『バブル・ボーイ』あらすじ・ネタバレ感想!ジェイク・ギレンホール主演!元気が出る青春ラブコメ

『バブル・ボーイ』あらすじ・ネタバレ感想!ジェイク・ギレンホール主演!元気が出る青春ラブコメ

出典:クランクイン!ビデオ

『バブル・ボーイ』はテンポ良く気軽に楽しめる作品。

その一方で自分の人生を見直すきっかけにもなる、印象的な映画です。

ポイント
  • 無菌室でしか生きられない少年が外の世界へ
  • 人生を考えるきっかけにもなる

それでは『バブル・ボーイ』ネタバレありでレビューします。

\\『『バブル・ボーイ』』を見るならここ!!//

今すぐ無料でTSUTAYA TVで見る

『バブル・ボーイ』作品情報

作品名 バブル・ボーイ
公開日 劇場未公開
上映時間 84分
監督 ブレア・ヘイズ
脚本 シンコ・ポール
ケン・ダウリオ
出演者 ジェイク・ギレンホール
スウージー・カーツ
マーリー・シェルトン
ダニー・トレホ
ジョン・キャロル・リンチ
ヴァーン・トロイヤー
デイヴ・シェリダン
ブライアン・ジョージ
音楽 ジョン・オットマン

【ネタバレ】『バブル・ボーイ』あらすじ・感想


無菌室でしか生きられない少年

主人公のジミーは、生まれた時から無菌室でしか生きられない体です。

自宅の部屋には大きな風船状の無菌室があり、ジミーの世界はその風船の中だけ。

与えられるものは全て除菌され、知識や情報もジミーを溺愛する母親からのみという状況です。

良く言えば素直、悪く言えば世間知らずに育ったジミーは、隣人のクロエに恋をします。

クロエもジミーのことを好きになるのですが、ジミーは自分の気持ちを言い出せず、クロエはマークと結婚することになりました。

クロエに自分の気持ちを伝えたい。

そう決心したジミーは、自分の体を覆うだけの小さな風船(無菌室)を作り、初めて自分の足で外に踏み出したのでした。

『バブル・ボーイ』

出典:IMDB

バブルボーイと呼ばれながら、ジミーは様々な人に出会い、助けられ、自身はもちろん、出会った人々の運命をも変えていきます。

とーるとーる

素直で無邪気で世間知らずのジミーだからこそ、ジミーの言葉や行動は人を動かし、そして見ている私たちの心にも染みるのでしょう。

ジミーのように無邪気に生きるのは私たちには難しいかもしれませんが、ジミーが持っている素直さや好奇心は忘れたくないものです。

ポップな世界観

『バブル・ボーイ』の、無菌室でしか生きられない設定というのは、それだけで重いテーマにもなります。

しかし『バブル・ボーイ』はそれを逆手に取り、社会で目立つ存在、自分のアイデンティティといった捉え方をしているように思われました。

一見すればマイナスに感じられる「無菌室でしか生きられない体」は、ジミーにとって大した問題ではないような印象でした。

『バブル・ボーイ』

出典:IMDB

もちろん、クロエを直接抱き締められないという葛藤はあるようですが、ジミーがクロエの結婚式を止めに行く大きな理由は「自分の気持ちを伝えていないから」なのです。

とーるとーる

大きな風船が道路をコロコロ転がり、ポンポンと跳ね、モッシュされる様子はコミカルで面白いです。その度にジミーが嬉しそうな声や驚きの声、時には助けを求めて叫んでいるのですから、余計に笑いがこみ上げてきます。

