『監察医 朝顔』第7話あらすじ・ネタバレ感想!朝顔の母・里子の遺品が見つかる。骨も母親のものなのか…?

ドラマ『監察医 朝顔』第7話あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『監察医 朝顔』公式ページ

やっと母・里子(石田ひかり)の遺品が見つかりましたが、中に入っていた骨は本当に里子のものなのでしょうか。

長年探してきた平(時任三郎)と里子の父の確執も、今回で少し解消されるのかもしれません。

そして、今まで朝顔たちが抱えていた悲しみや複雑な想いはどうなっていくのでしょうか。

それでは、『監察医 朝顔』第7話をレビューしていきたいと思います。

\\『監察医 朝顔』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

『監察医 朝顔』第7話あらすじ

朝顔(上野樹里)のもとに、里子(石田ひかり)が被災時に身に着けていたと思われる手袋が見つかったとの連絡が入る。

それは、朝顔が中学生の時に使っていた手袋で、内側には朝顔の名前も記されていた。

朝顔からその知らせを受けた平(時任三郎)は、桑原(風間俊介)に、朝顔とつぐみ(加藤柚凪)を頼む、と言い残して東北へと向かった。

ドラマ『監察医 朝顔』第7話あらすじ①

そんな折、朝顔は、ある事件の控訴審に、鑑定証人として出廷することに。

マスコミも「疑惑の女・10億の美魔女」として注目するこの裁判の被告人・白川亜里沙(有森也実)は、3年前に会社社長だった夫が病死し、4億円以上の遺産を手にしていた。

その1年後、亜里沙は資産家の男と再婚するが、わずか3ヵ月でまたもや夫が病死し、今度は6億円もの遺産を手に入れていた。

ドラマ『監察医 朝顔』第7話あらすじ②

亜里沙は、ふたり目の夫の死亡について状況証拠から逮捕されたが、一審は無罪だった。

そこで検事の石田希子(山本未來)は、東横大学の法医学教室が司法解剖を行ったふたり目の夫について、朝顔に再鑑定を依頼したのだ。

証人控室で待つ朝顔を訪ねてきた丸屋(杉本哲太)は、今回の裁判は警察の威信がかかっているから必ず有罪にしてほしい、と頼む。

石田検事の顔に泥を塗るようなことだけはするな、と言うのだ。

ドラマ『監察医 朝顔』第7話あらすじ③

それに対して朝顔は、亜里沙を有罪にするためではなく、あくまでも再鑑定の事実を明らかにするために証言台に立つが……。
出典:『監察医 朝顔』公式ページ

【ネタバレ】『監察医 朝顔』第7話の感想

手がかり

朝顔(上野樹里)の母・里子(石田ひかり)の遺品であるかもしれない手袋が見つかりました。

茶子先生(山口智子)から、すぐに平(時任三郎)に電話をするように言われました。

平に電話した朝顔は動揺しないか心配でしたが、平はその事実を受け入れたくありません。

骨が見つかったとしても、今動揺してつぐみ(加藤柚凪)の前で取り乱すこともできません。

朝顔はすぐに帰宅して、つぐみの面倒を見始めました。

平は朝顔に「お母さんだったら連れて帰る」と言い東北に向かいました。

信じたくない気持ちと、今まで見つからなかったことで生きているかもしれないという望みを持っていました。

朝顔も桑原(風間俊介)も気にしていますが、今は目の前の仕事に集中すると言いました。

裁判

母のことで動揺していた朝顔ですが、ある事件の裁判に法医として出廷することになっていました。

今回は少しややこしい事件で、再鑑定後の裁判だったのです。

解剖の時に写真を撮影していたり、記録しているのはこのためです。

検事側からお願いされて出廷しますが、今回は有名な10億の美魔女と対決なのです。

第一審では無罪とされましたが、白川亜里沙(有森也実)の周りではすでに亡くなった男性を含めて2人が亡くなっています。

殺害容疑がかけられていますが、否認しています。

朝顔が東横大学の解剖の後の再鑑定を担当しましたが、もともとの診断結果は「嘔吐物の誤嚥」で亡くなったとされていました。

胃を写真で見てみても炎症を起こしていることに間違いはないので、慢性的な胃腸炎であったことも証明されています。

病院で胃腸炎の治療を受けていたことも確認されています。

鑑定は間違いではないかもしれませんが、朝顔は他にも気になる点がいくつかありました。

嘔吐する原因は他の病気でもありますが、朝顔たちは今回は病死ではない可能性があると話します。

解剖写真を見ていると、男性は皮膚の一部が変色していたのと、爪の変形も見られました。

このことから金属アレルギーであることが判明します。

金属アレルギーの中でも水銀は死亡原因になります。

そのために普通では調べない点に関しても調べました。

裁判は魔女が仮病を使ったことで延期になりましたが、白川被告はテレビの取材で朝顔を挑発しました。

延期された裁判では亡くなった男性の臓器からは水銀が検出された事も朝顔から報告されました。

そして、今回の死の原因とされている水銀はすぐに作用するようにではなく、慢性的にいわゆる毎日のように食事などに混入されていた可能性があります。

慢性的な中毒症状に見られる腎臓の障害もありました。

水銀は無味無臭なので、食事や飲料に混入されていたとしても気づくことはまず少ないです。

新たな証拠として、丸屋(杉本哲太)が資料を持ってきました。

亡くなった男性が使用した枕に付着していた毛髪の薬物検査をした結果、根本から2.7cm程のところまで水銀が含まれていました。

ここからわかるのは摂取を始めた時期が分かります。

毎日0.3cm伸びる髪の毛から逆算していくと、およそ3ヶ月前から服用していたことになります。

ということは、白川と結婚した頃からということです。

これで殺害したと証明されたのです。

家族の絆

平は仙ノ浦震災復興センターが開いたと同時に確認に行きました。

手袋を確認すると、里子のもので間違いありませんでした。

手袋はボロボロになっていて、名前もにじんでいましたが間違いないことは確実でした。

平は里子が見つかった場所で他に遺品がないか探し始めました。

祖父(柄本明)も一緒になって探していますが、少しでも里子の骨や遺品を見つけたいのです。

やっと二人は話すことができましたが、気まずい雰囲気ではありました。

朝顔たちは、DNA鑑定の結果で里子だと判断された時に受け止められるか心配でした。

そして翌日、警察からDNAの鑑定結果を知らされると、骨から親子関係が認められないと判断されました。

手袋は発見されましたが、骨はいつになってもどこにあるのかは分かりません。

まだ消えない闇の中にいる朝顔たちは、言葉にできない苦しみの中に立たされていることには変わりありません。

里子の手袋に入っていたのは誰の遺骨なのか気になっていました。

平は帰ってくる車の中で、言葉にできない悲しみで涙を流していました。

中に入っていた遺骨は、里子が助けに行ったみずえさんのものであることが分かりました。

最後まで人のことを心配して、手袋を貸してあげていたのかもしれないと言った朝顔の心は計り知れません。

『監察医 朝顔』第7話まとめ

手袋が見つかったことで、これからも探し続ければ骨が見つかるかもしれないと思った平と祖父の心と、もう一度だけでも会いたいと言ったその言葉に涙してしまいました。

そして、朝顔は平も辛いと考えて号泣しなかったところで、本当に家族の絆が強いんだと再確認しました。

何年経っても失われてしまった悲しみは絶対に消えません。

\\『監察医 朝顔』を見るならここ!!//

14日間無料のFODプレミアムで見る

▼次回第8話も続けて読む▼