『痛くない死に方』上海映画祭「日本映画週間」で上映決定&主演・柄本佑写真解禁!

痛くない死に方_柄本佑

©「痛くない死に方」製作委員会

2020年7月25日から8月2日まで開催される第23回上海国際映画祭「日本映画週間」にて映画『痛くない死に方』の上映が決定しました。

『痛くない死に方』概要

痛くない死に方_柄本佑

©「痛くない死に方」製作委員会

痛くない死に方』は現役在宅医として活躍する長尾和宏のベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」を、『禅』『赤い玉、』などの問題作を発表し続ける巨匠・高橋伴明が脚本と監督を担当して映画化。

火口のふたり』『知らなくていいコト』など話題作に出演する柄本佑が主人公の在宅医師・河田仁を演じます。

2020年の上海国際映画祭は現地でのセレモニー・イベントが中止され、本作の関係者は現地に入りませんが、主演の柄本祐が現地に動画メッセージを送っています。

本作は2020年の夏で公開を調整していたが、新型コロナウィルスの影響を鑑み公開を延期しました。

公開時期に関しては状況を考慮しながら慎重に調整しており、決まり次第、発表されます。

作品情報

出演者:柄本佑
監督・脚本:高橋伴明
原作:長尾和宏
プロデューサー:見留多佳城・神崎良・小林良二
制作:G・カンパニー
配給・宣伝:渋谷プロダクション
製作:「痛くない死に方」製作委員会