ドラマ『ボクの殺意が恋をした』 第9話 遂に真実が明かされる!詩織が取った行動とは!?

出典:ボクの殺意が恋をした公式ページ

出典:ボクの殺意が恋をした公式ページ

柊(中川大志)が鳴宮美月殺害未遂の容疑で指名手配されてしまいました。

丈一郎(藤木直人)は、詩織(水野美紀)の策略だと考えます。

詩織はSOSを使い、指名手配をされて身動きが出来なくなった柊たちを皆殺しにするかもしれない。

そう考えた丈一郎は、風岡(中尾明慶)に事情を話し、鳴宮美月の引退会見を開くと告げます。

丈一郎は、詩織を止めるために自分が捕まる覚悟を決めていました。

一方、詩織を憎み切れない柊と兄を殺した詩織を絶対に許せない葵(新木優子)の間で、次第にすれ違いが生まれてしまい・・・。

『秘密編』のクライマックスへ繋がる第9話です。

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る

ドラマ『僕の殺意が恋をした』 前回振り返り

柊(中川大志)をかばって撃たれた葵(新木優子)は、病院へ運ばれますが、意識が戻らず危険な状態が続いていました。

葵を守れなかったことを流星(鈴木伸之)から攻められた柊は、失意のまま自宅に戻ります。そこには、なんと丈一郎(藤木直人)の姿が!

柊は混乱しますが、丈一郎が殺されたフリをしていたのは、千景(田中みな実)と共に詩織(水野美紀)を試す作戦でした。

丈一郎と柊は、詩織に狙われている葵を助け出そうと計画を練ります。

詩織が差し向けた殺し屋を倒しながら、無事葵を連れ出した2人ですが、詩織は柊を指名手配するのでした。

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る

【ネタバレ】ドラマ『ボクの殺意が恋をした』9話 見どころ・あらすじ・感想


指名手配

葵(新木優子)を連れ出したその夜、柊(中川大志)は、鳴宮美月殺害容疑で指名手配されてしまいました。
それを知った葵は激しく動揺します。これが詩織(水野美紀)の策略だと考えた丈一郎(藤木直人)は、風岡(中尾明慶)を呼び出し、千景(田中みな実)と共にこれまでのことを説明しました。

moyoko

ポンコツに見えて優秀な風岡さんは、瞬時に事情を飲み込みました。
そして、葵の兄・武尊(小池徹平)とは同期だったことがわかります。

詩織がSOSを使って、指名手配され身動きが出来なくなった柊たちを始末するかもしれないと考えた丈一郎は、ある計画を立てました。

それは、鳴宮美月の引退会見を開き、そこで柊と無実を証明しつつ、丈一郎とSOSの存在について明らかにして、詩織の不正を明かにするというものです。

moyoko

丈一郎は、これ以上詩織に手を汚させないように、自分が殺し屋として捕まる覚悟を決めていました。

憎めない心許せない心

丈一郎たちの話は、莉奈(松本穂香)に盗聴されていました。
そこに流星(鈴木伸之)が現れ、莉奈に手を組もうと持ち掛けます。

moyoko

流星は、失恋がこじれて「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」と、柊と葵を亡き者にしようとしているのです。

一方葵は、再び丈一郎を失ってしまうかもしれない柊を気遣います。
柊は、詩織にこれ以上罪を重ねてほしくない丈一郎の気持ちがわかると言います。

moyoko

柊には、自分に向けた詩織の気持ちが、全て嘘だったとは思えないのです。

しかし、葵は兄を殺した詩織のことがどうしても許せず、詩織をかばう柊の気持ちが理解できません。

moyoko

2人はケンカのようになってしまいました。

そんな中、莉奈が柊を訪ねてきました。
丈一郎は、柊と莉奈に、莉奈の父・藤堂繁信の家に出入りしていたのは、暗殺目的だったと明かします。
丈一郎は、莉奈を親を亡くした柊に重ね、繁信を殺すことが出来ませんでした。
そして、繁信に財産を全て明け渡すことを条件に見逃し、詩織にリストから外してもらったといいます。

流星の取引

一方、流星は詩織に、再び自分を雇うように持ち掛けていました。
詩織は一度裏切った流星を信用していませんでしたが、流星は莉奈のこけしを通して丈一郎たちを監視していました。

「もし僕を雇うなら、今度こそ誰だろうと殺す」

流星は、あらゆる危機管理に長けた丈一郎を、会見の日に連れ出すと約束しました。

莉奈は、丈一郎に父の一周忌に線香をあげて欲しいと頼み、帰っていきました。
莉奈の様子が変だと気がついた柊は、莉奈の後を追い「大丈夫?」と気遣います。

moyoko

しかし、莉奈にとってはその柊の優しさが痛いのでした。

詩織は莉奈を呼び出し、一族を守りたければ次こそ任務を遂行するように厳しく言いつけました。

「絶対にやるのよ!」

けじめをつける

その夜、柊は葵に、自分が一番葵の気持ちがわかるはずなのに、自分の気持ちばかり話してしまったことを謝ります。

「俺は俺のけじめをちゃんとつけるから」

そして会見の日。
会見には、千景と丈一郎が登壇し、葵は柊と一緒に身を隠すことになっていました。
葵はここまで協力してきたのにと納得がいきません。

moyoko

とはいえ、怪我をしている葵を会場に連れて行くわけにはいきません。

柊は、葵を一度でも本気で殺そうとした自分が彼女を好きになる資格はないと、身を引く決意をしていました。
葵も、自分の存在が柊を苦しめると思っていました。

moyoko

殺意を持ったこと、持たれたことをお互いにどうしても思い出してしまう。
2人は同時に離れた方がいいと感じていました。これがけじめです。

丈一郎と莉奈は会見の前に墓参りをしていました。
莉奈の目的は、丈一郎を会見場から遠ざけることでした。しかし、莉奈は丈一郎と話すうちに、全て打ち明けるべきかと考え始めます。

その頃、流星は会見場に、爆弾を仕込んだ『ハリネズミ探偵・ハリー』のぬいぐるみを持ち込んでいました。

会見中止

丈一郎は莉奈に、莉奈の父が所有していた倉庫に柊と葵を匿うように頼んでいました。
莉奈は、言われた通りに2人を案内しますが、そこには詩織が待ち構えていました。
柊は詩織に後ろから殴られて気を失ってしまいます。

会見が始まり、千景が自分が本物の鳴宮美月だと告白している中、丈一郎は柊と葵が詩織に人質に取られたことを知らされます。
さらに丈一郎の武器庫から証拠を持ち出し、流星が爆弾を仕掛けたことを明かし、会見の中止を要求します。

moyoko

詩織は、鳴宮美月を爆弾テロ犯に仕立て上げようとしているのです。

丈一郎は急いで会見を中止させ、ギリギリのところで爆発を阻止します。
そして、柊と葵が捕らえられている倉庫まで向かいました。

その頃詩織は、柊が葵と無理心中しようとしていたという筋書を用意し、柊に銃口を向けていました。

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』 第9話 ネタバレ・感想&まとめ

丈一郎と詩織の攻防戦は激化し、今回も最後の最後に詩織が優位に立ちました。

伝説の殺し屋である丈一郎が、莉奈の様子に気が付かないわけがないと思うのですが、本当に気が付いていないのでしょうか?

莉奈の父の倉庫に連れて行ったというのも、何かありそうな気がします。

次回はいよいよ最終回。丈一郎は詩織を止めることができるでしょうか?

そして、詩織の真の目的は?

最後まで目が離せません!

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る