『1917 命をかけた伝令』あらすじ・ネタバレ感想!戦場にいるような緊張感を味わえる、驚異の没入体験映画

『1917 命をかけた伝令』あらすじネタバレ感想。自分も戦場にいるような緊張感を味わえる、驚異の没入体験映画

出典:『1917 命をかけた伝令』公式ページ

2020年ゴールデングローブ賞で、映画部門作品賞ドラマ部門作品賞、監督賞を受賞。

アカデミー賞では10部門でノミネートされ、撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞した『1917 命をかけた伝令』。

第一次世界大戦を舞台に2人の若きイギリス兵が最前線にいる1,600人の味方の命を救うべく敵陣を駆け抜ける1日を描いた戦争映画です。

長尺ワンカットで全編が撮影されているためまさに「没入体験」ができる驚異の映像。

息をするのも忘れるほどの緊張感と、まるで自分も戦場にいるかのような臨場感が味わえます。

映画『アメリカン・ビューティー』や『007 スカイフォール』のサム・メンデス監督の最新作です。

ポイント
  • 全編ワンカットにしか見えない撮影技術に驚きます。
  • 端役が豪華キャストで贅沢すぎます。
  • 第一次世界大戦について少し調べておくと映画の背景がわかり、なお楽しめるはず。

それでは驚異のワンカット戦争映画『1917 命をかけた伝令』をネタバレ込みでご紹介します。

▼動画の無料視聴はこちら▼

『1917 命をかけた伝令』作品情報

『1917 命をかけた伝令』

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

作品名 1917 命をかけた伝令
公開日 2020年2月14日
上映時間 119分
監督 サム・メンデス
脚本 サム・メンデス
クリスティ・ウィルソン=ケアンズ
出演者 ジョージ・マッケイ
ディーン=チャールズ・チャップマン
マーク・ストロング
アンドリュー・スコット
リチャード・マッデン
クレア・デュバーク
コリン・ファース
ベネディクト・カンバーバッチ
音楽 トーマス・ニューマン

▼さらに詳しいキャスト情報を知りたい方はこちら▼

『1917 命をかけた伝令』あらすじ


1917年4月6日。

第一次世界大戦の只中にあったヨーロッパでその頃、西武戦線にいたドイツ軍は前線から後退する動きを見せていました。

しかしその後退は戦略的なもので、連合軍側をヒンデンブルク線に誘い込むための罠でした。

航空偵察で、ドイツ軍の動きを把握したイギリス軍。

エリンモア将軍(コリン・ファース)は若い将兵2人に、ある命令を下します。

『1917 命をかけた伝令』

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

電話線が切られていて情報が伝えられない進撃中のデヴォンシャー連隊の元に行き攻撃中止の命を伝えるように、と。

連隊には将兵トム・ブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)の兄も所属していて、もし2人が間に合わなければ壊滅的な打撃を受けることは間違いありません。

トムは友人のウィル・スコフィールド(ジョージ・マッケイ)と共に、決死の覚悟でドイツ軍が撤退していった無人地帯へと飛び込むことに。

『1917 命をかけた伝令』

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

果たして2人は約1,600人もの味方を救うことができるのでしょうか。

『1917 命をかけた伝令』感想

宣伝に偽りなし!異次元の没入体験映画です。

アカデミー賞で撮影賞、録音賞、視覚効果賞を受賞しただけあり、とにかく映画『1917 命をかけた伝令』は映像の素晴らしさにまず驚かされます。

ただし、全編ワンカットと予告や宣伝で謳われていますが、さすがにこれは誤解を招く表現で実際は何回かの長回しで撮影された映像をワンカットに見えるよう編集されたものです。


