アニメ『彼方のアストラ』第7話ネタバレ感想!シャルスの身の上が明らかに。抱えている悲しい過去とは?

アニメ『彼方のアストラ』第7話ネタバレ感想!

出典:『彼方のアストラ』公式ページ

ついにシャルスの過去が明らかに!

映像記憶能力を持ったアリエスですら、シャルスを見たことが無かった事実。

実はシャルスはこの惑星旅行の直前に転校してきていたのでした。

しかもその正体は、いまだに貴族王族制度を採用しているヴィクシア出身の貴族だったのでした!

彼もまたセイラという仲の良かった女の子をと離れ離れになってしまった辛い過去を持っているのです。

そして船は、第四の惑星「イクリス」に到着!

惑星自体が回っていなく灼熱地帯と極寒地帯の両極端な惑星であるイクリスに着陸しようと試みるも、未知なる生物の攻撃により宇宙船は破損、惑星へと閉じ込められてしまったのでした。

アニメ『彼方のアストラ』第7話「PAST」あらすじ


アニメ『彼方のアストラ』第7話「PAST」あらすじ①

アニメ『彼方のアストラ』第7話「PAST」あらすじ②

惑星イクリス到着を前に、B5班に衝撃が走る。

シャルスはもともとケアード高校の生徒ではなく、惑星キャンプの直前に転校してきたというのだ。

なぜ、シャルスは転校生であることを不自然に隠していたのか?

今明かされるシャルスの出自に、カナタたちは……。

アニメ『彼方のアストラ』第7話「PAST」あらすじ③出典:『彼方のアストラ』公式ページ

アニメ『彼方のアストラ』を視聴できる動画配信サービス

『彼方のアストラ』は、下記のアイコンが有効になっているビデオ・オン・デマンドにて動画視聴することができます。

なお、各ビデオ・オン・デマンドには無料期間があります。

u-next
注意点
  • 動画の配信情報は2019年8月16日時点のモノです。
  • 動画配信ラインナップは変更される可能性もありますので、登録前に各サービスの公式ページにて必ずご確認ください。

無料期間中の解約も可能ですので、本作が少しでも気になっている方は、ぜひ無料期間を上手にご利用ください。

【ネタバレあり】アニメ『彼方のアストラ』第7話「PAST」感想レビュー

シャルスの過去!明かされる身の上

前回第6話で、アリエスが気付いたシャルスの謎!

映像記憶能力を持っているアリエスが、何度も生物の授業に出ているにも関わらずシャルスのことを一切覚えていなかったのです。

そして今回、シャルスの口から謎が明かされることになります。

アイエスの証言から、みんながシャルスのことを気にし始めると、カナタはシャルスに事実を述べるように頼んだのでした。

自分よりもアリエスのことを信じているカナタたちに若干不満を感じているようですが、今まで自分のことを一切語ってこなかったのも事実。

カナタたちの怒りが飛んでくる中、アリエスもシャルスのことを信じていることを伝え、真実を求めます。

ザックの言う通り、この旅行の直前に転入してきたとあっては、送り込まれた刺客と思われても仕方ありません。

それでも真実を語るのを拒むシャルスに、カナタは言わなければ監禁するとまで宣言し、事の重大さを伝えます。

そしてついに、固く閉ざされてきたシャルスの口が開くのでした。

この旅行の直前に転校してきたシャルス。

彼はただ単に自身の身の上を話したくなかっただけのよう。

何とシャルスは、いまだに王制制度や貴族制度が残るヴィクシア王制地区の貴族出身だったのです!

それを聞いた一同は呆然。それもそのはず、世界を見渡しても貴族制度が残っているのかこの地域だけだからです!

