『もったいないキッチン』斎藤工による吹き替え版予告映像&アフレコ写真解禁!

『もったいないキッチン』斎藤工による吹き替え版予告映像&アフレコ写真解禁!

©UNITED PEOPLE

日本が大切にしてきた「もったいない」について考える珠玉のドキュメンタリー映画『もったいないキッチン』が、2020年8月8日(土)よりシネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺ほか全国にて公開となります。

この度、斎藤工による吹き替え版が完成し、吹き替え版の予告映像が解禁となりました!

アフレコ風景の写真、吹き替えを終えた斎藤工のコメントも同時解禁となります。

『もったいないキッチン』斎藤工さんによる吹き替え版予告映像&アフレコ写真解禁!


無駄をなくすということだけでなく、命あるものに対する畏敬の念が込められた日本独自の美しい言葉「もったいない」。

本作は、この「もったいない」に魅せられオーストリアからやってきた映画監督のダーヴィド・グロスが、日本を旅して食品ロス解決の糸口を探る様子を追ったドキュメンタリー。

このダーヴィド・グロスの声を、ダーヴィド・グロス監督の前作『0円キッチン』(2015年)のファンであり、本作『もったいないキッチン』のアンバサダーである斎藤工が担当。

この度、日本語吹き替え版が完成し、吹き替え版の予告映像が解禁となりました!

斎藤は吹き替えを終えて、

「僕は、映画も食も世界をつなぐことのできる共通言語であると思っています。まさに『もったいないキッチン』は、この2つが交点を持った作品です。食品ロスというテーマやこのタイトルから、少し慈善的なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、多くの人が楽しめる食のエンターテイメントになっていると思います」

と語りました。

『もったいないキッチン』斎藤工

©UNITED PEOPLE

※斎藤工吹き替え版のシネスイッチ銀座での上映は、10:30、16:40の回(8/15(金)以降時間変更の可能性あり)。アップリンク吉祥寺でも上映予定(時間未定)。

Galleryギャラリー

『もったいないキッチン』作品情報

『もったいないキッチン』

©UNITED PEOPLE

監督・脚本:ダーヴィド・グロス
出演: ダーヴィド・グロス、塚本 ニキ、井出留美 他
プロデューサー:関根健次
制作:ユナイテッドピープル
配給:ユナイテッドピープル
配給協力・宣伝:クレストインターナショナル

2020年/日本/日本語・英語・ドイツ語/16:9/95分

公式サイトhttp://www.mottainai-kitchen.net/

概要

日本が大切にしてきた“もったいない精神”に魅せられ日本にやってきた、映画監督のダーヴィド・グロス。

食材救済人の異名も持つダーヴィドは、前作『0円キッチン』(15)でヨーロッパ5カ国をキッチンカーで巡り、捨てられる運命の食材を美味しい料理に変身させてきた。

前作から舞台を日本に移し、本作『もったいないキッチン』では旅のパートナーニキと共に福島から鹿児島まで1,600kmを旅する。

もったいないキッチン』は8月8日(土)、シネスイッチ銀座、アップリンク吉祥寺他全国順次ロードショー!

▼合わせて読みたい!▼