韓国ドラマ『ハイバイ、ママ!』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!キム・テヒ主演の感動のヒューマンファンタジー!

韓国ドラマ『ハイバイ、ママ!』あらすじ・感想!キム・テヒ主演の感動のヒューマンファンタジー!

出典:Netflix

韓国ドラマ『ハイバイ、ママ!』はキム・テヒが5年ぶりに女優復帰し、かわいい女の子のソウ役の子役が実は男の子ということで話題となった作品です!

突然の事故で娘と夫、愛する人たちとの別れもできないままこの世を去ったチャ・ユリ。

しかし、5年後に愛する人たちの前に現れたのです。

49日間の期限付きの人間生活を描いた作品です。

ポイント
  • 与えられた時間を最大限愛する人たちと過ごすヒューマンファンタジードラマ
  • 切なさで涙が止まらない
  • 家族愛、母性、友情を描いた心温まる作品

tataちゃんtataちゃん

それでは『ハイバイ、ママ!』をネタバレありでご紹介します!毎話泣く覚悟で鑑賞してください!
\\『ハイバイ、ママ!』を見るならここ!!//

独占配信のNetflixで見る

韓国ドラマ『ハイバイ、ママ!』キャスト

キム・テヒ / 役:チャ・ユリ

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

  • 妊娠中に交通事故にあい、娘と夫を残しこの世を去る
  • 成仏できず娘をそばで見守っていたため、夫が再婚したことなど全て知っている
  • ある日、49日間だけ人間に戻ることができた
  • 人間に戻っている期間は、保育園の調理補助、ソウの送迎係をする

イ・ギュヒョン / 役:チョ・ガンファ

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

  • 胸部外科医
  • 妻のチャ・ユリを亡くした後、大学の後輩だったオ・ミンジョンと再婚
  • ユリを亡くしたトラウマで手術ができなくなってしまう

コ・ボギョル / 役:オ・ミンジョン

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

  • 元看護師
  • 大学生の頃ガンファに片想いしていた
  • チョ・ガンファと結婚し、ソウの継母

ソ・ウジン / 役:チョ・ソウ

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

  • ガンファとユリの実の子で保育園に通っている
  • 生まれた頃から幽霊のユリが側にいたせいで幽霊が見える
  • ミンジョンが本当の母親だと思っている

シン・ドンミ / 役:コ・ヒョンジョン

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

  • ユリの親友で姉妹のような仲だった
  • ヨイドのブルース・リーと呼ばれていた
  • 居酒屋を営んでいる
  • ガンファと仲の良い精神科医の夫を持つ

韓国ドラマ『ハイバイ、ママ!』あらすじ【ネタバレなし】


外科医ガンファ(イ・ギュヒョン)との子どもを妊娠中だったチャ・ユリ(キム・テヒ)は突然の事故で命を落としてしまいます。

亡くなった後、ユリは成仏できないまま幽霊として娘の成長を見守ったり、自分の大切な人たちの側で過ごしていました。

彼女は幽霊なので、誰にも見えない存在のはずでした。

しかし、生まれた頃からユリが側にいたので、娘のソウ(ソ・ウジン)には幽霊が見えるようになってしまったのです。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

一方、突然ユリを失ったガンファは、ユリを亡くした悲しみから抜け出せないままでしたが、オ・ミンジョン(コ・ボギョル)と再婚をしました。

街中で親子の姿を見て羨ましく思うユリは、神様へ泣きながら文句を叫びます。

すると、ユリは人間に戻ったのです!

