『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』公開決定&ティザービジュアル解禁! 頭脳警察50周年企画ドキュメンタリー

『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』公開決定&ティザービジュアル解禁! 頭脳警察50周年企画ドキュメンタリー

©2020 ZK PROJECT

この度、頭脳警察50周年企画・ドキュメンタリー『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』が、2020年7月18日(土)より、新宿K’s cinemaにて公開することが決定いたしました。

それにあわせて、【PANTAとTOSHIのシルエットが印象的にデザインされた】ティザービジュアルが解禁となります。

『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』ティザービジュアル&概要

『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』

©2020 ZK PROJECT

結成から50周年を迎えた伝説的ロックバンド“頭脳警察”(PANTA・TOSHI)が、新たにギター・澤竜次(黒猫チェルシー)、ベース・宮田岳(黒猫チェルシー)、ドラム・樋口素之助、キーボード・おおくぼけい(アーバンギャルド)といった若きミュージシャンを加え、”頭脳警察50周年バンド”を始動!

“頭脳警察”と同じ時代を歩んできた者、その背中を追ってきた者、あらゆる世代の表現者の証言とともに、変わらぬ熱量を保ち続ける”頭脳警察”の現在と過去を追うことで日本におけるカウンターカルチャーと、サブカルチャーの歴史を浮き彫りにしていく…。

現在、コロナ禍に揺れる日本のカルチャーシーンに、“頭脳警察”はどのような答えを導き出すのか。

PANTAとTOSHI、そして新たな強力メンバーを得た“頭脳警察”の闘いは、この時代を生き抜くための力を我々に与えてくれるに違いありません!ご期待ください。

『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』作品情報

出演:頭脳警察(PANTA、TOSHI、澤竜次、宮田岳、樋口素之助、おおくぼけい)、加藤登紀子(歌手)、植田芳暁(ミュージシャン)、岡田志郎(ミュージシャン)、山本直樹(漫画家)、仲野茂(ミュージシャン)、大槻ケンヂ(ミュージシャン)、佐渡山豊(ミュージシャン)、宮藤官九郎(脚本家)、ROLLY(ミュージシャン)、切通理作(評論家)、白井良明(ミュージシャン)、浦沢直樹(漫画家)、木村三浩(活動家)、桃山邑(演出家)、春風亭昇太(落語家)、鈴木邦男(活動家)、足立正生(映画監督)、鈴木慶一(ミュージシャン)、髙嶋政宏(俳優)ほか<登場順>

監督・編集:末永賢
企画プロデュース:片嶋一貴
プロデューサー:宮城広
撮影:末永賢、宮城広
整音:臼井勝
スチール:シギー吉田、寺坂ジョニー
企画協力:田原章雄(PANTA頭脳警察オフィシャルFC)、徳田稔(TEICHIKU ENTERTAINMENT)
企画・製作プロダクション:ドッグシュガー、太秦
製作:ドッグシュガー、太秦配給:太秦

[2020年/DCP/モノクロ・カラー/スタンダード・ビスタ/5.1ch/100分]

公式サイト:http://www.dogsugar.co.jp/zk.html
公式Twitter@zk50th_movie
公式Facebook@zk50th_movie

『zk/頭脳警察50 未来への鼓動』末永賢監督コメント

「 吹き荒れた疫禍から世界が生き残った時、ぼくらは恐怖と分断から解き放たれているだろうか。ブチ撒かれたガラクタの中から響く頭脳警察の叫びと打撃は、その時こそ深く突き刺さるに違いない。」

末永賢監督プロフィール

本作では監督・編集・撮影を担当。頭脳警察結成時は4歳。海賊と白バイ警官(府中のニセモノ)に憧れる日々を神奈川県逗子市にて過ごす。バブル絶頂期に大学を卒業するも映画界に迷い込み鈴木清順、小沼勝らの助監督を経て監督活動を開始。本作撮影中に書かれた「ヤルタ・クリミア探訪記PANTAと仲間たち」では共同著者に名を連ねる。監督作に『日本犯罪秘録・チ37号事件』『大阪ニセ夜間金庫事件』『長官狙撃』『河内山宗俊』など。日活大部屋俳優の実録『人生とんぼ返り』が2020年秋に公開予定。

zk/頭脳警察50 未来への鼓動』は、2020年7月18日(土)より、新宿K’s cinemaにて公開!

▼あわせて読みたい!▼