『ブラック~恋する死神~』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!ソン・スンホンが刑事と死神の2役を演じたドラマ!

『ブラック~恋する死神~』キャスト・あらすじ・ネタバレ感想!ソン・スンホンが刑事と死神の2役を演じたドラマ!

出典:U-NEXT

この世では、事件や事故や自殺で毎日どこかで尊い命が奪われてしまっています。

その命を天界へ運ぶ仕事、それが「死神」。

死後の世界は、未だ未知な場所とされていますが、その未知な場所へ導くのが死神の役目。

なので、決して死に際でいる人を助けてはならないのですが、死神として人間界へ降り立つと、どうも「この人を生かさねば」という感情も芽生えるようです。

そして、死神は「好きになってしまった人間と目を合わせてはいけない」というルールもあるのです。

ブラック~恋する死神~』では人の死をわかってしまう少女と人間の体に憑依した死神の恋愛が描かれます。

”刑事に似合わない刑事ハン・ムガン”と”死神”の1人2役を演じたのは、日本でもおなじみの「元祖韓流スター」で海外でも大人気な俳優ソン・スンホン

死の影が見える不思議な女性カン・ハラム役は、ドラマ『花郎<ファラン>』や「応答せよ1994」などで大人気のコ・アラ

2人を取り巻く数々の事件と、実は繋がっている過去を暴いていくミステリーラブロマンス。

それでは『ブラック~恋する死神~』をレビューします。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『ブラック~恋する死神~』キャスト

ソン・スンホン(2役) / 役:ハン・ムガン/ブラック

『ブラック~恋する死神~』

出典:BS11

ハン・ムガン

  • 公認会計士から刑事になったが、死体を見ると吐くほどの小心者
  • 突然出会ったハラムの不思議な能力を見て人を救う提案をする
  • とある過去の事件を捜査中に、命を落としてしまう

ブラック

  • 突然命を落としたムガンの体に乗り移った冷酷な死神
  • ムガンとしての記憶は全くなく、人間界の常識も全く知らない
  • 刑事として活動するが並外れた能力で単独で捜査を行なう

コ・アラ / 役:カン・ハラム

『ブラック~恋する死神~』

出典:BS11

  • 幼い頃から人の死の影が見える不思議な能力を持つ
  • ムガンに説得されてその不思議な能力を人を救うために使おうとする
  • 昔から好きなジュンお兄さんの行方と父親の死の原因も調べている

キム・ドンジュン / 役:オ・マンス

『ブラック~恋する死神~』

出典:BS11

  • 財閥である「ロイヤル」の御曹司だが婚外子
  • 経営難のロイヤル生命を建て直す役目を任される
  • 会社売却を阻止するため、ハラムに調査を依頼する

イエル / 役:ユン・スワン

『ブラック~恋する死神~』

出典:BS11

  • 救急救命ドクター
  • ムガンの恋人だがミステリアスな部分が多い
  • ムガンが捜査している事件にかかわっている

【ネタバレ】『ブラック~恋する死神~』あらすじ・感想


刑事に乗り移った死神

人の死期がわかってしまう能力を持ったカン・ハラムは自分の能力を恐れ、常にサングラスをかけて生活をしていました。

『ブラック~恋する死神~』

出典:BS11

ある日、ハラムは新米刑事ハン・ムガンと出会い、自分の能力で人々を救おうと提案され受け入れます。

しかしムガンはその後、ある事件で撃たれて殉職してしまいました。

しかしムガンは、奇跡的に息を吹き返します。

ただ、ムガンは生き返ったわけではなく彼の身体にブラックという死神が憑依していたのです。

『ブラック~恋する死神~』

出典:U-NEXT

韓国ドラマに多い「死神」を題材にしたストーリー

韓国ドラマには、定番のストーリーがいくつかあるのですが、その一つが”死神”を題材にしたストーリーです。

例えば、韓国でも日本でも絶大な人気を誇った『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』もその一つ。

ただ『ブラック~恋する死神~』は、『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』とはまたかなり違うテイストで”死神”を登場させています。

身近に起こりうる事件を題材に、かなりリアルなテイストで描かれています。

『ブラック~恋する死神~』

出典:U-NEXT

なので、”死神”の役割も『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』とはかなり違う感じで描かれています。

かとリーニョかとリーニョ

同じ”死神”作品、比べてご覧になるのも面白いかもしれませんね。

俳優人生1一人2役を演じたソン・スンホン

韓国の俳優たちは40歳過ぎた頃がやはり役者としての転機になるのでしょうか?

