ドラマ『ボクの殺意が恋をした』 第5話 柊(中川大志)は葵(新木優子)から、鳴宮美月になりすましていた経緯を打ち明けられ…

出典:ボクの殺意が恋をした公式ページ

柊(中川大志)は葵(新木優子)から、鳴宮美月になりすましていた経緯を打ち明けられました。

柊は葵を匿うことを決め、元気づけるために水族館へ連れて行きます。そこは柊と丈一郎(藤木直人)との思い出の場所でもありました。

柊は葵に「俺が守る」と約束します。

その後葵は、風岡(中尾明慶)から懇願され、美月として映画『ハリネズミ探偵ハリー』の制作発表に出ることに。

柊は、命を狙われる危険な場所へ戻ろうとする葵を止めます。

しかし彼女は、ある決意をしていていたのです。

後半戦の『秘密編』スタートです!

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る

ドラマ『ボクの殺意が恋をした』前回振り返り

柊(中川大志)は、美月(新木優子)が葵ちゃんだと確信し、彼女を殺すことに迷いを感じ始めていました。

そして映画『ハリネズミ探偵 ハリー』のクランクインの日。美月と柊は撮影現場の古い洋館に見学に行きます。

そこは、美月を死へと誘うデス・ハウスなのでした。

2人はプリンスによって最大のピンチを迎えますが、なんとか死線を乗り越えます。

そして、遂に美月は葉山葵であることを認めます。葵は、本物の美月に頼まれて名乗っていたというのです。本物の美月は一体どこへ行ったのでしょうか?

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る

【ネタバレ】ドラマ『ボクの殺意が恋をした』5話 見どころ・あらすじ・感想


本物はどこに?

柊(中川大志)は、美月(新木優子)から、自分は葉山葵で、本物の鳴宮美月から言われてなりすましてるのだと明かされました。

葵は、漫画家を目指して投稿を続けていましたが、芽が出ずにいました。

その時母・京子(榊原郁恵)が入院してしまったのです。

そんな時、投稿作品を見た鳴宮美月が葵に、手術代を出す代わりに、自分に替わって表舞台に出て欲しいと頼まれたのでした。

moyoko

背に腹は変えられないと、葵はその提案を飲むことにしたのです。

葵は、美月からの一方的な電話でやりとりしていたので、本人に会ったことはなく、顔も見たことがないと言います。

直接会ったことがあるのは、チーフアシスタントの水瀬(田中みな実)だけ。
柊は、水瀬を呼び出し、話を聞く事にしました。

moyoko

回を増すごとに、水瀬はどんどん怪しくなって来ています。

駆け落ち!?

柊が本物の美月を連れて来てくれと言うと、水瀬は会ったことはないと言います。

水瀬も、美月と同じく相手から連絡が来るだけだったというのです。

目の前で電話もさせましたが、本物の美月は出ませんでした。

「連絡があったら伝えてくれ。もう代わりなんてさせない。葉山葵は俺が守るって」

moyoko

柊は、もう葵を殺す計画は捨て、守ること一本に絞りました。

翌日、鳴宮美月の仕事場では、美月が書き置きを残して姿を消したので、大騒ぎになっていました。

「連載は休止します。もうここには来ません」

3日後には、映画『ハリネズミ探偵 ・ハリー』の制作発表があり、美月も登壇が決まっていました。
自分の出世のために、この作品に命を賭けている担当編集・風岡(中尾明慶)は大パニック。

