ドラマ『アトムの童』第8話あらすじ/ネタバレ感想!新作ゲームで危機を乗り越えようとするSAGASと、宮沢ファミリーオフィスの目論見

アトムの童

出典:アトムの童公式ページ

アトムロイドの技術を取り戻すため、SAGAS社長・興津晃彦(オダギリジョー)に協力することにした安積那由他(山﨑賢人)。

しかし、アトムロイドの技術を使った新作ゲーム作りはなかなか進まず、株主総会までに満足のいくゲームを作れそうにありません。

一方、那由他と別れた菅生隼人(松下洸平)は、ある人物から協力を求められ‥。

ゲーム作りに行き詰った那由他は、どうやってそれを打開するのでしょう。

隼人に協力を求めた人物は誰なのか?

SAGASを守ろうとする興津と、宮沢ファミリーオフィス社長・宮沢沙織(麻生祐未)の目論見に注目です!

\\『アトムの童』を見るならここ!!//

Paraviで見る

ドラマ『アトムの童』前回第7話のあらすじと振り返り

アトムの童を立ち上げてから数年後。社長の富永海(岸井ゆきの)はおもちゃの生産を復活しようとし、安積那由他(山﨑賢人)と菅生隼人(松下洸平)は次のステージを目指そうと考えます。

一方、宮沢ファミリーオフィスが買い占めたSAGASの株は5%を超え、SAGASは買収の危機に陥っていました。

宮沢ファミリーオフィスの社長・宮沢沙織(麻生祐未)から、SAGASの技術を市場開放するよう求められた興津晃彦(オダギリジョー)は、アトムの童に助けを求めるのですが‥。

\\『アトムの童』を見るならここ!!//

Paraviで見る

【ネタバレあり】ドラマ『アトムの童』第8話あらすじと感想

プロキシーファイト

安積那由他(山﨑賢人)は、アトムロイドの技術を取り戻すため、SAGASの新作ゲーム作りに協力することにしました。

SAGAS社長・興津晃彦(オダギリジョー)は、2週間後の株主総会で、SAGASのゲームが技術的にも品質的にも世界で一番優れていると認めさせれば、買収の危機を脱することが出来ると考えていて‥。

一方、宮沢ファミリーオフィス社長・宮沢沙織(麻生祐未)は、今度の株主総会で、SAGASの現経営陣を退陣させようとしています。

その為には、過半数以上の株主の賛同が必要でした。

ミルトモ 編集部

SAGAS(経営陣)と宮沢ファミリーオフィス(対立株主)の間で、委任状の争奪戦が始まりました。より多くの委任状を手にした方が、自分たちを優位に立たせることが出来ます。果たして、どちらがより多くの支持を得られるのでしょうか?

興津晃彦(オダギリジョー)の戦略

興津は、SAGASの大株主・伊原総一郎(山﨑努)(約8%の株を所有)を味方にしようと考えました。

伊原はすでに第一線から退いていますが、業界内では影響力のある存在です。

さらに伊原は、興津がSAGASを立ち上げた時に援助してくれた恩人でした。

興津は伊原の自宅を訪ね、委任状を頼むのですが‥。

一方、那由他が取り組んでいる新作ゲームの進捗状況は、芳しくありませんでした。

ミルトモ 編集部

病気を患い、車いすに乗っている伊原。伊原は双方の言い分を聞いてから、どちらに委任状を託すか決めようとしているようですが‥。実際のところ、伊原が何を考えているか分かりませんでした。

宮沢沙織(麻生祐未)の目論見

伊原を味方にしようと考えたのは、興津だけではありません。

宮沢は伊原を説得するため、菅生隼人(松下洸平)に協力を求めました。

何故なら、伊原は隼人が作るシリアスゲームに惚れ込んでいたからです。

那由他たちが作ったゲーム“学校へ行きたい!”を買い取ったのも伊原でした。

隼人は、過去のしがらみから解放されて次のステージに進むためには、SAGASを潰すしかないと考え‥。

隼人は、ティムと一緒にシアトルに行くのを止めてしまったようです。

ミルトモ 編集部

隼人が宮沢に協力したのは、自分のためだけではないと思います。緒方公哉(栁俊太郎)の死に責任を感じている那由他を、過去のしがらみから解放しようとしているのでは‥。

打開策は、初心と原点に立ち返る事

株主総会まであと9日。那由他たちの新作ゲームは、株主総会でデモンストレーションできるレベルになっていません。

興津は、那由他の自宅までやって来て、「朝までに打開策を示せ」と言います。

“ぷよぷよeスポーツ”をする興津と那由他は、昔のゲームの良さに気づき、原点に返るべきだと考えました。

そんな中、興津は、自分の考えを那由他に話し始め‥。

那由他は、自分が理解されないと嘆く興津に、「それは、あんたが人を大事にしなかったからだよ」と言いました。

翌日、伊原に会いに行った興津は、「私は初心に、会社は原点に立ち返り、これからは経営していきたいと思います」と言います。

ミルトモ 編集部

初心に戻り、もう一度一からやり直そうとしている興津。しかし、興津がしてきたことを考えると、そう簡単に許すことは出来ないと思いました。ところで、伊原が興津を「ガリバー」と呼ぶのは何故でしょう。会社が大きくなったことを皮肉って言っているのでしょうか?

アトムの童とSAGASの共同作業

デジタルにアトムロイドの技術を移植するには、開発者の知識とセンスが必要だと考えた那由他。

那由他は、アトムの童に助けを求めるのですが‥。

株主総会まであと6日。ゲーム作りに悪戦苦闘しているSAGASの社員を見た富永繁雄(風間杜夫)は、キャラクターの動かし方を説明します。

最終的にアトムの童は、SAGASの新作ゲーム作りに協力することにしました。

一方、隼人は、伊原の委任状を宮沢に渡します。

ミルトモ 編集部

アトムの童と一緒に働くSAGASの社員たちを見て、最悪だったSAGASの印象が変わりました。ところで、宮沢に初めて会った伊原は、宮沢にどんな印象を持ったのでしょう。伊原が“ももたろう”を読みながら「鬼の身にもなってみろ」と言ったのが気になりました。

株主総会

株主総会 当日。興津は、顧客データの不正使用の容疑で警察に連行されました。

その姿を、不敵な笑みで小山田賢雄(皆川猿時)が見ています。

那由他たちは予定通り株主総会を開き‥。

SAGASは、株主総会の出席者ほぼ全員を味方につけなければ、宮沢に負けてしまいます。

株主提案を出していた宮沢は、「今すぐ決議を取りましょう」と言うのでした。

ミルトモ 編集部

隼人が、株主総会に出席せずに立ち去ったのが気になりました。隼人は、何かを隠している気がします。お菓子を散らかしたままで寝ている伊原は大丈夫なのでしょうか。ところで、小山田は興津から宮沢に乗り換えた?

ドラマ『アトムの童』第8話まとめ

SAGASの株主総会が始まりましたが、宮沢ファミリーオフィスとの勝負は、那由他たちが作った新作ゲームに懸かっています。

株主総会に出席した人達を味方につけなければ、SAGASは宮沢ファミリーオフィスの要求に従わなければなりません。

一方、隼人は伊原の委任状を宮沢に渡しましたが、伊原は本当に宮沢の味方なのでしょうか?

那由他たちはどんなゲームを作ったのでしょう。株主総会の行方は?

警察に連行された興津が、どうなってしまうのかも気になります。

最終回がどんな結末になるか、最後まで見届けたいです!

\\『アトムの童』を見るならここ!!//

Paraviで見る