くりすくりす

そうは言っても見入ってしまうと、編集にほぼ気付かないほどの出来

撮影チームはカメラの動きを緻密に計算した上で撮影したそうですが、その甲斐あってか素晴らしいワンカット風映像に仕上がっています。

何よりワンカット映像は観客を映画の世界に引き込むことに大きな役割を果たしています

危険な伝令任務を負った2人と一緒に戦場を駆けて行くような緊張感。

『1917 命をかけた伝令』

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

総じて戦争を題材にした映画はピンと空気が張り詰めたような感覚を鑑賞中覚えますが、『1917 命をかけた伝令』は今までにない息苦しさを感じます。

くりすくりす

映画が終わると、思わずほっと息をついてしまうほど。

こんな体験はなかなかできるものではないので、戦争映画だからと敬遠している人にもぜひ観て欲しい映画です。

くりすくりす

公開されている撮影風景の動画を観ると、なるほどこうやって撮っていたのかと、感心してしまいます。ただ、どうやって撮っているか、どこで途切れるかなど、鑑賞しながら考えない方が映画をより楽しめると思います。

撮影監督にはロジャー・ディーキンスの名前がありますが、映画『ブレードランナー 2049』『007 スカイフォール』などを観ていると、なるほど彼だなと思う画があります。

そしてサム・メンデス監督らしい、西洋絵画のような幻想的で美しさのある風景もところどころ差し込まれています。

『1917 命をかけた伝令』

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

くりすくりす

撮影方法がすごい!だけではなく、詩的な画の美しさも見どころです。

英国俳優好きなら、見て損なし!主役のジョージ・マッケイ、素晴らしいです。

マーベルのスパイダーマン役でおなじみトム・ホランドの出演交渉は、上手くいかなかったという本作『1917 命をかけた伝令』。

最終的には、ジョージ・マッケイディーン=チャールズ・チャップマンが、伝令を務めたイギリス兵を演じることになりました。

くりすくりす

トム・ホランドのスコフィールド役も観たかった気はしますが、ジョージ・マッケイが素晴らしかったので結果としては正解。

スコフィールドという過去や家族構成など明確にされないしなぜか家に帰りたくないと言う秘密はあるけど、けれど仲間想いではあり胸の内には勇敢さを持つ青年にぴったりでした。

『1917 命をかけた伝令』

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

映画全編において、ジョージ・マッケイの演技は素晴らしいとしか言えないのですがラストシーンはまさに秀逸です。

トム・ブレイクは、スコフィールドと比べるとずっとわかりやすい青年でした。

家族を愛し兄のためなら危険な任務もためらわず、戦場にいながらも善良さを持ち観客にとっても理解しやすい心優しい19歳。

誰かにとっての良き息子であり兄弟で、スコフィールドにとっても年下の大切な友人。

『1917 命をかけた伝令』

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

こちらのキャスティングも見事としか言いようがなかったです。

2人の友情を感じられるシーンのケミストリーはなかなかなものでした。

くりすくりす

正直、最後まで2人で任務を全うする姿を観たかったと思うくらいに。

そして、メイン2人も良かったのですが、あまり出番の多くない役を演じる豪華な顔触れがまた英国俳優好きにはたまりませんでした。

どんな役も自由自在なマーク・ストロング、ドラマ『シャーロック』で日本でも人気のアンドリュー・スコット、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のロブ役で世界的に知名度が上がったリチャード・マッデン、みんな大好きコリン・ファース、大人気俳優のベネディクト・カンバーバッチ

もちろんそんな実力派であり人気もある俳優が演じる役は出演時間が短くても、存在感を示さなければいけない重要な役どころ。

くりすくりす

キャスティングをした製作陣のチョイスが本当に素晴らしすぎです。

くりすくりす

特にブレイク兄をリチャード・マッデンに決めたのはもう大正解。

よくよく見ると、そこまで似ているかなと思うのですが、スコフィールドが初めて会った時「ああ、ブレイクのお兄さんだ」と、観客にもすぐにわかること間違いなし。

くりすくりす

ここで、一目で兄弟とわかることも、物語的には大きいと私は思います。わかるからこそ、会えて良かったと思うと同時にスコフィールドがこれから伝えなければならない言葉を思うと胸が詰まってしまうわけで。

格好良すぎるマーク・ストロングや、やさぐれ具合が最高なアンドリュー・スコットのファンは、ほんの少しの出番とはいえ間違いなく満足できます!

