ドラマ『ボクの殺意が恋をした』 第7話 遂に明かされる鳴宮美月の正体!

出典:ボクの殺意が恋をした公式ページ

柊(中川大志)に撃たれそうになるところを、流星(鈴木伸之)に助けられた葵は、千景(田中みな実)のもとへ連れて行きます。

一方、柊は詩織(水野美紀)から本物の鳴宮美月の正体を聞かされます。

葵は、兄の武尊(小池徹平)をSOSに殺され、復讐のために丈一郎(藤木直人)を狙っていたとのこと。

葵は、彼女自身の意志で、この計画に加わり、丈一郎を殺していたのです。

それまで葵を憎み切れずにいた柊ですが、今度こそ葵を殺さなければいけないと心に決めます。

すれ違った二人の運命は!?

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』 前回振り返り

柊(中川大志)は、葵(新木優子)が本当に丈一郎(藤木直人)を殺したのか確かめようとします。しかし、葵は何も言わずに柊を追い返します。

そんな中、柊の前に、突然柊の許嫁と名乗る財閥の令嬢・莉奈(松本穂香)が現れます。

一方、葵は漫画を休業し、水瀬千景(田中みな実)が用意したホテルに身を隠します。

詩織(水野美紀)は柊に、仇である葵をどうするのか、考えるようにと告げます。

柊は苦渋の決断を迫られます。

その時、葵から「私があなたの大切な人を殺した」との告白を受けます。

苦しみながら葵に銃を向けた柊。

引き金を引こうとしたその時、デス・プリンスこと流星(鈴木伸之)が葵を助けたのでした。

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る

【ネタバレ】ドラマ『ボクの殺意が恋をした』7話 見どころ・あらすじ・感想


本物の鳴宮美月

「あなたが本物の鳴宮美月だったのね」

詩織(水野美紀)が銃を向けた相手。
それは、チーフアシスタントの水瀬千景(田中みな実)でした。

moyoko

やはりそうでしたね!田中みな実さんの役柄にしては地味だと思っていました。

千景は、詩織が少し目を離した隙に姿を消します。

その頃、柊(中川大志)に撃たれそうになった葵(新木優子)は、デス・プリンスこと流星(鈴木伸之)に助けられます。

moyoko

柊は、流星の催眠ガスによって眠らされてしまいました。

葵は、流星を千景の元へ連れて行きます。

そして、目を覚ました柊は、詩織から鳴宮美月の正体を聞かされます。

鳴宮美月の計画

千景は、亡くなった葵の兄・武尊(小池徹平)をSOSに殺され、復讐のために丈一郎(藤木直人)を狙っていました。

moyoko

葵の兄が、千景の恋人だったのです!武尊は週刊誌の記者で、テロ組織の一員と言われていました。

葵は、丈一郎に殺された兄のために、自分の意志で千景の計画に加わり、丈一郎を殺していたのです。
そして、千景と共にSOSを潰そうとしているというのです。

その話を聞いた柊は、ますます混乱します。
詩織は、柊には葵を殺せないと判断し、新しい殺し屋を派遣すると告げます。
柊は、今度こそ葵を殺さなければいけないと思い詰めます。

moyoko

ちなみに、事の真相を知ったデスプリンスは、騙されていたことに驚きますが、運命のいたずらだと言って葵を受け入れました。

武尊の万年筆

葵は、柊が実際に自分を殺そうとしていたこと、でもそこに葛藤があったことを実感し、柊と同じように葛藤を抱えていました。
葵を守って欲しいと千景に頼まれた流星は、そんな葵に寄り添います。