柊も出勤して来ないことから、アシスタント達の間では2人が駆け落ちしたのではないかと噂されていました。

moyoko

柊は、ご丁寧に仕事場に菓子折りを置いていきました。変な所で律儀なんですね。

助けてくれる約束

柊は、葵を清掃会社兼自宅で匿う事にしました。
葵は逃げ出したことに後ろめたさを感じていますが、柊は「俺がなんとかする」と大風呂敷を広げています。

柊は改めて、いつから自分に気がついていたのか尋ねます。

「パーティー会場で会った時から」

moyoko

なんと、葵は柊よりも前に幼馴染だということに気がついていました。

柊をボディーガードに頼んだのも、昔柊が葵に「守る」と言ったからで、ツンケンした態度は、柊が葵に気がついていない様子だったので、腹が立っていたといいます。

「なんで気づいてくれないわけ?ありえない。こんなに近くにいたのに」

moyoko

柊はぐうの音も出ません。

その頃、デス・プリンス(鈴木伸之)は葵を思い浮かべながら花占いをして、ため息をついていました。

moyoko

プリンスはすっかり葵にご執心です。

葵を信じる

詩織(水野美紀)は美月が本物ではなく、柊の初恋の相手だということを知って驚きますが、それでもまだ葵が丈一郎(藤木直人)を殺した疑惑は晴れていないと言います。

でも、柊には葵がどうしても人を殺したようには見えないのでした。

「俺は、葵ちゃんを信じてる」

柊は本物の美月を見つけ出して、誰が丈一郎を殺したのか聞き出すつもりでした。

moyoko

柊だって、丈一郎を殺した相手のことは許せません。

柊が家に戻ると、葵は思いつめたような顔をしていました。

「やっぱり怖い・・・」

葵は美月の代わりに命を狙われています。そんな命を狙われているような相手に歯向かっていて良いものか、葵は悩んでいるのです。

柊は、かといって身代わりに戻ることも同じぐらい危険だと言いますが、実は葵は美月から「途中で降りたら、母親がどうなっても知らない」と脅されていたのです。

moyoko

本物の美月、卑怯なり。

怪しい人影

柊は、詩織に頼んで病室を警護してもらうことにしました。
詩織ははじめ、丈一郎の仇かもしれない女の母親を警護することに反対します。

「だからって、お母さんには関係ないだろ」

柊にそう言われ、詩織は根負けしました。

moyoko

柊はとことん優しい男なのです。

柊は、明日葵をある場所に連れて行こうと思っていました。
そんな話をしている時、柊は自分の家が見張られているような気がしましたが、気のせいだと考えました。

moyoko

しかし、実際怪しい人影が家の外にいたのです。

水族館デート

次の日、柊は葵を水族館に連れて行きました。
2人はしばし水族館デートを楽しみます。

葵に笑顔が戻り、柊はホッと安心しました。
実は、この水族館は丈一郎との思い出の場所でもありました。

両親が亡くなって元気がない柊を、丈一郎が連れて来てくれたのです。

丈一郎は、巨大水槽で泳ぐ魚を見せて、休まず泳ぎ続ける魚たちのように、お前も頑張れと励ましてくれたのです。

柊は、丈一郎の優しさに触れ、この人といれば寂しくないと思ったと言います。

moyoko

ここが親子の始まりだったのですね。

柊は葵を抱きしめます。

「葵ちゃんは俺が守るから、怖がらないで」

そして、本物の鳴宮美月を探し出すと約束しました。

moyoko

ただ、葵は何か言いたそうな顔をしていました。まだ秘密があるようです。

風岡の土下座

帰り道、2人の後を尾行している人物がいました。
柊は葵を逃がし、追ってきた男を捕らえると、それは風岡でした。

moyoko

実は、昨晩柊の家の前にいたのも、風岡でした。

風岡は、2人が駆け落ちしたのではないかと思い、水瀬に柊の家を聞いて様子を伺っていたのだと言います。
そして、風岡はおもむろに土下座をして地面に頭をこすりつけます。

「一生のお願いです!職場に戻ってきてください!」

困惑する柊をよそに、葵は「わかった」と返事をしてしまいました。

moyoko

仕事も再開し、制作発表も出席すると言います。

葵が戻ってくることを知った水瀬は、驚きを隠せませんでした。
それは、柊も同じです。何故わざわざ危険な場所に戻るのかと葵に聞くと、葵は本物をおびき寄せるためだと言います。

「明日、会見で本物じゃないと暴露する」

moyoko

そうすれば、葵の行動を阻止するために本物が出てくるだろうと思ったのです。

その後、葵は仕事場に戻り、水瀬に本当のことをいう覚悟があることを伝えました。

柊のお守り

柊は、葵にお守りだと言って小さな巾着袋を渡しました。

「何があっても俺が絶対に守れるように」

そして、その夜柊は葵の寝室の前で見張りをすることにしました。

けれど、眠れない葵は、自分引っ越した時の話をし始めました。
葵が柊に黙って町を出たのは、泣いてお別れをしたくなかったからだと言います。

moyoko

永遠のお別れみたいで嫌だったのです。

だから、手紙で別れを告げることにしました。

「絶対また会えると思っていたから」

葵の両親は離婚し、葵は母と、兄は父と暮らすことになりました。
大好きだった兄と離れ離れになっただけでなく、その兄は3年前に亡くなったと言います。

「だからわかるよ。会いたい人に二度と会えない辛くて悲しい気持ち」

柊は思わず泣きそうになりますが、グッとこらえて、自分は葵のボディーガードだから、ずっと守ると約束をしました。

暗い部屋

その頃、水瀬はベッドが一つだけ置いてある暗い部屋を訪れていました。

moyoko

姿は見えませんが、本物の鳴宮美月のようです。

「問題が起きました」

水瀬は、葵がなりすましのことを暴露すると言っていることを伝え、葵をコントロールできないことを謝ります。

moyoko

しかし、ベッドの主は何も言いませんでした。

翌朝、柊は気づくと廊下で寝てしまっていました。

葵は「何がボディーガードよ!」とプリプリ怒っています。
けれど、葵は柊の分も朝ごはんを用意してくれていました。
葵が料理をするとは思っていなかった柊は、良い意味で裏切られたと嬉しそうにしています。

