【主演:相葉雅紀】ドラマ『僕とシッポと神楽坂』キャスト・あらすじ・ネタバレ・動画情報まとめ!

【主演:相葉雅紀】ドラマ『僕とシッポと神楽坂』キャスト・あらすじ・ネタバレ・動画情報まとめ!

出典:『僕とシッポと神楽坂』公式ページ

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』は、たらさわみちの人気漫画が原作となっています。

達也(相葉雅紀)は、勤めていた動物病院を辞めて実家に戻り、獣医師・徳丸先生(イッセイ尾形)のもとで働こうとしていましたが、突然徳丸は達也に病院を任せて姿を消したため、自ら「坂の上動物病院」を開業することになります。

みんなからは「コオ先生」と呼ばれ、病院にくる犬や猫たちのことは、愛情を込めて「シッポ」と呼びます。

手術前は、必ず「○○さんの気持ちは受け取りました。頑張ります」と飼い主に声をかけ、動物たちに寄り添う温かい物語。

それではさっそくドラマ『僕とシッポと神楽坂』をレビューしたいと思います。

『僕とシッポと神楽坂』ってどんなドラマ?

~この秋、神楽坂で奇跡が生まれる~

若き獣医師と“シッポ”たちが紡ぐ、命のものがたり…

相葉雅紀×動物

最強タッグによる究極の癒し系ヒューマンドラマが誕生!!

『僕とシッポと神楽坂』ってどんなドラマ?

東京・神楽坂を舞台に、獣医師と動物&飼い主たちが繰り広げる心温まる交流…

金曜の夜、動物を愛するすべての人々に優しくて温かな時間が降り注ぐ

相葉雅紀が7年半ぶりに金曜ナイトドラマに帰ってくる!

今作『僕とシッポと神楽坂』で相葉は、腕が良くて心も優しい「こんな先生に会いたかった…!」という理想の獣医師を演じます。

原作は、たらさわみち氏が2012年から集英社クリエイティブ『月刊officeYOU』で連載を開始し、現在も続編を連載中の人気漫画。

東京・神楽坂を舞台に、そこで動物病院を営む若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの心温まる交流を描く、ハートフルなドラマです。

監督は、映画『神様のカルテ』なども手がけた深川栄洋。

温かな雰囲気の作風に定評がある深川が紡ぐ“ちょっと不思議な優しいものがたり”を、お楽しみください。
出典:『僕とシッポと神楽坂』公式ページ

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』主要キャスト

相葉雅紀 / 役:高円寺 達也こうえんじ たつや

  • 高円寺先生なので、通称「コオ先生」。
  • 神楽坂で生まれ育つ。
  • 獣医大学を卒業した後、神楽坂に『坂の上動物病院』を開業する。
  • 一見、気弱そうだが腕は確かで、優しい心の持ち主。
  • 病院にやってくる犬や猫たちを、愛情を込めて“シッポ”と呼んでいる。

広末涼子 / 役:加瀬かせ トキワ

  • 『坂の上動物病院』で働く動物看護師。
  • 看護師としての腕は確かで、心優しく強い女性。
  • 大地というひとり息子を女手一つで育てている。

趣里 / 役:すず芽すずめ

  • 神楽坂の芸者。
  • 貴子から三味線の稽古をつけてもらうため、達也の家に出入りしている。
  • 幼い頃から達也に思いを寄せており、まっすぐな気持ちをぶつけまくっている。
  • 『坂の上動物病院』に現れた看護師・トキワをライバル視している。

小瀧望(ジャニーズWEST) / 役:堀川 広樹ほりかわ ひろき

  • 東都獣医大の学生。
  • 田代に感銘を受け、『ナルタウン動物病院』に研修医としてやってくる。
  • 何事にも一生懸命で好奇心も旺盛だが空回りしがち。

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』あらすじ

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』あらすじ①

勤めていた動物病院を辞め、実家がある神楽坂に戻った獣医師の高円寺達也(相葉雅紀)。

尊敬する獣医師・徳丸善次郎(イッセー尾形)の元で働きたいという強い意志を持って病院の扉を叩いた達也だったが、そこに徳丸の姿はなく、一通の置き手紙と預かり犬のダイキチだけが残されていた…。

「看板は下ろした あとはまかせた 徳丸」

達也に病院を任せ、引退するという徳丸に戸惑う達也。

ひっきりなしにやってくる患者に対応しながら、達也の新天地一日目はドタバタの中で幕を開けるのだった。

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』あらすじ③

そんなある日、達也は街で車に轢かれたパピヨン犬と、その犬に付き添う少年・大地(矢村央希)と出会う。

大地とともに血だらけのパピヨンを動物病院に運んだ達也は、早急に手術の必要があると判断。

さっそく準備に取り掛かろうとしたその時、急に連絡が取れなくなった大地を心配して、母親の加瀬トキワ(広末涼子)がやってくる!