かとリーニョかとリーニョ

人生初の役柄をやることが多いような気がします。

それが悪役なのか、コミカルな役なのか、人によってさまざまなようですが、『ブラック~恋する死神~』のソン・スンホンも、その1人と言えるでしょう。

正義感溢れる刑事と冷酷な死神、真逆な2役を演じています。

『ブラック~恋する死神~』

出典:U-NEXT

かとリーニョかとリーニョ

ワイルドな役柄は見たことありますが、冷酷な役は彼の作品の中では、映画であったかな?とあいまいになるくらいなので、かなり新鮮でした。

冷酷なだけでなくコミカルな演技もあります。

かとリーニョかとリーニョ

今まで二枚目を演じてきた俳優が、いきなり三枚目な演技を見ると、個人的にはギャップ萌えで嬉しくなりますね。

今までにあまり見たことのない、ソン・スンホンの新たな魅力を感じれる作品だと思います。

過去へと繋がる、数々の事件を見逃がすな!

ブラック~恋する死神~』は現代に起きる数々の事件が、実は20年近く前に起きた事件との関連があり、だんだんと秘密が明らかになっていくという内容です。

かとリーニョかとリーニョ

次々に事件が起きるので混乱しないように集中して見てほしいと思います。事件の内容も、リアルかつ結構グロく描かれているので多少ご注意を。

事件に絡んで数々の豪華な出演者が出てくるのも見どころです。

人間を好きになってはいけない、救ってはいけない死神の運命は!?

死神として生まれ変わったブラックは、ムガンがになりすましてハラムの不思議な能力で、”死神”としての仕事を遂行する予定でしたが、ガムのようにブラックにくっつくハラムの事が次第に気になり始めます。

かとリーニョかとリーニョ

ですがこれは”死神”としてあってはならないこと。

人間を愛してしまうと、”死神”としての運命も左右されてしまうのです。

最終的にブラックは、ハラムの事を愛するようになります。

さらに、ハラムと行動を共にした結果、人間の死を迎えいれることより人間の命を救うことへ考えが変わっていくのです。

しかし、ドラマの後半になって、実はブラックは生前はハラムが好きだったジュンという青年だったこと、ジュンが死んだのはハラムのせいだったことが明らかになります。

ショックを隠しきれないブラック。

『ブラック~恋する死神~』

出典:BS11

ですがブラックは人間になってでもハラムの側にいたいと思い、そのために究極の決断をするのです。

『ブラック~恋する死神~』

出典:BS11

かとリーニョかとリーニョ

この究極の決断は、涙をそそりました。

ラストに出てくる監督の思い

ブラック~恋する死神~』は最後に、監督のメッセージが出てきます。

リアルな事件を題材にしたのも、実は「監督の思い」によるものだということがわかります。

人間の欲望が及ぼす影響の大きさを描き、ドラマの題材になった事件や事故の被害者の方々の傷がはやく癒えますようにというメッセージなのです。

かとリーニョかとリーニョ

監督のメッセージはドラマを見た後だとより刺さるので、ぜひ本編でご確認ください。

『ブラック~恋する死神~』まとめ

ソン・スンホンが俳優人生初の1人2役を演じて話題になった『ブラック~恋する死神~』。

人はいつ死を迎えるかわからない、そしてどんな事件に巻き込まれるかも…。

だからこそ、人として悔いのない人生を送ってほしい、命を大切にしてほしいというメッセージも含まれたドラマだった思います。

数々のメッセージが込められた韓国ドラマ『ブラック~恋する死神~』、ぜひご覧いただきたいです。

▼動画の無料視聴はこちら▼