しかし、人間でいれる期間は49日間だけ…。

その理由は、49日間で元の居場所を取り戻せば、そのまま生きられるという神からの試練を与えられたからでした。

ある雪の降る日、家族3人で出かけていたガンファはユリに似た人とすれ違います。

ガンファは、すれ違った人が元妻のユリなんじゃないかと考えるように…。

そして、公園でユリがソウを抱きしめている場面を目撃します。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

ユリは再婚した夫ガンファの妻として、ソウの母親として戻れるのでしょうか。

そして、ユリとミンジョン、ガンファが保育園で対面してしまいます。

【ネタバレ】韓国ドラマ『ハイバイ、ママ!』感想

tataちゃんtataちゃん

ここからは、全話を通して印象に残った部分を、ポイントごとに感想として残したいと思います。

ユリを亡くした家族の傷

ユリは父、母、妹の4人で暮らしていました。

ユリが生きていた頃の家族は毎日笑顔であふれていました。

ユリの家族はユリが亡くなって5年経っても、ショックから抜け出せていません。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

ユリの両親は、ミンジョンを母親だと思っている孫のソウに会いたい気持ちを抑えて生活しています。

ユリは生き返ってから、家族には隠れて生活していました。

しかし、ある日夜道でユリが号泣し、ヒョンジョン(シン・ドンミ)が慰めているところに、ユリの母が遭遇!

そして、家族とも再会するのです。

tataちゃんtataちゃん

抱き合って寝ようとする家族4人の姿がとっても愛おしいです。

ガンファとユリの関係

突然、ユリを亡くしたガンファは、ユリの後を追いたい気持ちでしたが、悲しみに背を向けてソウを育てながら生きてきました。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

再婚して幸せに生きるガンファでしたが、ユリへ罪悪感と申し訳なさを感じていたのです。

ユリが生き返ったことで、ガンファの頭の中はユリのことでいっぱいでした。

tataちゃんtataちゃん

自分がユリを殺してしまったと思い続けるガンファを見ていると、切ない気持ちで涙が止まりませんでした。ガンファの優しさも感じます。

ガンファは医者でありながら、ユリを亡くしたトラウマで5年経っても手術室へ入ることができませんでした。

そのせいで懲戒処分となってしまいますが、ユリからの言葉で「前を向かないと」と思うようになります。

しかし、再起をかけた手術で、手術室へ入って10分経たないうちに発作が起きてしまいます。

ユリは幽霊の時から、ガンファが発作が起きた時に1人になる場所を知っていました。

生き返った後もユリはガンファの発作が起きた時、落ち着くまで側にいて上げます。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

tataちゃんtataちゃん

ガンファは、自分の人生を歩むべきかもと思いながらも、心の奥ではユリへの罪悪感を消してしまうことを申し訳なく思っているんですね。

生き返ったユリの49日間

神様へ悪口を叫んだ後に、人間に戻ったユリ。

ユリは、自分のせいで幽霊が見える様になってしまったソウに幽霊が近づかないよう49日間を過ごします。

ソウを保育園から連れ出したことがきっかけで、ユリはガンファと対面してしまいました。

ユリはソウの通う保育園で調理補助の仕事をし、ソウの送り迎えもします。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

ガンファの妻ミンジョンは彼女がユリに似ていると思いながらも、まさか生き返ったとは思ってもいませんでした。

そして、ユリは姉妹のように仲の良かったヒョンジンと保育園で対面してしまいます。

tataちゃんtataちゃん

隠れて過ごすはずでしたが、だんだんユリと仲の良かった人たちに事実がバレていきます。実際ありえないことなのに見入ってしまいます。

しかし、ユリは元の場所に戻ろうとは思っておらず、ソウが幽霊を見ずに生活できる様になったらすぐに消えるつもりでした。

なので自分の両親・妹には合わないつもりでいたのです。

49日後も生き続けてほしいと思うヒョンジョン。

しかし、ユリは「ミンジョンはガンファが愛している人だから、と自分の居場所を取り戻す気持ちはないこと伝えます。

tataちゃんtataちゃん

愛する人が泣いてる姿ではなく、幸せに笑って過ごしてほしいと思う気持ちに涙が止まりませんでした。

ユリはヒョンジョンにだけ今まで幽霊だったこと、ソウに幽霊が見えること、そのために49日間母親としてできることをしたいと思っていることを伝えます。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

tataちゃんtataちゃん

49日間という期限があることをヒョンジョンしか知りません。今後、夫や娘はどうなっていくのか。49日後にユリが人間として生きているのか、気になりますね。

ソウの側で過ごすうち、にユリが感じたことがあります。

それは、ソウが一番好きな人は母親のミンジョンだということです。

ソウが一番笑顔になる瞬間は、母親が帰ってきた時でした。

ソウの大事なものを奪う訳にはいかないと、ガンファの妻に戻らないことを改めて決意します。

tataちゃんtataちゃん

自分の子だからこそ、大切なものは奪えない。生き返って嬉しかったはずが、辛い思いの方が多いですね。

さらに、ユリは自分が生き返ったせいで、たくさんの人を苦しませていると感じるようになります。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

