『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』あらすじ・感想! 実話に基づく先の読めないサスペンス【ネタバレなし】

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』あらすじ・ネタバレ感想。 実話を基にした先の読めないサスペンス・ミステリー

出典:『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』公式ページ

ダン・ブラウンの著作、ロバート・ラングドン教授が主役のシリーズといえば「ダ・ヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」「インフェルノ」が次々に映画化され、全世界で一大ブームを巻き起こしたことであまりにも有名です。

しかし第4作目にあたる『インフェルノ』出版時に、誰もが驚くような事実があったことはあまり知られていません。

新作を世界中の読者に同時に届け、また海賊行為などの違法な流出を防ぐためアメリカの出版元が翻訳者たちを地下室に隔離して作業させたのです。

この今まで聞いたこともない実話を基に製作されたのが『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』です。

昔ながらの密室という舞台を用意しながらも、デジタル社会ならではの大胆な犯行と息苦しいまでの犯人探しに、スクリーンから目が離せなくなること間違いなし。

どんでん返しの連続で、最後にすべてが明らかになった時もう一度映画を見直したくなるはず。

それでは『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』についてネタバレなしでレビューします。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』の作品情報

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

作品名 9人の翻訳家 囚われたベストセラー
公開日 2020年1月24日
上映時間 105分
監督 レジス・ロワンサル
脚本 レジス・ロワンサル
出演者 ランベール・ウィルソン
オルガ・キュリレンコ
アレックス・ロウザー
シセ・バベット・クヌッセン
リッカルド・スカマルチョ
音楽 三宅純

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』あらすじ【ネタバレなし】


世界中のファンが待ち望んでいた、大人気ミステリー三部作の完結編「デダリュス」の刊行がついに発表されます。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

全世界同時発売をするため、そして違法な流出を防ぐために、出版社は9人の翻訳家たちをフランスの人里離れた村にある洋館に集めます。

『9人の翻訳家 囚われのベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

彼らは外部との連絡を一切遮断された地下の密室で1日に20ページずつ渡される原稿を、それぞれの担当する言語に翻訳する作業を行うことに。

ところがなんと原稿の一部がネットに流出、そして出版社社長アングストローム(ランベール・ウィルソン)の元に脅迫メールが届きます。

「24時間以内に500万ユーロを支払わないと、次の100ページも公開する。要求を拒めば全ページ流出する」

全原稿を管理しているのは、作者であるオスカル・ブラックとアングスロトームのみ。

アングストロームは集めた翻訳者たちが犯行に及んだと確信、犯人探しを始めますが、厳格に監視されていたというのに2回目の原稿流出が起きてしまいます。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

閉じ込められた地下の空間で、疑心暗鬼になりながらも仕事を強要される翻訳者たち。

しかし精神的に追い詰められたことで、予期せぬある悲劇が起きてしまいます。

脅迫犯は誰なのか、その動機や犯行の手口とは?

そして隠された驚愕の真実とは!?

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』感想

映画のアイデアは「ダ・ヴィンチ・コード」続編の出版秘話から

本作『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』が着想を得たというエピソードの中心でもあるダン・ブラウンの著作は世界規模で大ベストセラーを記録し日本でも大ブレイクしました。

特に人気だったのが、「ダ・ヴィンチ・コード」が代表作である「ロバート・ラングドン」シリーズです。

ハーヴァード大学で宗教象徴学を専門にしているラングドン教授が、毎回歴史や宗教にまつわる世界を飛び回るような事件に関わっては、作中のヒロインから好意を持たれる冒険ミステリー。

徹底的なリサーチを基に、豊富な知識で描かれるダン・ブラウンのミステリーは、読んでいると美術や宗教の勉強もできてしまうという優れものです。

そんなラングドン教授シリーズの4作目、2013年に刊行された「インフェルノ」の出版秘話がこの映画の元ネタです。

当時すでに、世界中に読者がいたシリーズの新作のため翻訳版を出版する際、出版元が翻訳者を隔離状態におくという前代未聞の状況が発生しました。

くりすくりす

違法な流出を防ぐためとはいえ、思い切りの良すぎる手段ですよね。

翻訳期間は2ヶ月間、場所はイタリアのミラノ近郊。

11人の翻訳者たちは警備員が常駐する地下室で仕事をしていたそうです。

携帯電話の没収や、インターネットなどのアクセスも制限されていた11人。

映画では9人の翻訳家ですが、置かれた状況は良く似ています。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

