『ナンシー』予告編/ポスター/場面カット解禁!サンダンス映画祭脚本賞受賞のサイコスリラー

『ナンシー』予告編&ポスター&場面カット解禁!サンダンス映画祭脚本賞受賞のサイコスリラー

(C)2017 Nancy the Film, LLC

タランティーノやデミアン・チャゼルを輩出したサンダンス映画祭で脚本賞、ジャンル映画専門の権威あるシッチェス・カタロニア国際映画祭で最優秀女優賞、同じくジャンル映画の映画祭であるファンタスポアで監督賞を受賞した話題作。

世界中から厳選された未体験の映画を上映する企画『未体験ゾーンの映画たち2020』で3月6日から公開される異色サイコスリラー『ナンシー』の予告編、ポスター、場面カットが解禁されました!

『ナンシー』予告編&ポスター&場面カット


他人の関心を集めるために嘘をつくのが日常化している女性ナンシーが見つけた「30年前に行方不明になった娘・キャロルを今も探している老夫婦」のニュース。

その娘に顔が似ていると気づいたナンシーは、「もしかして自分がそのキャロルではないか」と老夫婦に接触を図るのですが…?

予告編では行方不明の少女のニュースを見つめるナンシー、30年後の予想写真と自分の顔を比べるナンシーなど不気味な映像が流れます。

そして予告編でもインパクトの強い、顔を比べるカットを使ったポスターも公開。

『ナンシー』

(C)2017 Nancy the Film, LLC

しかし「嘘で塗り固めた私の人生。けれど求めているのは、本物の温もり。」とコピーにもある通り、ただのサイコスリラーではなく、孤独な女性ナンシー、娘に会いたい一心の老夫婦など人間ドラマの側面も強いことがうかがえます。

加えて公開されたチラシ裏の宣伝文句でも『魂が慟哭する衝撃の感動作』と書かれており、期待が高まります。

『ナンシー』

(C)2017 Nancy the Film, LLC

賞を受賞したアンドレア・ライズボロー、ベテラン俳優のスティーブ・ブシェミアン・ダウドジョン・レグイザモらベテラン俳優たちの演技も注目。

公開された場面写真は暗くおどろおどろしい場面が多いですが、この話からどのように感動の結末に持っていくのでしょうか。

短編映画で高い評価を受け、本作『ナンシー』の監督に抜擢されたクリスティーナ・チョウ監督の手腕に注目です。

Galleryギャラリー

『ナンシー』あらすじ・作品情報

あらすじ

『ナンシー』

(C)2017 Nancy the Film, LLC

嘘をつくことで他人に相手をしてもらおうとする孤独な女性ナンシー(アンドレア・ライズボロー)。

ある日彼女はTVで30年前から行方知れずの少女キャロルを探し続ける両親のニュースを見る。

その後番組では最新のCGで予想された30年後のキャロルの写真が公開され、ナンシーはその写真が自分とうり二つであると気づいてしまう。

彼女は娘を探す老夫婦に「自分がそのキャロルではないか」と接触を図るが、事態は予想外の方向に転がっていく。

作品情報

『ナンシー』

(C)2017 Nancy the Film, LLC

作品名 ナンシー
公開日 2020年3月6日
上映時間 86分
監督 クリスティーナ・チョウ
脚本 クリスティーナ・チョウ
製作 エイミー・ロー
アンドレア・ライズボロー
出演者 アンドレア・ライズボロー
スティーヴ・ブシェミ
アン・ダウド
ジョン・レグイザモ
J・スミス=キャメロン
日本語字幕 杉山緑
配給 AMGエンタテインメント
「未体験ゾーンの映画たち」公式HP https://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2020

3月6日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、4月12日(日)よりシネ・リーブル梅田でロードショー!