ユリの家族とヒョンジョンの5人で夕食を食べた時に、みんなで写真を撮りました。

その写真を見返してユリは「私も生きていたい」と、1人で本音を呟きます。

tataちゃんtataちゃん

友人や家族、自分の夫、娘と時間を過ごしてしまったら、このままみんなと過ごしたいと思ってしまいますよね。

ユリの生きていられる期間が残り少なくなった時、ユリは霊媒師に「このまま生きていたい」と訴えます。

ガンファはソウとシール遊びをしていた時、ソウが家族写真にシールを貼り「チャ・ユリ」と言いました。

給食室の送り迎えの人がユリだとわかっているソウに、ガンファとユリは驚きを隠せません。

そして、ついにガンファは今までユリが幽霊として側にいたこと、再びユリが死んでしまうことを知ってしまったのです。

ユリはガンファが1人で泣く姿を見ていることが一番辛かったこと、自分を責めないで、ユリの存在に縛られずに生きてほしいと伝えました。

そして、自分のせいでソウに幽霊が見えることも打ち明けます。

tataちゃんtataちゃん

死んだはずの愛する人が生き返ったのに、また会えなくなるなんて悲しすぎますよね。ユリとガンファが一緒にいられたらどれだけ良かったかと思ってしまいます。

ガンファはユリとユリの家族のことを考え、ソウをユリの実家で1日預かってもらったり、ユリと3人で遊園地に遊びに行ったりしました。

tataちゃんtataちゃん

ユリが亡くならなければあるはずだった家族の姿です。ガンファの優しさでみんなに良い思い出ができたと思います。

生き続けたいと考えるようになったユリでしたが、霊媒師からユリが生き続けると、ソウはずっと幽霊を見てしまうことが告げられました。

ユリにとって、自分自身よりもソウの人生が大事です。

ユリはソウが夢を持って生きられるように、今までの居場所に戻らないと決心します。

生き続けない決心をしたユリは、残された時間を大切な人たちと過ごしました。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

そして、ソウに「生まれ変わっても、私のところに生まれてきてね」と告げ、笑顔でお別れをしたのです。

再婚したガンファとミンジョン夫婦

ユリが亡くなってからガンファはミンジョンと再婚しました。

結婚初期、ソウの本当の母親になりたいと思ったミンジョンは、看護師をやめて家庭に入ることにします。

しかし、保育園の母たちに「ソウと似てない」「本当の母親じゃない」と陰で言われ、自分の努力だけではどうにもできないことがあると痛感していました。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

ガンファは、ユリが生き返ったことをミンジョンに伝えず生活しています。

ミンジョンは生き返ったとは知らず、知り合ったユリとソウの顔が似ていることを羨んでいました。

ソウは保育園の他の母親から「言葉の発達が遅い」と言われていました。

気になったミンジョンがソウを検査に連れていくと、発達障害があると判断されます。

検査を受けたことをガンファに相談すると、「成長のスピードは子供によって違うから心配することない」と言われてしまいます。

いつもガンファは「ごめん」と「大丈夫」ばかり言って、ミンジョンに対してソウの育児のことを責めることをしません。

他の家庭は子供に何かあれば母親を責めるのに、ガンファはミンジョンを責めなかったので、「私は本当にソウの母親なの?チャ・ユリのことを何も話してくれないから本当の母親になれない」とミンジョンは泣いてしまいます。

そして、ついにガンファはソウのお迎えの人が実の母親チャ・ユリで、彼女が突如生き返った、と本当のことを話したのです。

tataちゃんtataちゃん

ミンジョンはこの発言を信じられませんでした。本当のガンファの妻でソウの母親だと思うと、ミンジョンも自分の居場所が奪われる恐怖は感じますよね。

ユリが生き返った事実を知ったことで、ガンファとミンジョンの夫婦関係にもヒビが入ってしまいます。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