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』あらすじ②

古びた病院の設備と人手の足りなさに、「こんなところで手術をするなんてありえない。他の病院に運ぶべき」と主張するトキワに対し、「脾臓破裂の疑いがあるため、運んでいる時間はない」と返す達也。

そんなふたりの様子を見て、パピヨンの命の危機を感じて不安になる大地は、今にも泣きそうになりながら「先生、ワンコを助けて…」と懇願する。

「大地くんの気持ちは受け取りました。頑張ります」

大地の手を優しく握り、そっと目を閉じてそう囁いた達也は、トキワの制止を振り切り、手術を開始してしまう!

成り行き上、サポートに入ったトキワ。

しかしその丁寧で繊細なメスさばきに驚きを見せる。

一方の達也も、トキワが動物看護師だと知り、この病院で働いてもらえないかと切り出してみるが…?
出典:『僕とシッポと神楽坂』公式ページ

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴できる動画配信サービス

『僕とシッポと神楽坂』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年7月30日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】ドラマ『僕とシッポと神楽坂』感想レビュー

シッポをめぐる様々なテーマ

毎回新たな動物が登場し、動物と飼い主をめぐる様々なテーマを取り上げ、視聴者に問題を提起しています。

獣医としての姿勢

第1話では、迷い犬チョコが登場します。

大地(矢村央希)が下校途中の通学路で見つけた迷い犬が車に轢かれてしまいます。

事故の衝撃音を聞き駆けつけた達也(相葉雅紀)は、チョコと大地を動物病院に連れ帰り、まだ十分設備が整っていないのに手術を強行します。

仕方なく補助に入った大地の母・トキワ(広末涼子)が、達也の丁寧な技術と、チョコの負担を減らそうとする思いやりに心を打たれます。

そしてトキワは、坂の上動物病院で働くことになるのでした。

こんな先生のいる動物病院ばかりなら良いですね。

また、設備の必要性についても考えさせられます。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

動物と飼い主のお別れ(動物が先に逝く場合)

第2話は、香子(喜多乃愛)の愛犬で、骨肉腫を患っているジュリのお話です。

ジュリは、ナルタウン動物病院の田代先生(村上淳)のもとで抗がん剤投与を受けていたのですが、転移の可能性があるので脚を切断するのが望ましいと告げられてしまいました。

香子の母・頼子(ホーチャンミ)は、脚の切断を拒否するのですが、苦しい治療に切ない鳴き声をあげるジュリがいたたまれなくなった香子は坂の上動物病院を訪ね、ジュリの治療を依頼します。

しかし、達也も断脚手術をすすめます。

理由は、骨肉腫の痛みが限界にきていること、つらい治療に耐えてきたジュリの苦しみを取り除くことの二つだと、きちんと説明します。

飼い主よりもジュリに寄り添う達也の説得は、香子の心に染みわたり、「自宅でジュリの生きる支えになりたい」と言って、足の切断手術を決意します。

術後、足を失った代わりに痛みがなくなったジュリは、器具を使って歩けるようになりました。

楽しそうに散歩をするジュリと香子の姿を見ると、脚の切断は正解だったのだと思えます。

けれども、とうとうジュリとのお別れのときがやってきました。

達也が話す『虹の橋』の話が印象的です。

「この世を去った動物は、天国のふもとの虹の橋で、飼い主を想いつつも楽しく過ごします。やがて飼い主がやってくるのを待ち続けます。そして再会した飼い主と動物は、一緒に天国への虹の橋を渡るのです。」

動物の寿命は人間よりも短いのが普通ですから、このように思うことによって気持ちを昇華させるのですね。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

動物と飼い主のお別れ(飼い主が先に逝く場合)

第3話は、千津(加賀まりこ)の飼い猫カナメのお話です。

ジョギングを始めた達也は、神社で昔なじみの千津と久しぶりに再会し、「カナメちゃんに一度会わせてください」と診察を促します。

買い物に出たトキワは、カナメを探す千津を見かけ、一緒になってカナメを探します。

「飼い猫は怖がりだから外に出ても、隅っこでじっとしていることが多いんです」と言って、見つけます。

千津の家にお邪魔し、ご主人が3年前に交通事故で亡くなって以来、カナメと暮らしていると知ったトキワは「動物病院に来られないお年寄りのために往診しませんか」と、達也に提案します。