moyoko

葵のギャップにデレる柊。廊下で爆睡してしまうし、呑気です。

流星の降板

会見会場に着くと、主演の八乙女流星(鈴木伸之)が突然降板して姿を消したことがわかりました。

moyoko

流星は「グッバーイ」と言ってフラッと姿を消すことが良くあったそうです。殺し屋の仕事のためでしょう。

流星の行動を怪しいと感じた柊は、何か変なものが仕掛けられているかもしれないと部屋中を探します。

流星ことデス・プリンスは、部屋にラジコンを仕込み、隠しカメラで葵の姿を盗み見していました。

moyoko

ちょっと気持ち悪いですね。

そして、リモコンを取り出しクルクルと踊りながら操作をします。
ラジコンは怪しい煙を噴き出し始めました。

猛毒か、爆発物か、とにかく危険だと思った柊は葵をかばいますが、煙が出た後ラジコンからは、「good-bye 美月」という旗が出ただけでした。

moyoko

しょーもない仕掛けです!

殺したいほど愛してる

柊はプリンスを探しだし、どういうつもりかと詰め寄りました。

しかし、プリンスはただ『美月』にさよならを言いたかっただけなのだと言います。

プリンスは、柊に邪魔をされたせいですぐに美月を仕留められなかったため、任務から外されたのだと言います。

そして、新しい仕事が入ったので日本を離れることに。

「本当に残念だ。この手で殺せなかった。今でも、殺したいほどI LOVE HER」

プリンスは、「グッバーイ」と言って去っていきました。

「・・・馬鹿なのか?」

思わずそうつぶやいてしまった柊なのでした。

moyoko

それは、お互い様ですね!

葵、拉致される

部屋に戻ると、葵の姿がありません。スタッフも皆、葵がどこにいるのかわかりませんでした。

柊が急いでGPSを確認すると、葵は外に出たことがわかりました。何者かにさらわれたのかもしれません。

「鳴宮美月が現れたんだ!」

柊は急いでGPSで葵を追います。
葵は、仮面をした男に空き倉庫に連れて行かれ、ナイフを向けられていました。

「葉山葵、お前もう終わり」

そして、ナイフで襲いかかられそうになったその時、柊が現れ葵を守ってくれました。

moyoko

柊が葵にあげた「お守り」はGPSだったのです。間の悪い柊にしては、ナイス判断でしたね。

映像の鑑定結果

葵を襲った男は鳴宮美月ではなく、詩織が差し向けた殺し屋だということがわかりました。
柊が葵を殺そうとした理由を尋ねると、詩織は柊に科捜研からの鑑定結果の書類を見せました。

それによると、丈一郎が殺された現場に映っていた葵の姿は、改ざんされたものではないということです。

「殺したのは葉山葵。裏で手を引いているのが鳴宮美月」

moyoko

柊は、書類を見てショックを受けています。

その頃、葵の元に鳴宮美月から電話がかかってきていました。

「あなたに全てを話す時が来た」

そして、鳴宮美月は柊が葵の命を狙っている殺し屋だったことを伝えます。

葵は、このまま美月のフリを続けることを約束します。

「全ては、あなたの計画通りに」

ドラマ『僕の殺意が恋をした』 第5話ネタバレ感想・まとめ

前回、美月が本当は葉山葵で本物がどこかにいるとわかった時点でドラマは終了し、オリンピックのため1週分の休止を経て、後半戦の『秘密編』が始まりました。

秘密編では柊は葵を殺すことをやめて、守ることに全力を注ぎます。

ずっと葵を狙っていたデス・プリンスはクビになりますが、今度は詩織が葵の命を狙ってきました。

本物の美月は、葵に何か入れ知恵をしたようで、柊と葵の蜜月は早くも終わりそうな予感がします。

再びすれ違ってしまう2人の運命やいかに!?

次回も見逃せません!

\\『ボクの殺意が恋をした』を見るならここ!!//

2週間無料のhuluで見る