『BNA ビー・エヌ・エー』第12話(最終回)あらすじ・ネタバレ感想!アニマシティの未来はどうなる!?

『BNA ビー・エヌ・エー』第12話(最終話)あらすじ・ネタバレ感想!アニマシティの未来はどうなる!?

出典:『BNA ビー・エヌ・エー』公式ページ

獣人たちの生き様を描くアニメ『BNA ビー・エヌ・エー』。

ついに危惧していたニルヴァジール・シンドロームが起こり、アニマシティはパニックに陥ってしまいます。

さらに、みちるが士郎の牙で倒れるという最悪な状況で最終回を迎えました。

最大の敵、アランの本当の目的とは?

暴走した獣人たちはどうなるの?

アニマシティの未来は?

気になる最終回、さっそくレビューしていきたいと思います!

アニメ『BNA ビー・エヌ・エー』前回第11話のあらすじと振り返り

アランの提案で開催された銀狼教団主催のなずなの初ライブ。

なずなはそこで本当は人間であると告白することを、みちるに明かします。

しかし、会場に現れた士郎はなずなの告白がニルヴァジール・シンドロームの引き金になるといい、みちるはその言葉を信じてなずなの告白を止めさせることに。

無事になずなの説得に成功しますが、アランの差し金であるボリスによってライブは最悪の展開を迎えます。

銀狼であるなずなが人間だと知った獣人たちは次々に暴走し始めました。

それはまさに、危惧していたニルヴァジール・シンドロームでした。

アランの目論見通りに事は進み、会場には対獣人兵器であるエンゲル・マシーネが大量に現れ獣人たちへの攻撃を始めます。

そして、そんな凄惨な景色を見た士郎までもが凶暴化してしまいました。

やがて我を失った士郎は、止めに入ったみちるに牙を剥いてしまいます…。

【ネタバレ】『BNA ビー・エヌ・エー』第12話(最終回)あらすじ・感想


問題解決に向かって

凶暴化した士郎に牙を剥かれたみちるは血を流して倒れ込みます。

すると、士郎の身体は溶けるように元に戻っていきました。

正気を取り戻した士郎は、自分のせいで傷を負ったみちるの姿を見て遠吠えを上げます。

なずなに寄り添われたみちるは、そんな士郎の遠吠えを聞いてゆっくりと目を開けました。

そして、スマホを取り出して、その様子を動画に収めようとします。

「士郎さんの遠吠え、やばいって…」

そう言って笑うみちるに、士郎は自分のしてしまったことを素直に謝りました。

uraraurara

ここで初めて「みちる」と名前を呼ぶ士郎さん。2人の信頼関係に、冒頭から胸が熱くなります。

「大神くん!…市庁舎へ!」

上空からそう呼ぶ声は、ピンガの背に乗ってアニマシティに帰還したロゼ市長のものでした。

士郎、みちる、なずなはフィリップに助けられ、市庁舎に向かいます。

そこで、士郎の凶暴化はみちるに噛みついた際に付いたみちるの血液によって治ったことがわかり、みちるとなずなの持つ特殊な獣因子からニルヴァジール・シンドロームを治す血清を作れることが判明します。

血清を作るためにメディカルセンターに向かうみちる、士郎、ロゼ市長。

街で暴走した獣人たちを助けるなずな、ピンガ、フィリップ。

ここから二手に分かれて、問題の解決を目指します。

アランの正体

メディカルセンターではみちるの獣因子から血清を作ろうと、ロゼ市長が作業を開始します。

みちると士郎は血清ができる前にアランの計画が進んでしまわないよう、アランの元へ向かうのでした。

街ではなずなが孤立してしまった子どもに声をかけていきます。

怯える子どもを慰め、励まし、安全な場所へ避難させるためにピンガへと引き渡すのでした。

すると、そんななずなの元にボリスが現れました。

裏切ったうえに言い訳をし、ともに行こうとなずなに付きまといます。

なずなは腕を巨大化させ強烈な一撃を食らわせますが、暴走したボリスに追いかけられてしまいます。

uraraurara

ボリスは終始「キモい」存在でしたが、ここに来て限界を突破してきましたね…。

一方、みちると士郎はアランのところへたどり着きます。

アランはいよいよ獣因子消滅薬を散布しようというところでした。

みちると士郎は血清が完成することを打ち明け、必死に説得しますが、アランは元より耳を貸すつもりはないようでした。

力づくで止めようとした士郎はエンゲル・マシーネに捕らわれ、みちるも跳ね返されてしまいます。

「貴様ら人間に、獣人は滅ぼせない!」

そう言ってアランに掴みかかった士郎は、アランが人間らしからぬ強い力を持っていることに初めて気づきます。

アランもまた、獣人だったのです。

シルヴァスタ家は古くから人間社会に溶け込み、裏から支配してきました。

獣人の匂いを消して、人間として振る舞うことなど容易かったのです。

“純血種”の獣人であるというアランは、本当の神の力とやらを見せつけます。

黄金に輝く巨大なその身体には、三つの頭がついていました。

まるでケルベロスのような狼、それがアランの本来の姿なのでした。

“純血種”と“雑種”

