵商店

クリマスに湧くニューヨークの高揚する雰囲気もうまく取り入れた『ダッシュ&リリー』。クリスマス前の気分を盛り上げるにはぴったりのチャーミングな物語です。是非ご覧ください。
\\『ダッシュ&リリー』を見るならここ!!//

Netflixで見る