くりすくりす

そしてカンバーバッチは相変わらず声良すぎの単語聞き取りやすすぎです。ただコリン・ファースは、少しわかりづらかったです!すぐにわからなかった自分にショックを受けました。好きな俳優なのにと。

そんなわけで、英国俳優が好きな方はキャストに注目して観るのも楽しみの1つという作品になっています。

舞台となるのは第一次世界大戦中の、ある1日。

第一次世界大戦は1914年7月28日から1918年11月11日までヨーロッパを主戦場とし25ヶ国が参加して繰り広げられた歴史上最初の総力戦でもあった戦争です。

第一次世界大戦

出典:Wikipedia

複雑な問題を当初からはらんでいた戦争ですが、終戦後ドイツに連合国側が一方的に戦争責任を押し付けたことで、大きな禍根を残すことになりました。

参戦国の間にも対立関係は残り、結果わずか21年後の1939年、第二次世界大戦が勃発しました。

くりすくりす

ドイツ国民が終戦時に抱いた不満、反仏感情が、やがてヒトラーの権力獲得のための助けになったとも言われていますがそれはさておき。

前線の兵士だけでなく、国民も戦争に動員された初めての総力戦だった第一次世界大戦は毒ガスや戦車、飛行機などの新兵器が投入されそれまでの戦争とは比較にならないほど多数の戦死者が出ました。

本作『1917 命をかけた伝令』の主人公たちが属するイギリス軍も、90万の戦死者を出したと言われています。

くりすくりす

もっとも多いのがドイツとロシアの180万で、一般人の死者も合せるとロシアの死者は300万人近いことに。

第一次世界大戦では両軍ともに、敵に背後に回り込まれないようにとスイス国境からイギリス海峡までという長い塹壕(陣地の周囲に掘る穴、または溝のこと)が掘り進めました。

1917 命をかけた伝令』は現代戦でも運用される塹壕戦を、生々しく描いているとの評価も高いです。

絶対的に防御側が優位な塹壕戦を攻略するため生み出されたのが戦車なのですが、第一次世界大戦では戦いに登場するのは数回のみ。

しかしイギリスが生み出した新兵器の噂を聞いた各国はこぞって戦車の開発に躍起になったため、やがて大規模な塹壕戦は姿を消すことになります。

くりすくりす

以下私が考える、映画『1917 命をかけた伝令』を観る上で、抑えておきたい歴史的ポイントです。
  • 第一次世界大戦下では、塹壕戦がメインだった。
  • ドイツが防御強化のためヒンデンブルグ戦に撤退したのは2月23日から4月5日にかけて。つまり映画の前日までのこと。
  • 映画で描かれた1917年4月6日は、アメリカ合衆国がドイツに宣戦布告した日。

たとえこの時、スコフィールドの届けた伝令で多くの犠牲者を出すことを止められたとはいえ、戦争が終わるのはまだ1年以上も先のこととなります。

スコフィールドたちには戦争はまだ終わりが見えないものであると思うと、やりきれなさや虚しさも覚えてしまいます。

『1917 命をかけた伝令』

(C)2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

ところで、本作のストーリーはサム・メンデス監督が祖父から聞いた話を元にしているそうです。

大戦中、監督の祖父・アルフレッドはイギリス軍で西部戦線の伝令を務めていたそうなので(しかも19歳の時に)映画のリアルさも納得です。

『1917 命をかけた伝令』あらすじ・ネタバレ感想まとめ

以上、ここまで『1917 命をかけた伝令』についてレビューしてきました。

要点まとめ
  • 映像に囚われすぎると、映画そのものが楽しめなくなるおそれあり。できれば撮影方法や編集箇所など、鑑賞中はあまり考えないように。
  • 物語の軸はシンプルですが、緩急ある演出や友情をメインにした人間ドラマで、ラストまで飽きさせません。
  • 本作とあわせて、ピーター・ジャクソン監督の『彼らは生きていた』の鑑賞をおすすめしたいです。

▼動画の無料視聴はこちら▼