ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』第8話あらすじ/ネタバレ感想!倒れた黒木蔵人(柳楽優弥)と中学受験をやめることにした島津順(羽村仁成)

出典:二月の勝者-絶対合格の教室-公式ページ

出典:二月の勝者-絶対合格の教室-公式ページ

島津順(羽村仁成)の母・優子は、息子の中学受験をやめさせようとしていました。

何故なら、順が中学受験をする事になったのは、父・弘が無理やり受験を勧めたせいだったからです。

一方、桜花ゼミナールでは保護者面談が行われ、黒木蔵人(柳楽優弥)は忙しい日々を過ごしていました。

ある日、佐倉麻衣(井上真央)は部屋で倒れている黒木を見つけ・・。

中学受験をやめることにした順と、倒れた黒木。

第8話は、そんな2人がどうなっていくかに注目です!

\\『二月の勝者-絶対合格の教室-』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』前回第7話のあらすじと振り返り

中学受験を目指して頑張っている大内礼央(粟野咲莉)は、いつもふざけている石田王羅(横山歩)をどうにかして欲しいと橘勇作(池田鉄洋)に頼みました。

礼央と王羅のことを知った黒木蔵人(柳楽優弥)は、ビルの5階に新しく開校した個別指導塾・ブルーミングに王羅を転塾させることにします。

そして、その塾の校長として橘を推薦しました。

そんな中、島津順(羽村仁成)の保護者面談が行われようとしていたのですが・・。

\\『二月の勝者-絶対合格の教室-』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る

【ネタバレあり】ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』第8話あらすじと感想


父親に逆らう島津順(羽村仁成)

黒木蔵人(柳楽優弥)と佐倉麻衣(井上真央)が家の中に入ると、部屋には物が散乱し、島津順(羽村仁成)の父・弘だけがいました。

順は、弘から暴力を振るわれている母・優子を庇い、弘に掴みかかっていきます。

「謝れ。謝らないなら警察に通報するぞ」

弘にそう言われても、順は謝りませんでした。

弘は警察に通報し、その間に優子は順を連れて家から出て行くのでした。

ミルトモ 編集部

弘が順に厳しくするのは、自分が苦しさに耐えて勉強してきたせいでした。もしかすると、弘の父親も、今の弘と同じように厳しい人だったのかもしれません。

自分の行動を反省する黒木蔵人(柳楽優弥)

桜花ゼミナール吉祥寺校には順と優子が来ていました。

順は一人でΩクラスの教室で勉強しています。

黒木は相談室で優子から話を聞くことにしました。

「申し訳ありませんでした。うちはもう無理です。受験もやめようと思います」

黒木との話を終えた優子は、順を連れて順の祖母の家に行くことにします。

その後、黒木は、塾生の家庭の問題に関与してしまった事を反省するのでした。

ミルトモ 編集部

お金だけで動いている人なら、順の家庭の問題に関わらなかったと思います。普段見せない黒木の本当の姿を、見た気がしました。

越権行為

橘勇作(池田鉄洋)は、順の成績が落ちている一因を知り、どうにかしてやりたいと思っていました。

しかし、塾講師が家庭の問題に関わるのは越権行為になります。

桂歌子(瀧内公美)は、黒木の行動がやり過ぎだったことを指摘します。

そんな桂の言葉に佐倉は、「島津くん本人を守ってあげることは、私たちがやるべきことだと思います」と言うのでした。

ミルトモ 編集部

電話で人が争っている声を聞いて、黒木が順を心配するのは当然ではないかと思います。どこまでが越権行為になるのかは、難しい問題だと感じました。

過労で倒れる黒木蔵人(柳楽優弥)

黒木は、校長として塾講師たちに指示を与える事だけが仕事なのではありません。

保護者面談が行われている中、黒木は塾生一人一人の成績を分析し、本人の適性や希望に沿った中学校を探して資料を作っていました。

さらに、無料塾・STARFISHに通う人達にも、一人一人に合った教材を揃えていたのです。

仕事を終えた黒木はSTARFISHに向かおうとしますが、過労で倒れてしまいます。

病院には、黒木を心配して駆け付けた灰谷純(加藤シゲアキ)と佐倉がいました。

黒木はそんな2人に「申し訳ありませんでした。私はもう大丈夫です。どうぞお引き取り下さい」と言うのでした。

ミルトモ 編集部

生徒たちの事だけを考えて過ごすのが、黒木の日常のようです。塾の利益も考え、さらに生徒一人一人に気を配ることも忘れない黒木。完璧すぎる黒木に感嘆しますが、自分のことも大事にして欲しいと思いました。

佐倉(井上真央)が目指す塾講師は黒木(柳楽優弥)

佐倉は一人で保護者面談に臨んでいました。

本当は、黒木も一緒に面談に参加するはずだったのですが、面談の時間になっても黒木が現れなかったのです。

遅れてやって来た黒木は、面談をする佐倉の姿をしばらく見た後、踵を返して立ち去りました。

上杉海斗(伊藤駿太)の母親と面談しているのは黒木です。

海斗の母親は、海斗が余裕で受かる中学校ばかりを希望します。

しかし、海斗が希望している中学校は、母親が考えていた中学校とは違っていたのでした。

ミルトモ 編集部

はじめの頃の佐倉は、黒木のやり方に抵抗感を覚えていました。しかし、今の佐倉は、黒木のような塾講師を目指しているように見えました。灰谷にとっても、黒木は憧れの塾講師だったようです。

守り神に願い事をする順(羽村仁成)と海斗(伊藤駿太)

順は経済的に厳しくなる母親を気遣い、中学受験をやめることに決めました。

黒木はそんな順の母・優子に奨学金制度がある事を伝え、「経済的理由は、受験をあきらめる理由にはならない」と言います。

しかし、優子が一番気にしていたのは、順が無理やり受験勉強をさせられていたのではないかという事でした。

実は、順は開成中学校を受験したいと思っていたのです。

順の気持ちを知った優子は、黒木に順を任せることに決めました。

「ここの神様を侮るなよ。ここは俺の守り神。俺、小さい頃から願い事があると、いつもここでお願いしてたんだ」

順にそう言われた海斗は、自分の願い事を声に出して願いました。

海斗の願い事は、開成中学校にチャレンジする事だったのです。

ミルトモ 編集部

2人が希望の中学校に入れることを願っています。

ドラマ『二月の勝者-絶対合格の教室-』第8話ネタバレ・感想まとめ

両親が離婚することになった順は、中学受験を諦めようと考えます。

しかし、黒木のおかげで、順は中学受験を継続することが出来ました。

自分の事より、子供たちのことを第一に考える黒木。

黒木のやり方に抵抗感を覚えていた塾講師たちも、黒木を認めるようになっていました。

何故なら、生徒に向ける黒木の言動は、常に生徒に寄り添っていたからです。

そんな黒木が、倒れてしまうとは思いませんでした。

超人的な黒木でも人間らしい部分がある事が分かり、黒木に対する見方が少し変わりました。

次回の黒木の活躍にも期待したいです!

\\『二月の勝者-絶対合格の教室-』を見るならここ!!//

14日間無料のHuluで見る