一方、柊は警察からの電話を受け、呼び出された場所に行くと、莉奈(松本穂香)が路上でこけしを売ろうとしていたところを、警察に注意されていました。

moyoko

しかも、法外な値段で売ろうとしています。本人曰く、「ビジネスにチャレンジしてみた」そうです。

その頃千景は、葵の仕事部屋に入って、復讐計画のカギとなる武尊の万年筆を探していました。
そこに風岡(中尾明慶)が入ってきます。風岡は、千景と葵が何か隠し事をしていることに気がついていました。

moyoko

風岡さん、何も考えていないポンコツキャラですが、意外と出来る人なんですね。

丈一郎の想い

莉奈は、丈一郎が莉奈を柊の許嫁にした理由を語ります。
丈一郎は、肉親がない柊のために、少しでも居場所を作ってあげようとしていたのです。

moyoko

ちょっとズレていますが、丈一郎の愛は伝わります。

そんな中、突然流星が柊の元へやってきました。
流星は、自分が葵を守ると宣言します。

moyoko

何故か、ギターを奏でながら話をしています。これがデス・プリンスです。

そして、流星は、柊に葵を殺す意志は変わらないのかと確認します。

「当然だ。丈さんを殺したやつは誰であろうと許さない!」

柊は、葵が兄を殺されて許せないのと同じで、自分も葵を一生許すことはないと言います。

その会話を、葵は流星から渡されたイヤホンで全て聞いていました。
葵は、柊が自分を許してくれないと分かっていたつもりでしたが、大きなショックを受けます。
葵の涙を見た流星は、葵を抱きしめ、全てをかけて守ると誓います。

moyoko

しかし、葵の胸に浮かぶのは、今まで自分を守ってくれていた柊の姿なのでした。

柊の葛藤

流星に強く宣言したものの、柊の中にはまだ葛藤がありました。
何故なら、自分と葵は同じだからです。

moyoko

自分が許せないように、葵も許せないということです。お互いその気持ちが痛いほどわかるのです。

「どうして一番好きな人を一番憎まなきゃいけないんだ!」

苦しむ柊を見て莉奈は、丈一郎の任務を引き継ぐことは、柊が丈一郎の死から進むために必要なことだから、応援すると言いました。

その後、千景が詩織と再び接触を図ります。
葵と流星は、京子の手術に付き添っていました。

丈一郎を殺した者

詩織は、千景に武尊が遺したデータがどこにあるのかと尋ねます。

moyoko

そこには、詩織の秘密が隠されているというのです。

「また殺すの?武尊の時みたいに」

実は、丈一郎を殺した真犯人は詩織でした。
詩織は自分の正義のためだと言いますが、丈一郎に自分の秘密を握った武尊を殺すように仕向け、丈一郎を殺した後は、その妹である葵を殺すように柊を仕向けました。
流星に葵を殺すように依頼したのも、詩織の仕業でした。

moyoko

詩織には、どうしても警察官よりも殺し屋の雰囲気しか感じなかったのですが、その違和感が的中しました。

丈一郎の殺害現場に残っている映像は、詩織が作ったフェイクでした。
葵の告白は、葵が柊に全て打ち明けようとしていることを知った詩織が、母親を盾に葵を脅してさせたものでした。

丈一郎を殺したのは「仕方がなかった」と話す詩織に、千景は全てを明らかにすると宣言します。

私は殺してない!

葵の母の手術は無事に成功し、葵はホッと胸をなでおろします。
付き添っていた流星は葵に、柊に本当のことを話すように勧めます。

しかし、柊の清掃会社に行くと、柊は葵に会いに行くと言って出て行った後でした。

moyoko

柊は詩織に「葵を呼び出した」と言われていたのです。

詩織が丈一郎を殺したことを知っていた葵は、急いで柊を追います。
柊は、詩織に言われた工場跡で葵を待っていました。

moyoko

しかし、詩織に雇われたスナイパーが柊を狙っています。

工場に駆けつけた葵は、自分は丈一郎を殺していないと訴えますが、柊は聞こうとせず、葵に銃を向けます。
その時、柊が狙撃されそうになことに気づいた葵は、とっさに柊をかばい、撃たれてしまいます。

その頃、千景と葵を始末しようとしていた詩織の目の前に、信じられない光景が。
なんと、死んだはずの丈一郎が現れたのです!

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』 第7話 ネタバレ・感想&まとめ

丈一郎を目の前にして、詩織は「どうして・・・」と驚きを隠せませんでした。
どうやら、確実に仕留めたと思っていたようです。

せっかくの藤木直人さんなので、きっと丈一郎は生きているはず!と信じていましたが、本当に現れてくれて嬉しいです!

いよいよドラマもクライマックスに近づいてきました。再び丈一郎が加わったことで、どんな展開になるのか、楽しみです!

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る