ただし、宿泊は郊外のホテル、毎日地下室とバスで往復していたようですから、映画のように地下とはいえ豪華な部屋と食事が用意されていたわけでは決してなかったようです。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

多少は外出もできたようですしそこは映画とは大きく違いますね。

くりすくりす

実話そのものの映画化ではなくても、本当に隔離されて翻訳をしていた作品があったというのは驚きます。

しかしこの話からミステリーとしても一級品の出来の『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』を作り出した、レジス・ロワンサル監督には脱帽です。

情報を入れずに鑑賞して翻弄されるべき作品です

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』は密室の謎を解いたり、殺人事件の犯人を追う話ではありません。

ミステリーと銘打っていながら、犯人を特定すること、トリックを見破ることへの爽快感もないのです。

あるのは犯人が「何故原稿を流出したのか」という謎と、その謎が解けた時の驚きです。

くりすくりす

ポスターにある「あなたは、この結末を誤訳する。」の言葉通りまさに驚愕のラストには舌を巻きました。犯人の目的、正体、原稿流出の方法、すべてを解けた人がいたら本当にすごいと思います。

観客を振り回したところに新たな爆弾を投下するような、飽きさせない構成になっているので緊迫感は半端ないです。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

その上で起承転結はしっかりしていて、登場人物は多いけれどキャラの描き分けはばっちりで大きな混乱はないというしっかりした作りです。

一体誰が、どうして、どうやってと考えながら映画の世界にどっぷり浸かれます。

どんでん返しの連続で、途中から物語がスピードアップしていくとますます目が離せなくなります。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

くりすくりす

ミステリーを楽しむ時は謎解きが好きという方より、心理戦がより好きな人の方がハマる映画だと思いますよ!とある人物が収監された刑務所のシーンは、特にドキドキしますし。

ほぼ同時期に公開された映画『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』とは、まったく方向性は違いますが、どちらもオリジナル脚本で古典的でありながら現代物らしい切り口もあり、ミステリ―好きには2作品ともオススメです!

『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』あらすじ・感想!全員容疑者?予測不能のミステリー【ネタバレなし】

演技派・個性派なキャストにも注目

ベストセラー「デュダリス」の完結編発売のため、翻訳者を監禁するという異例の状況を作った出版社社長・アングストローム。

傲慢で金に物を言わせ、自信家、プライドが高い、他人を平気で見下すというかなりいけすかない男なのですが、腹が立つことにとても顔が良いんです。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

くりすくりす

ほんとに格好良いんですよ、だってランベール・ウィルソンが演じているから!!被害者なのにゲスな性格のせいで欠片も同情心はわかない…はずだったのに、顔が良すぎて色々許せてしまいそうになります。1958年生まれとか嘘でしょうと思うほど、アップも格好良く立ち姿も素敵で色々と複雑な気持ちになりました。若い頃もトンデモ美形でしたから当然なんですけれど。

何はともあれイケオジ好きにはたまりません。

歌手としてアルバムも出している多才なお方です。

また、ヒロインという立ち位置ではないですが、翻訳者の一人を演じたオルガ・キュリレンコの美しさは絶品。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

ミステリアスで、どこか寂しげな美女という言葉がぴったり。

謎のありげな最年少の若者アレックスを演じたアレックス・ロウザーは映画『イミテーション・ゲーム』やドラマ『このサイテーな世界の終わり』でご存じの方も多いのでは?

くりすくりす

アレックスはとにかく演技が抜群に上手いのです!

ひょろっとした頼りなさそうな見た目ですが、もう光りまくってます。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』

(C)(2019) TRESOR FILMS – FRANCE 2 CINWMA – MARS FILMS – WILD BUNCH – LES PRODUCTIONS DU TRESOR – ARETMIS

アレックスとランベール・ウィルソンの緊迫したシーンは、本作『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』の見どころにもなっています。

くりすくりす

翻訳者として集められた面々も個性的なので地下室でのクライマックスシーンは先が読めずにドキドキすること間違いなしです。

『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』あらすじ・感想まとめ

以上ここまで『9人の翻訳家 囚われたベストセラー』についてネタバレなしでレビューしてきました。

要点まとめ
  • 先が読めない心理戦に引き込まれます!
  • 三宅純が担当した音楽が何ともスリリングで、作品を格上げする出来。必聴です!
  • 文学を愛する人はすべてが明らかになった後、何とも言い難い気持ちになるかも。

いったい誰が何のためにどうやってベストセラーを流出させたのか?

最後まで展開が読めないミステリー・サスペンスをお楽しみください。

▼動画の無料視聴はこちら▼