映画『アナベル 死霊博物館』あらすじ・感想!『アナベル』シリーズ史上最高の恐怖が襲いかかる【ネタバレなし】

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじ・ネタバレ感想!

出典:『アナベル 死霊博物館』公式ページ

シリーズ史上最恐の最新作『アナベル 死霊博物館』を観たら、誰もが身震いすること間違いなしのお化け屋敷映画。

家という密室で展開される恐怖の連続に耐えることができますか?

ポイント
  • 『アナベル』シリーズの中で本作が一番怖い
  • 定番だからこそ、怖く感じます
  • 霊の存在を恐れてはならない

物語は、人形をどうするかの話し合いから始まります。壊すかのか、保管するのか。

保管する方を選んだ心霊研究家のウォーレン夫妻。

自宅に持ち帰り、アナベル人形をショーケースに閉じ込めるのですが、次は彼らの娘と10代のベビーシッターが、怨霊という恐ろしい魔の手に襲われます。

映画『アナベル 死霊博物館』作品情報

映画『アナベル 死霊博物館』作品情報

出典:映画.com

作品名 アナベル 死霊博物館
公開日 2019年9月20日
上映時間 106分
監督 ゲイリー・ドーベルマン
脚本 ゲイリー・ドーベルマン
出演者 マッケナ・グレイス
マディソン・アイズマン
ケイティ・サリフ
パトリック・ウィルソン
ヴェラ・ファーミガ
音楽 ジョセフ・ビシャラ

映画『アナベル 死霊博物館』あらすじ


超常現象研究家のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)は、呪われた品々を自宅の地下にある保管室で厳重に保管していた。

しかし一晩留守にする間、娘のジュディ(マッケナ・グレイス)の面倒を見るため家にやってきた少女が保管室に入り、呪いの人形アナベルを外に出してしまう。

そして封印を解かれたアナベルの力によって、展示物に死霊がとりつく。
出典:シネマトゥデイ

映画『アナベル 死霊博物館』みどころ

映画『アナベル 死霊博物館』みどころ

『死霊館』シリーズのスピンオフ第3弾。

超常現象研究家夫妻の家で保管されていた呪いの人形アナベルの封印が解かれる。

ウォーレン夫妻をおなじみのパトリック・ウィルソンとヴェラ・ファーミガ、彼らの娘を『gifted/ギフテッド』などのマッケナ・グレイスが演じる。

シリーズに携ってきたジェームズ・ワンが製作を務め、『アナベル』シリーズの脚本を担当してきたゲイリー・ドーベルマンがメガホンを取った。
出典:シネマトゥデイ

映画『アナベル 死霊博物館』を視聴できる動画配信サービス

『アナベル 死霊博物館』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年9月22日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

ご覧のとおり、2019年9月22日現在はどこのビデオ・オン・デマンドでも配信開始となっておりません。

動画配信が開始になり次第、追って情報を掲載させていただきます。

映画『アナベル 死霊博物館』感想レビュー【ネタバレなし】

『アナベル 死霊博物館』はシリーズ史上最恐レベル

最初に言っておくと、『アナベル 死霊博物館』という邦題は、少し分かりにくいと思いました。

故人の品を保管する部屋を指して、死霊博物館と命名したのだろうと推測できます。あと『死霊館』シリーズから取ったものと考えられます。

ただ、タイトルだけで判断しても、物語をパッと連想できない題名になっているのは残念です。

アメリカの原題は『Annabelle Comes Home』となっており、直訳すると「アナベル、家に来る」です。

色々考察すると、前作『アナベル 死霊人形の誕生』の続きになっており、本作の冒頭でも前の事件が解決した後のアナベル人形を壊すか、保管するかで議論される場面から始まるわけです。

話し合いの結果、心霊研究家のウォーレン夫妻が、家に持ち帰ることになるのですが、本作は「持ち帰る」という決断をしたことによって次の恐怖が始まるように設定されています。