徳丸先生は、千津の家で老人ホームのパンフレットを見つけ、千津が家を売って神楽坂を出ていこうとしていることには気づき、「一度病院にカナメを連れてくるように」と言って帰宅しようとしたその瞬間、千津は苦しそうに倒れ込んでしまいます。

病院のベッドで気づいた千津は「死ぬのは怖くないけど、カナメのことが気になる」と打ち明けます。

そこで坂の上動物病院では、カナメの新しい飼い主探しが始まりました。

一方、カナメの肝臓に腫瘍があることがわかり、腫瘍摘出の手術に挑み、無事に終了します。

達也は、『虹の橋』の話をします。

「でも先生、飼い主が先に逝った場合は?」と千津が問うと、「飼い主さんが、虹の橋まで動物を探しに行くんです」と答えます。

その話を聞き、千津は「いいお話ね、先生。カナメをよろしくお願いします」と達也に頭を下げました。

その後、千津は静かに天国へ旅立っていきます。

カナメの行く末を心配することなく、安らかな最後でした。

それは信頼できる達也や徳丸がいたからこそです。

高齢になったときにペットを飼うなら、自分が先に逝く場合のことを考えなくてはならないのです。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

ペットの手術の是非

第4話は、心臓に腫瘍ができてしまったぐりと、飼い主の早苗(滝沢涼子)の話です。

早苗は、ナルタウン動物病院の田代先生に、ぐりの年齢や心臓の機能低下を考えると手術は難しいと診断されますが「納得できない」と、研修中の堀川(小瀧望)に訴えます。

悩んだ堀川は、早苗を坂の上動物病院へ連れて行きますが、達也の診断も同じものでした。

しかし、早苗の必死に縋り付く姿を見て「1%でも可能性があるのなら見捨てるわけにはいかない」と、達也は難しい手術を行い、無事成功しました。

その後、ぐりの容体は急変し、息を引き取ってしまいます。

すると、その翌日からなぜか診療予約のキャンセルが相次ぎます。

ネットで「無理な手術を行って、犬を死なせた」という口コミが広がっていたのです。

嫌がらせの電話も頻繁にかかってきてきました。

ぐりを連れてきた責任を感じた堀川は、トキワを誘って真相究明に乗り出します。

犯人は、早苗の息子した。

母親の悲しみを見ていられずにネットに書き込んでしまうと、あっという間に拡散してしまったのでした。

しかし、行方不明になった早苗さんを捜し出し、坂の上動物病院へ連れ帰り、和やかに話している達也たちを見て、「手術のことをネットに書き込んだのは自分だ」と謝罪します。

早苗は、ぐりの前に飼っていた犬マロンが病気になったとき、手術に踏み切れずに死なせてしまったことを後悔しており、ぐりにはどうしても手術をしてやりたかったと涙します。

そんな早苗に、「ぐりちゃんはあなたと家族になれて幸せだったと思います」と言い、また『虹の橋』の話をするのでした。

ペットの手術の判断は、本当に難しいです。

苦しい治療は避けて自然に任せるのがいいのか、できる限りの治療をするのか。

シッポたちは言葉を持たないですから、聞くこともできないです。

辛くても一生懸命考えて答えを出す、それが飼い主の役割なのですね。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

親子の関係

第5話は、セキセイインコのピースケとすず芽(趣里)をめぐるお話です。

すず芽が、ピースケを預かってほしいと坂の上動物病院にやってきます。

ピースケは、すず芽の母・咲江(池谷のぶえ)が飼っているセキセイインコですが、咲江が入院することになり、すず芽がピースケの世話を頼まれたのです。

咲江の反対を押し切って芸者になって以来ずっと疎遠だったのに、ピースケの世話をするなんて納得いかないと達也にお願いにきたのでした。

そこで達也はピースケを預かるにあたって、3つの条件を出します。

  1. お母さんのお見舞いにいく
  2. 朝晩ピースケにエサをあげる
  3. 鳥かごの掃除をする
という絶妙の条件です。

すず芽は、その条件を聞いて眉をひそめますが、しぶしぶ鳥かごの掃除にやってきたとき、「ただいま、ただいま」と繰り返すピースケの言葉を聞き、母の咲江がピースケに「ただいま」と話しかけているのを想像して、複雑な気持ちになるのでした。