人間社会に溶け込み、闇から世界を支配してきた“純血種”のシルヴァスタ家。

たくさんの獣人の命を得ることでその身体を不死身のものにし、ニルヴァジール・シンドロームにも罹らず、凶暴化もしません。

士郎が不死身の身体なのは、ニルヴァジールでの惨劇で偶然それと同じ現象が起きたからだといいます。

uraraurara

しかし、士郎は純血種ではなく雑種なため、凶暴化してしまうのですね。

そんな酷い世界の真実を知ったところで士郎はアランの攻撃を受け、その場に倒れてしまいます。

一方、何も知らないみちるは、獣因子消滅薬が散布されないよう街に出て1人戦っていましたが、やがて凶暴化した獣人に囲まれてしまいます。

そんな中、ふとスマホを落とした拍子に士郎の遠吠えの動画が流れ事なきを得ます。

ところ変わって、なずなもボリスから追われ続けていましたが、マリー伊丹と貧民街の獣人たちに助けられていました。

その後、凶暴化した獣人たちに囲まれてしまいますが、ピンガとともに上空にいたみちるが駆けつけ、士郎の遠吠えの動画を流します。

すると、凶暴化した獣人も、マリーも、貧民街の獣人たちも、皆同様に遠吠えを始めました。

どうやら獣人の本能で遠吠えに反応してしまうらしいのです。

さらに、その横を対獣人兵器が通り過ぎていきます。

どうやら凶暴化して暴走している獣人にしか反応しないようです。

この二つがわかったことで、みちるとなずなはある作戦を思いつきます。

それは、遠吠えを街中にライブ中継することでした。

最後の戦い

みちる、なずな、マリー、貧民街の獣人たち、ピンガ、フィリップ率いるマフィア、立木率いる警察。

正気を保っていた面々は、協力して街を守ろうとそれぞれ行動を始めます。

すると、中継の準備をしているライブ会場にはアランが現れました。

無駄な抵抗はやめろと高慢な態度のアランに、みちるは啖呵を切ります。

「女の子とか獣人とか人間とかどうでもいい!何が普通かは自分で決める!…だけど、選ぶ権利を奪うあなたのやり方は、まじで最高にキモいから!」

uraraurara

このシーンのみちるの長台詞、まじで最高にシビれます。グッときます。

みちるの攻撃はアランにねじ伏せられてしまいます。

しかし、倒れたはずだった士郎が駆けつけ、みちるは間一髪で助けられました。

自分の中に宿るたくさんの命に勇気づけられて再び立ち上がった士郎に、アランもまたケルベロスの姿となり応戦します。

アランが“神の遠吠え”と呼ぶ強烈な攻撃に、士郎は先程までは見せなかったパワーで応えました。

それに驚いたアランが怯んだ隙に、攻撃を畳み掛けていきます。

純血種だからニルヴァジール・シンドロームには罹らないと余裕ぶっていたアランに、士郎はその危険を体験させました。

予想外の展開に焦るアランにとどめを刺そうとしますが、その瞬間、士郎の目には不安そうに見つめるみちるの姿が映ります。

士郎はとどめを刺すのをやめ、ニルヴァジール・シンドロームへの抗体ができている自らの血をアランに分け与えました。

「なぜ助けた…」

アランの問いかけに、

「俺はもう後悔したくない」

と呟いた士郎は、みちるを見て微笑むのでした。

アニマシティの未来

ついに中継の準備が整い、なずなが動画を流すようにみちるに言います。

しかし、みちるのスマホはタイミング悪くバッテリー切れ。

そこで、みちるは士郎に「遠吠えして!」と頼み込みます。

アニマシティを救えるのは、銀狼の遠吠えだと。

士郎の遠吠えが街中に響き渡り、獣人たちの遠吠えが士郎に応えるように共鳴する中、みちるは涙を流しました。

uraraurara

士郎の気持ちが、痛いほど伝わってきたから…。

ニルヴァジール・シンドロームは、時間はかかったものの収束し、アニマシティは平穏を取り戻していきます。

あの騒動の中、子どもを救ったなずなの姿が防犯カメラに映っており、その様子を収めた動画がバズって、なずなは人間からも獣人からも好かれるアイドルになっていました。

一方、市庁舎ではアニマシティの今後についてロゼ市長と士郎が話をしています。

シルヴァスタ製薬との癒着があったということで白水総理は大人しくなり、アランもシルヴァスタの会長を辞任。

ロゼ市長はアニマシティの自治権を取り戻しました。

アニマシティを少しずつ変えていく…。

難しいことだけれど、ロゼ市長と士郎にはまだまだ時間があります。

そして、みちるは獣人としてアニマシティで生きることを決めます。

獣人病の薬は完成目前ですが、今の自分を好きになれたみちるはこの街で自分にしかできないことを探そうとしていました。

初めてアニマシティに来た時に、銀狼の姿で周年祭を祝っていた士郎のことを思い出しこう伝えます。

「これからは好きな時に好きな姿になっていいんじゃない?」

そうして、なずなとともに大空に羽ばたいていくみちるの姿を見た士郎はそっと呟きました。

「変われるかもな、この街も」

『BNA ビー・エヌ・エー』第第12話(最終回)まとめ

いかがだったでしょうか。

獣人たちの生き様を描いてきた『BNA ビー・エヌ・エー』。

未来に続くラストになりました。

どんな生き方も、どんな自分も愛してあげること。

誰しも自分で選んでいいのだということ。

人種や性別、生まれた場所、そんなの関係ない。

どう生きるか、選ぶ権利は誰にだってある。

そんな普遍的なテーマを独創的な角度から映し出してくれました。

アニマシティのこれからと、私たちのこれからが、希望で満ち溢れていきますように。