この行為を考慮せずに、「死霊博物館」というタイトルにしたのはちょっとセンスないよなぁと感じてしまいました。

しかし、作品そのものはしっかり作り込まれていて、最初から恐怖演出が過激です。

アナベルを家に持ち帰るため帰路に着くウォーレン夫妻に、人形の呪いが襲いかかります。

墓地の前で突然車がエンストしたシーンでは、出だしから驚かせに来ています。

ただ、シリーズの顔でもあるウォーレン夫妻の出番は最初と最後だけ。

本作では彼らの娘と10代のティーンエイジャーが、アナベルたち怨霊の恐怖に襲われる新しい設定になっている点が見どころです。

定番の恐怖演出は逆に怖さを誘う

霊が登場するホラー映画といえば、やっぱりシンプルに「怖いかどうか」が評価のポイントになると思います。

どんな幽霊で登場の仕方はどうなの?見た目は?怖がらせ方は?突然出てくる?など、作品の随所に張り巡らされた恐怖演出がホラーにとっては必要不可欠です。

“シネマティック・ユニバース”でもある本シリーズは、1作目の『死霊館』から本作まで、あらゆる視点でウォーレン夫妻と心霊との戦いを描いています。

今後も『死霊館』の世界観は何作にも折り重なり展開されていく、壮大なホラーシリーズになるそうです。

少し話がそれましたが、最初の作品から一貫している点は「怖がらせ方が同じ」ということ。

良く言えば、同じ展開で約束事のような演出に期待を裏切らない。

悪く言えば、オーソドックスで変わることがないので、話の流れが読めてしまう点でしょう。

たとえば、大きな物音や突然のドアのノック音、見えない何かに床を引きずられる演出はどの作品でも見受けられる場面です。

お馴染みすぎて見飽きたと思うかもしれません。ですが、ある意味で約束事を破らない、期待を裏切らないプロットは、逆に見やすいと考えてもいいでしょう。

本作は、怖いのは幽霊だけじゃないという点も描かれています。

新聞でウォーレン夫妻に対する批判が出た後、学校では彼らの子供がいじめに遭います。友達の親からも異端扱いされてしまいます。

誕生会にも誰も来ないのは、周囲が夫婦を信用してないから。その感情が子供にまで向けられます。

幽霊だけじゃなく、ひとつの偏った思考で周りの人間が冷たい態度をしてくるのもある意味では恐怖かもしれません。

ただ、本作には前シリーズと似たような場面がある中でも、特に印象的なシーンがあります。

白いドレスを着た強い怨念を持つ女の霊がウォーレン夫妻の娘を襲う場面です。

まだ明るい日中での出来事。そもそも昼間の時間帯に出る幽霊も反対に怖く感じます。

外を歩く霊が、壁に掛けてある物を強力な念で落としていく場面が印象的でした。

鏡の中に映る姿にも恐怖を感じます。

この場面は、過去のどの作品にもない今まで観たこともない演出だったため、本作の中で一番怖いと感じたシーンです。

また、作中に登場する鏡を使ったトリック撮影にも、注目して欲しいところです。

『アナベル 死霊博物館』で注目すべき子役

ウォーレン夫妻の不在、女子3人の活躍、そして家の中という密室で展開されるストーリーは、シリーズの中でも変わった設定と言ってもいいでしょう。

注目したいのは、本作で大いに存在感を発揮している主人公の女子高生と小学生です。

特に、子役のジュディ扮するマッケンナ・グレイス。彼女は10代前半で、すでに大作映画に軒並み出演しています。

『キャプテン・マーベル』『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』『gifted/ギフテッド』など、知名度の高い作品にて重要な役どころを演じています。

本作では、ウォーレン夫婦に変わって怨念と対峙する強い少女として主役を張っており、この若さで次々にメジャー作品に抜擢されるマッケンナ・グレイスはさらなる飛躍を遂げてほしい役者の一人です。

また、本作では二人の女子高生の存在感も際立っています。特に物語のキーパーソンでもあるベビーシッターのダニエラ扮するケイティ・サリフ

出演作は少ないですが、本作では興味本意で固く禁じられている博物館に入ってしまう女子高生を好演しています。

入ってはいけない部屋に入るという、端から見れば人様の家の部屋を漁る行儀の悪い高校生に見えますが、本作のキーパーソンで重要な役柄を存在感たっぷりに演じてくれています。

本作『アナベル 死霊博物館』は、ドキドキハラハラさせられる恐怖演出もさることながら、心を温かい何かで包んでくれる愛のある場面があるのも最大の魅力です。

これはシリーズ全体を通して言えることです。

恐ろしい出来事を題材にしながらも、家族愛を描いているのも注目するところです。

映画『アナベル 死霊博物館』まとめ

以上、ここまで映画『アナベル 死霊博物館』について紹介させていただきました。

要点まとめ
  • シリーズ史上、最恐のホラー作品
  • 怖いのは、定番の恐怖演出だけじゃない
  • ラストの一幕は、感動させられます