けれども、お見舞いに行って対面するとお互いに憎まれ口ばかりで、なごやかな親子の会話はありませんでした。

ある時、ピースケのお腹が膨らんでいることに気づき、卵詰まりで、すぐに治療しないと命にも関わる病気だとわかります。

「ピースケがいなくなったら、母さんひとりぼっちになっちゃう」と心配しますが、手術は無事に成功します。

元気になったピースケが、「ただいま、ただいま。すず芽、会いたいね、すず芽、会いたいね」というのを聞き、すず芽は号泣するのでした。

咲江の退院の日、すず芽は「芸者の仕事、誇りをもってやってんの。認めてほしい」と話します。

すると咲江は「そんなのとっくに認めてるわよ。インターネットであんたの載っているポスターとか記事とか全部見てるし」と言うのでした。

咲江の快気祝いにと一席設け、すず芽は咲江に踊りを披露します。

踊る芸者姿のすず芽を見て涙ぐむ咲江でした。

ピースケを介して、親子の関係が修復されましたね。

第5話には、ペットとは関係はりませんが、もう1つ感動する親子のお話が盛り込まれています。

トキワと大地の関係です。

南米で行方不明になった大地の父・佑(眞島秀和)の両親の家に泊まりにいく大地は、近所の神社で佑の両親が「大地を返してほしいと」「もう自由になってもいいんじゃない?」と切り出すと、トキワが「お二人のお気持ちは、わかりました」と答えるのを聞き、ショックを受けてしまいます。

その日、佑の実家にお泊りにいったのですが、大地がいなくなったという連絡を受け、達也とトキワは必死になって大地を探すと、坂の上動物病院にいました。

そして、佑の両親とトキワの会話を聞いていたことを打ち明けると、あの言葉には続きがあったとわかるのです。

トキワは、「確かに血が繋がっているのはお二人です。ですが、この7年間一緒に生きてきたのは私。私と大地は家族なんです。私から大地を奪わないでください。」と告げていました。

