ドラマ『武士スタント 逢坂くん!』 第7話 逢坂くんのリベンジ始動! でも描けない・・・。

出典:武士スタント 逢坂くん!公式ページ

出典:武士スタント 逢坂くん!公式ページ

逢坂くん(濱田崇裕)は、丹内(久保田紗友)と共に漫画を作ると決め、鶯谷(高嶋政宏)にリベンジするネームを作り始めます。

しかし、これまで『春』を描いてきた逢坂に、丹内は『エロ禁止』を命じます。

逢坂は、春なしで令和の世にウケる作品を考えることに四苦八苦。

見かねた瀬戸(長井短)が逢坂に好きを突き詰める大切さを教えてくれました。

それによって描かれた画は春爛漫。

「本当にやる気はあるんですか?」と呆れる丹内と、「そっちの方が逢坂くんらしい」と主張する瀬戸の間に、対立が生じてしまったのです!

\\『武士スタント 逢坂くん!』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

ドラマ『武士スタント 逢坂くん!』前回振り返り

逢坂くん(濱田崇裕)は、かつて自分を処刑しようとした鶯谷公にそっくりな男(高嶋政宏)と遭遇します。

まさか逢坂を追ってきたのか?と身構える逢坂でしたが、彼は鶯谷の子孫で漫画編集者の鶯谷明喜という人物でした。

しかし、鶯谷は『新人つぶしの鶯谷』と呼ばれるほど厳しい人でした。

鶯谷に「自分の好きなものを描くべきではない」と言われた逢坂は、今まで師匠たちに言われていたことと正反対のことを言われ戸惑います。

そして、令和には自分の画が残っていないことに傷ついた逢坂は、もやはこれまでと画の道を諦めようとしますが、丹内(久保田紗友)に励まされ再びまん画道を歩む決心をしたのでした。

\\『武士スタント 逢坂くん!』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る

【ネタバレ】ドラマ『武士スタント 逢坂くん!』第7話あらすじ・感想


ネーム作り

 

一度は諦めたものの、気持ちを新たに漫画道を歩むことに決めた逢坂くん(濱田崇裕)。
共に歩むのは、丹内(久保田紗友)です。

moyoko

憧れの丹内殿と二人三脚です!

2人は早速ネーム作りを始めました。
逢坂が描いたまん画を真剣な顔で読む丹内。

moyoko

ネームは漫画家と編集者との真剣勝負なのです。

そして一言。

「全体的によく分かりません」

ズバリと袈裟斬りされる逢坂。
丹内はさらに「意味不明」「もっとキャッチーな要素を入れた方が」と容赦ありません。

丹内は、鶯谷(高嶋政宏)が逢坂にエロを禁じたことから、今回はエロを封印し侍が主人公のバトルファンタジーを描いてみてはどうかと提案しました。

moyoko

逢坂くんの中にはほとんどなさそうな要素ですが、どうなるでしょうか?

描けない・・・。

早速エロを封じた新しいストーリーを考え始めた逢坂ですが、困ったことに全く思い浮かびません。

moyoko

そもそも、現代のこともまだよくわかっていないですしね。

宮上(今井隆文)や緋村(森本慎太郎)は忙しそうにしているので、アドバイスを請うことが出来ません。
その時、瀬戸(長井短)の姿が目に止まりました。

瀬戸は、何も考えずに描いてみろと言います。
そして逢坂を裸にし、余計なことは忘れろと暗示をかける瀬戸。

そして、無になった逢坂が描き上げた画は、うねり物の春画でした。

moyoko

やっぱり、逢坂のベースはあくまで「春」なのですね。

その後瀬戸と逢坂はその春画に、瀬戸が作ったとっておきの『男根スタンプ』を押して遊びました。

moyoko

逢坂くんは、自由に画を描く喜びを思い出しました。

丹内VS瀬戸

翌日、宮上の仕事場にやって来た丹内は、その春画を見て「もっと真剣にやりたい」と怒り出しました。

それを見た瀬戸が逢坂をかばったことで、2人は揉め出してしまいます。

moyoko

宮上先生と緋村は、女同士のバトルに怯えるばかりです。

間に挟まれた逢坂はパニックに。
見かねた宮上は、突如、夏を理由にバーベキューに行くと言い出しました。

ところが、そのバーベキュー場でも、丹内と瀬戸はギクシャクしています。

逢坂は、2人の間で飛び散る火花を見て、丹内と瀬戸が斬り合う妄想に取り憑かれてしまいます。

moyoko

遂には、宮上が被害に遭うところまで妄想が進んでしまいました。

逢坂は再びパニックになり、謎の叫び声を上げて走り出してしまいました。

moyoko

悩める男の叫びです。

背中の押し方

瀬戸はただ、逢坂が悩みすぎて描けなくなっていたから、そこまでやらなくてもと思い逢坂に好きな絵を描かせたのだと言います。

丹内は、逢坂を苦しめてしまったのかと落ち込みますが、丹内の真剣な気持ちを理解している宮上は、間違っていないと励まします。

「後は背中の押し方だよね」

漫画家にとって、最初のネームは大事な作品になります。
宮上は、逢坂くんにとっても忘れられないものになるといいと願っていました。

moyoko

この件で、逢坂くんに気づきはあったでしょうか?

ラブコメへの挑戦

逢坂は、その後侍が裸で斬り合うというバトル漫画を丹内に見せました。

板挟みという極限状態を経て、逢坂は一つの境地に辿り着きます。
逢坂が学んだもの、それは「忖度」!!!

moyoko

逢坂くんは、丹内と瀬戸の考えのちょうど良いところを取って、漫画にしました。

ところが、丹内はそのネームを見て「酷い」と一刀両断します。

moyoko

どっちつかずで一番中途半端だと。そりゃそうですね。

そこで丹内は、逢坂の原点になるものを描いてみようと、ラブコメを提案しました。
ラブコメなら、逢坂の強みである『春』を活かすことが出来ると考えたのです。

逢坂は、雷に撃たれたような衝撃を受けました。

「逢坂が逢坂を疑ってはならぬ、春を諦めてはならぬ!」

moyoko

こうして、逢坂くんはラブコメに挑戦することになりました。

それから逢坂のペンには迷いはありませんでした。
その志が新たなる漫画道を切り開いたかのように見えたのですが・・・。

いざ出陣!

逢坂は、渾身のラブコメ漫画を鶯谷に見せると、鶯谷は烈火のごとく怒りだし、ネームをビリビリに破いてしまいました。

「俺はラブコメが大嫌いなんだ!!!」

その鬼のような形相は、鶯谷の先祖である鶯谷公にそっくりでした。

ところが、鶯谷の元にある女性社員がやって来た時、鶯谷の様子が一変します。

moyoko

明らかに声が小さくなり、モジモジしています。これはまさか・・・?

その様子を、逢坂、丹内、宮上は呆気に取られながら見つめていました。

ドラマ『武士スタント 逢坂くん!』 第7話 ネタバレ・感想&まとめ

今回は、ネーム作りに真剣な丹内殿と好きな物を描かせたい瀬戸の間で女のバトルが勃発し、逢坂を含めた男性陣はブルブルと震えるばかり。

それもこれも、皆逢坂くんに良い漫画を描かせたいという想いから来ていることです。

皆さん優しいですね!

そして、ラブコメ嫌いだという鶯谷が、実は恋をしていることがわかりました。

これはラブコメのネタになりそうですね!

次回は鶯谷の恋の行方に注目です!

\\『武士スタント 逢坂くん!』を見るならここ!!//

2週間無料のHuluで見る