さらに『バブル・ボーイ』を彩るBGMも、世界的に有名な曲がいくつも使われており、私たちをより深く作品の世界に引き込んでくれます。

特に『ロッキー』のテーマは何度も使われ、ジミーが自分を奮い立たせる様子がひしひしと伝わってくるのでした。

ちなみにジミーを演じるジェイク・ギレンホールは、役柄の独特な髪型や演技のお陰で非常に幼く見えます。

『バブル・ボーイ』

出典:IMDB

とーるとーる

可愛いと言えば可愛いのですが、幼いと言った方が的確な気がするのは私だけではないでしょう。特に歩き方は顕著で、たどたどしい歩き方は見ている側の庇護欲をそそります。

ゆえに最後のシーンでは、ジミーの爽やかさや大人っぽさに余計ハッとさせられます。

ジェイクの演技力の高さをうかがえた瞬間でした。

初めての世界

初めての世界に触れるというのは、誰しも不安や緊張があるものです。

身近な例で言えば、学生であればクラス替え、社会人であれば初めての職場や転職、他にも初めて行く店や初対面の人など、生きている限り「初めて」という体験はいくつも経験します。

とーるとーる

「初めて」は往々にして怖いものです。

しかしジミーは、初めての世界を恐れることなく、むしろ目をキラキラと輝かせて一歩を踏み出しました。

『バブル・ボーイ』

出典:IMDB

それは、ジミーが世間知らずだからという要因もあるでしょう。

とーるとーる

しかし、初めての世界に期待の眼差しを向け、全てに喜びを感じるジミーの姿は、私には非常に羨ましく見えました。怖がることなく、好奇心と輝く瞳で初めての世界に触れるジミーは、明日からの生き方をちょっとだけ変えてくれるものかもしれません。

アームストロングは月に到着しただけじゃない

『バブル・ボーイ』で印象に残っているシーンとセリフがあります。

それは、ジミーの父親が言った「ニール・アームストロングは月に到着しただけじゃない。月面に一歩を踏み出したんだ」というセリフです。

そのあと父親はジミーの座る後部座席のロックを外し、ジミーは一度は諦めたクロエのいる世界へと再び戻っていきました。

とーるとーる

これはジミーにとって、自分の人生を変える一言だったに違いないでしょう。そして同時に、父親の人生を変える一言でもあったと思うのです。

『バブル・ボーイ』の中で、ジミーの父親はジミーの母親の言いなりになっているような印象があります。

そんな父親が、初めてジミーのためを思い、母親の指示を無視したのがさっきのシーンです。

最後のシーンでも、無菌室を出て倒れたジミーにすがりつく母親に、本当のことを話すよう諭したのは父親でした。

本当は外に出ても問題のない体になっていたのに、母親のエゴで外に出られなかったジミー。

そんな母親を止めきれなかった自分に対して、父親は罪悪感は抱いていたのでしょう。

『バブル・ボーイ』

出典:IMDB

とーるとーる

きっと父親は、ジミーが一人立ちしたことを喜んでいたはずです。だってジミーが初めて家の外に出ようとしていたとき、眠っていた父親は一度起きたものの、ジミーの嬉しそうな声を聞くと幸せそうに笑って眠りに就いたのですから。

文句なしのハッピーエンド

結局、ジミーは外の空気に触れても問題のない体ということで、クロエと結婚式を挙げました。

とーるとーる

私としてはジミーはずっとバブルボーイでいてほしかったような気もするのですが、物語としてはハッピーエンドのめでたしめでたし。

それに、ジミーの見た目はバブルボーイじゃなくなったとしても、中身はきっと変わらないと信じています。

ずっと無邪気で素直で世間知らずでいてほしいものです。

とーるとーる

個性的な友人もたくさんできましたしね。

『バブル・ボーイ』は自分の生き方を振り返るきっかけになり、これからの生き方を考えさせてくれる映画だと思います。

また、見た目が違っても大事なのは中身であることや、自分の人生は誰かに支えられていること、自分もまた誰かの人生に影響を与えていることなどを伝えてくれました。

もちろん、ラブコメや青春コメディとしても楽しめる作品です。

『バブル・ボーイ』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

『バブル・ボーイ』

出典:IMDB

以上、ここまで『バブル・ボーイ』をレビューしてきました。

要点まとめ
  • 一歩を踏み出す勇気を与えてくれる
  • 飽きることのない展開と文句なしのハッピーエンド
\\『『バブル・ボーイ』』を見るならここ!!//

今すぐ無料でTSUTAYA TVで見る