安心した大地は、「とーちゃんにかーちゃんを守るって約束をしたんだ」「かーちゃんおれがいないとダメだろ」と話します。

ボロボロと涙を流すトキワなのでした。

血はつながっていなくとも、しっかりと結ばれている親子愛、美しいです。

大地のことを考えてボンヤリしているトキワを気遣い、達也が話した自分の幼い頃の話もよかったです。

「お母さんが父親の役割もしようと無理してくれたけど、母さんは母さんで、いてくれるだけでいいのになって思ってました。」

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

姉弟の雪解け

第6話は、チワワのロミが登場しますが、このロミを介して、達也と腹違いの姉頼子の心が素直になり、わだかまりがなくなっていく良いお話です。

香子は第2話でジュリを亡くしてから、動物のためのボランティアに参加していました。

そこで悪質なブリーダーに育てられたチワワと出会い、栄養状態が悪いチワワを心配し、坂の上動物病院へ連れてきます。

見違えるようにキレイになったチワワは、ロミと名付けられました。

ロミはストレスのため、物を噛んで飲み込むクセがあり、かわいそうに思った香子は、飼い主が見つかるまで自宅で面倒を見てあげることにしました。

ロミと仲よしになった大地は、香子の家に遊びにいってロミと戯れます。

そんな二人の様子を見かけた母・頼子は、幼かった達也と自分の姿を重ね、心中は穏やかではありません。

ロミを引き取ってくれる飼い主が見つかり、仕方なくロミを連れて行った香子ですが、切なそうにキャンキャン鳴いているロミがかわいそうで連れ帰ってしまいます。

頼子に「はやく返して来なさい」と叱られ、香子はロミを連れて高円寺家を訪ねます。

香子は賑やかで温かい達也の家に触れ、自分の家はお父さんは仕事で忙しくて、お母さんとふたりきりで静かだと話します。

翌日、高円寺家を尋ねた頼子は、達也の母親と対面して複雑です。

香子に楽しく過ごした話を聞かされて、父親だけでなく娘まで奪われてしまうと嫉妬した頼子は、涙を目にためて高円寺家を後にします。

その後、ロミの様子がおかしいと連絡が入り、頼子が坂の上動物病院へやってきます。

診察した結果、ロミは異物を飲み込んで、腸閉塞を起こしていることが判明し、手術をすることになります。

頼子は気が動転して倒れてしまうと、達也は昔もらったお守りを頼子に握らせて「姉さんの気持ちは受け取りました」と語りかけます。

手術が無事終わった報告とともに、頼子からもらったお守りを大事なものと一緒にしまっていたことも告げました。

「あの頃の自分は淋しさに蓋をしたような子どもだった、だから姉さんからもらったお守りが宝物になったんだ。」と言いました。

それを聞いた頼子は「今まであなたを避けてきてごめんなさい。お守りを見て思い出した。弟がいて本当は嬉しかった」

そう言って、お守りを開けて頼子が取り出したのは、幼かった達也が欲しがった四つ葉のクローバーだったのです。

「僕はいつでもここにいますから、いつでも会いにきてください。」

長い間のわだかまりが溶けました。

そして頼子は、ロミを飼うことを認めたのでした。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

飼い主の責任

第7話は、犬のラブと飼い主・名倉(大倉孝二)、そしてまめ福(渚)のお話です。

いつも明るいまめ福が、なんだか憂鬱な様子です。

実はお座敷にやってくる社長さんにプロポーズされたのですが、芸者の仕事に誇りを持っているまめ福は、なかなかプロポーズに返事ができません。

そんな折、ラブの様子がおかしいと、名倉が慌てて達也に連絡してきます。

達也に腫瘍の可能性があると言われ、ナルタウン動物病院で詳しい検査を行うと、手術が必要な脳腫瘍で成功率は50%という厳しい状態でした。

手術の費用は100万円ということもあり、動揺して1人では決断できない名倉は、まめ福に連絡をします。

二人は昨年まで同棲していた恋人同士だったのです。

名倉のブログ「ラブ日記」が出版されることになり、まめ福の援助もあって、ラブは手術を受け成功します。

名倉は「一緒にラブの世話をしよう」とまめ福に迫りますが、まめ福は結婚予定があると拒否したのでした。

二人の関係は残念でしたが、人生どんなことがあるかわからないので、もしものときのためにペット保険とか貯金とか、備えをきちんとして、ペットに対して責任を持たなければならないと思いました。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

認知症のペット

第8話は、認知症になった犬のタロウと飼い主・蔦子(山下容莉枝)のお話です。

坂の上動物病院に迷い犬がやってきます。

迷い犬は認知症を患っていて、自分の家へ帰ることができません。

迷い犬のチラシを貼ったところ、疲れた様子の蔦子が迎えにやってきますが、飼い犬が見つかったというのに嬉しそうな様子も見せません。

実は蔦子は、寝たきりの母親と認知症の飼い犬タロウのW介護で参ってしまっているのでした。

蔦子とタロウのために、達也は「千葉の徳丸先生のところへタロウを預けてみませんか」と提案しますが、受け入れようとしません。

そんな折、蔦子が疲れて眠ってしまったすきに、タロウは家を抜け出し交通事故に遭ってしまいました。

ケガの状態はとてもひどく、危険な状態です。

タロウに辛くあたったことを泣きながら後悔する蔦子の手をしっかりと握って、気持ちを受け取った達也は難しい手術に望みます。

手術が成功して眠っているタロウを撫でる蔦子に語りかけます。

「たとえ記憶が消えてしまったとしても、ご家族と過ごした時間は決して消えない。一緒に過ごした日々は永遠です。毎日の暮らしの中で、もし、思い出が消えてしまっても、また新しい思い出を作ればいい。今日という日を積み重ねて。そしてタロウくんが天国に行ってしまっても、その思い出は宝物になると思います。」

現実は厳しいですが、癒されます。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

達也(相葉雅紀)とトキワ(広末涼子)の関係

初回から達也の獣医としての腕と姿勢に感動し、坂の上動物病院で働くことになったトキワは、少しずつ達也との距離を深めていきます。

第4話で、トキワは南米で行方不明になったご主人のことを達也に打ち明けます。

もう帰ってこないのではないかと、ときどき不安になっていましたが、動物に対しての「可能性があるなら見捨てることなんてできない」という達也のこの言葉にトキワも救われていたのでした。