ミンジョンは、ガンファに「別れてあげる。あなたを捨ててあげる」と告げてしまいます。

tataちゃんtataちゃん

それぞれの登場人物の目線に立つと切なすぎて、何が最善なのかわからなくなってしまいました。

ユリ、ヒョンジョン、ミンジョンの3人の関係

保育園の参観日の夜。

ヒョンジョンの居酒屋で、ユリ、ヒョンジョン、ミンジョンの3人だけというシチュエーションになってしまいます。

無言でお酒を飲んでいたユリとミンジョンでしたが、酔いが回ったミンジョンは「本当にそっくり。どこをどう見ても同じにしか見えない」とユリに話し始めました。

近所付き合いもしないミンジョンでしたが、ユリと話すうちに無意識に笑って会話するようになります。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

3人でお酒を飲むようになり、ミンジョンは2人と友達になりたいと思うようになりました。

仲が深まったユリ、ヒョンジョン、ミンジョンは、保育園で悪口ばかり言う母親3人に反撃します。

tataちゃんtataちゃん

3人でサングラスかけて颯爽と歩く姿がかっこいいです!そして、キッズスペースで戦う姿にスッキリしました!

ミンジョンにとって2人は貴重な友達になりました。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

3人でお揃いの友情ブレスレットを買いましたが、その後ユリの事実を知ったミンジョンはそれをユリに渡すことができません。

tataちゃんtataちゃん

本当のソウの母親ということを知ってしまうと、これまでの仲良かった関係をなかったことにしたい気持ちになりますよね。

ミンジョンは本当のソウの母親であるユリに、手紙を書いてお別れを告げます。

tataちゃんtataちゃん

ユリが生きたままだったら、ミンジョンも笑顔で過ごせただろうなと感じました。涙を流しながら手紙を書くミンジョンに、ユリのことが本当に好きだったんだなと感じましたね。

日々を大切に生きること

ユリが生き返ったのは、母が5年間1日も欠かさず娘に1度でいいから会いたいと祈り続けた思いが神様へ届いたからでした。

生き返ったことは罰でも褒美でもなく、誰にも挨拶できずにこの世を去ったことへのプレゼント。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

そして、夢のような49日間を過ごしたソウは、ユリがいたことを忘れずに成長します。

tataちゃんtataちゃん

ソウと遊ぶユリの姿を見ているガンファや、手術できず傷が癒えていないガンファを見ていると、亡くなってしまった後もユリを思い続けたガンファの気持ちが伝わってきました。

毎話、現在だけでなく生前のユリとガンファの関係性や家族・友人関係も描かれていて、2人の仲の良さやユリの存在の大きさが理解しやすく、現在のミンジョンとガンファの関係の違いがハッキリと伝わる作りになっています。

ユリの言葉から、1日1日を大切に生きることや、大切な人にちゃんと想いを伝えておくことの大切さを考えさせられたドラマでした。

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

ユリだけでなく出てくる幽霊たちは、みんな家族のことばかり思って側にいます。

tataちゃんtataちゃん

「親にもらった人生」ということを、改めて考えさせられました。
ユリによって、気づかされたこと
  • 明日何が起こるかは誰にも分からない
  • 事故のニュースを見てもいつか自分が巻き込まれるなんて思っていない
  • 死に直面した時に考えるのは家族のことだった

tataちゃんtataちゃん

自分自身も当たり前だと思わずに、1日1日ちゃんと伝えたいことは伝えて生きなきゃなと感じました。

韓国ドラマ『ハイバイ、ママ!』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想まとめ

『ハイバイ、ママ!』

出典:IMDb

『ハイバイ、ママ!』は毎回ハラハラドキドキ、笑える場面もたくさんありますが、1話1話全て涙が止まらない作品です。

ぜひご覧ください。

\\『ハイバイ、ママ!』を見るならここ!!//

独占配信のNetflixで見る