第6話の後半では、高円寺家へのお泊りが決定し、みんなはしゃいでいたのですが、達也だけがトキワの発熱に気づきます。

トキワのおでこにそっと手を当て「そんなに頑張らないでください。辛い時は辛いと言って僕たちを頼ってください」と優しく言うのでした。

第7話では、風邪を引いて寝ているトキワに代わって、達也はご飯を作りに行きます。

大地と楽しそうにご飯を作る達也に、寝ているトキワはびっくりし、慌てて乱れた髪を整えます。

おいしいと感激するトキワに「いつでも作りますよ」とにっこり微笑む達也。

どぎまぎして「そんなこと言うと勘違いされちゃいますよ」と言うトキワに何かを言いかけた達也ですが、行方不明のトキワの夫の写真に気づき、口を閉ざすのでした。

最終話で、佑が見つかったと外務省からの連絡があります。

大地は大喜びですが、トキワの表情は喜びばかりではありませんでした。

実は、佑は記憶を失っていたのです。

トキワから「旦那さんが見つかった」と連絡を受けた達也も、複雑な表情を浮かべていました。

達也への気持ちに気づき始めたばかりのトキワも、心は揺れ動いている様子です。

しかし、結局トキワは、夫の佑と人生を一緒に歩むことを選ぶのでした。

認知症の犬タロウに対しての達也の言葉は、夫が記憶をなくして絶望の中にいる、トキワの心の中にも染み入ったのでした。

院内には、トキワが残した大量のメモがありました。

抑えていた涙が溢れ出しますが、なにもかも受け止めて、ひとり耐える達也の姿に男の強さを感じました。

限りなく透き通った心の達也だから、人にも動物にも限りない優しさを注げるのですね。

アメリカにある獣医大から、新しく立ち上げるプロジェクト参加の打診がありましたが、堀川を推薦するのでした。

達也は何も変わりません。

病院にやってくる犬や猫たちに寄り添って、街の動物のお医者さんとして唯一無二の存在として日常を過ごします。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

女性たちのおふざけ

ドラマの中の所々で、和服姿の達也の母、豆福、すず芽のおふざけシーンが出てきます。

良いスパイスとなっており、ほんわかしたドラマが急に賑やかになります。

女性3人にいじられて、たじたじになっている達也には母性本能がくすぐられます。

第1話では、達也の入浴シーンがあります。

誰かが覗いているような気配がして達也が悲鳴をあげると、達也の母やすず芽が心配してすぐに駆けつけます。

そして嬉しそうに達也の裸を見つめる女性3人に、達也は困りはてています。

第3話では、ジョギングを終え自宅に戻った達也は、すず芽や豆福にお腹をぎゅっとつかまれて、太ったことをからかわれちゃいます。

母までダイエット中だから朝食はなしと、意地悪を言われてしまいます。

第6話では、高円寺家に泊まりにきている堀川の入浴中、達也の母や豆福、すず芽まで堀川のお風呂を覗きに行こうとはしゃいでいます。

お風呂に入っているのは達也で、ガッカリした3人は達也に八つ当たりをします。

豆福は、朝食を食べる堀川になにくれとお世話を焼いています。

若い男の子が好きなんですね。賑やかな高円寺家です。

すず芽は、特に達也ラブの積極的な女性で、ドラマに彩りを添える存在になっています。

強引なすず芽のラブ攻撃に、たじたじの達也。

二人のやりとりが、笑いを生み出しています。

料理上手なすず芽がお重を持ってきて料理を並べ、料理下手なトキワとバチバチするシーンも愉快です。

>>【31日間無料】U-NEXTでドラマ『僕とシッポと神楽坂』を視聴する

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』まとめ

東京・神楽坂を舞台に、相葉雅紀が演じる若き獣医師・高円寺達也と、動物や飼い主たちの交流を描いた心温まる物語でした。

バラエティ番組「天才!志村どうぶつ園」で動物と触れ合う姿にはなじみがある相葉さんにはうってつけの役柄で、彼の穏やかな優しさが全編に溢れているドラマです。

坂や小路、神社、古い木造家屋といった風情のある神楽坂の街並みも魅力です。

動物が好きな方や、相葉くんファンの方にはぜひ見てもらいたドラマです。

ドラマ『僕とシッポと神楽坂』をフルで見れるVOD一覧

u-next
U-NEXT

出典:U-NEXT

U-NEXTの特徴
  1. 月額1,990円で14万本以上の動画を楽しめる
  2. 31日間は無料で見放題
  3. 無料期間中の解約も可能
  4. U-NEXTは全ジャンルで作品数・番組配信数が国内最高クラス
Amazonプライムビデオの特徴
  1. 月額400円は業界最安値
  2. 『ドキュメンタル』や『バチェラー』などオリジナル作品が楽しめる
  3. 30日間無料でお試し
  4. 無料期間中の解約も可能
ビデオマーケットの特徴
  1. 動画配信数は国内トップの20万本以上
  2. 特に映画や韓流ドラマのラインナップが充実、月額980円で楽しめる
  3. 初月は無料で見放題
  4. 無料期間中の解約も可能