科学技術の制限や牧歌的な生活から、今なお中世のヨーロッパのような生活が続いているこの地域では観光業なども盛んなよう。

そんな中、街の中心には観光客も一般市民も立ち入ることを許されていない塀で囲まれた地区があるのでした。

その地区こそが、王族や貴族が暮らしている地域であり、シャルスはそんな貴族の家庭に生まれたのでした。

子供だったシャルスには、その頃よく遊んでいた女の子がいたのです。

名前はセイラといい、彼女は平民出身だったのですが、シャルスとよく平民エリアの敷地などに入り込んで遊んでいたそう。

そんなある日、シャルスはセイラに見せたいものがあって、彼女を誘って貴族エリアへと侵入したのでした。

その際セイラに、シャルスは彼女が平民だとバレないように貴族の服を貸してあげてまで連れていきたかった場所とは、王立動物園だったのです。

それを聞いた瞬間、セイラの反応が一変し、とにかく早く見たいといった感じに大はしゃぎ。

さっそく走り出したセイラでしたが、そのとき誤って人にぶつかってしまったのでした。

セイラは謝るも、警官は彼女が平民という理由で、見逃さずに拘束しようとしてしまったのでした。

しかし、セイラも抵抗し逃げようとした矢先、セイラは警官に押されてしまい高所から転落。

その後セイラは寝たきりの状態になってしまったのでした。

それに負い目を感じているシャルスは、父親の静止を振り払って彼女をお見舞いに行く日々。

そして4年の歳月が経った時、セイラの家族は彼女を連れてどこかに行ってしまったのです。

当然シャルスは行き先なども知らず、セイラが消えた真実のみがシャルスに降り注ぎ、程なくして彼女を失った街を出ていったのです。

ようやくシャルス自身の口から真実が告げられたのでした。

その瞬間、メンバー全員がシャルスの気持ちを察して号泣。

それにはシャルスもビックリで、全然知らない人の話になぜそこまで入れ込めるのか尋ねます。

するとカナタは大声をあげて「お前の大事な人の話じゃねぇか!?関係ないわけない!」とシャルスを説教。

それを聞いたシャルスも、みんなの優しさに触れることができて嬉しそう。

そしてシャルスは、怒るのではなく、笑ってみんなに答えたのでした。

街を出るときに、全てを捨ててきたはずだったシャルス。

しかし彼はこの冒険を通じて、新たな家族ができつつあるのかもしれません。

こうしてみんなは、次なる惑星に到着しようとしていたのでした。

>>【31日間無料】U-NEXTで『彼方のアストラ』を視聴する

第四の惑星イクリス!

シャルスの一件も落ち着き、次なる惑星が見えてきたことに興奮気味の一同。

一同呑気なことにケアード高校の校歌を歌っている始末。

そんな呑気の空気を壊すかのように、ザックの口から衝撃的な言葉が出てきたのです。

「この惑星は回ってないぞ!正確に言えば、自転と公転の周期が同じだ。」

それを聞いたアリエスたちは「一日中太陽の光が当たり良好」と大はしゃぎ。

ザックは呆れ気味に「灼熱地獄で生き物なんて到底住めない」と言及。

それまでのお祭り雰囲気が一気に変わっていきます。

ザックが言うには、反対側は太陽の光が当たらないので極寒地獄なのだそう。

しかし、惑星データ上では生物の反応はあるらしく、あるとすれば灼熱地帯と極寒地帯の中間部分「両面境界のベルト地帯」が有力。

そのデータと仮説を信じて、さっそく宇宙船でこの惑星イクリスに上陸を試みるのでした。

いざ惑星内に入ってみると、そこには今まで見たこともないような生物ばかり。

空を飛ぶ鳥のような生物に取り囲まれるも、幸い襲ってはきませんが、その空中生物を捕食して生きている生物まで現れる始末で、いつこの宇宙船がやられてもおかしくない状況に。

シャルスによると、飛行生物を捕食しているのは、食虫植物なのだそう。

ルカは慌てて上陸することを提案するも、カナタは冷静に考えてこの地に着陸するのはあまりに危険だと判断。

より寒冷な地帯を探すために、ザックに指示を出したカナタだったのです。

しかしその時、運悪く食虫植物に捕まってしまったのでした!

船の動力では逃げること自体できないような大ピンチに!

機体を回転させて、なんとかこの植物から逃げ出そうと試みます。

すると、その試みの甲斐あって、食虫植物の触手は引きちぎれ何とか脱出できましたが、そのダメージでコントロールルームの破壊、姿勢制御と減速機能を失ってしまうという重大な損傷。

一同の心に緊張が走ります。それもそのはずで、もしこの宇宙船を失いようなことがあれば、その時点でカナタたちはこの惑星で暮らさないといけないからです。

そして何とか無事に着陸するも、機体は大きく損傷。文字通り絶体絶命の状態に!

一同何が起こったのかまだよく呑み込めてないようにも見えますが、ここでザックが現状を報告。

「アストラ号、航行不能…w」

全員に衝撃が走りました。

船外に出たザックは点検を開始すると、「宇宙はもう飛べないし、修理も不可能だ」と厳しい現実。

一体どうなってしまうのか!?

>>【31日間無料】U-NEXTで『彼方のアストラ』を視聴する

航行不能!この惑星で生きていくしかないのか?

さらにザックから「この惑星で生きていくしかない」と衝撃的な告白。

それを聞いた瞬間、なんとキトリーが突然取り乱します。

そんなキトリーを見て、冷静かつ沈着に「居住区が無事だから」とキトリーを説得。

しかし、キトリーがそういう意味じゃないと返しますが、現実を受け入れられず泣き崩れてしまいます。

ザックももっと注意深く操縦していれば、こんな最悪の状況にはならなかったと自分を責めます。

カナタも当然のように、このまま惑星を横断していけば、すぐに元の惑星に戻れると思っていたよう。

しかし、そんなに現実は甘くなかったのでした。

リーダーであるカナタの様子を見て、ウルガーもいつものカナタに戻ってもらうために説教。

それを聞いたカナタは、今まで忘れかけていたものを見つけることができたように気持ちを切り替えて辺りの捜索を開始!

さっそく当面の食料を用意するべく、みんなでフィールドの散策へ!

いくつかの植物については、すでに食べられるとの判定が!

この絶望的な状況にもかかわらず、なぜかみんなは元気いっぱいに活動をしています。

自分にはあんなにポジティブに振る舞えないと肩を落とすルカを見て、ウルガーは「みんなは元気で士気を下げないようにしているだけだ」とルカを慰めます。

そんなに簡単にこの状況を受け入れられる人間などいないのです。

その時、フニシアが丘の向こう側にも散策を広げようと提案。

それを聞いたシャルスは、向こう側には何もないと否定的。

しかし、その場所で彼らはとんでもないものを見つけてしまうのです。

>>【31日間無料】U-NEXTで『彼方のアストラ』を視聴する

シャルスからの連絡!彼が見つけたものとは!?

川にポンプを突っ込んで水を補給しているカナタとザック。

とりあえず水の問題は解決できるようで安心しています。

ザックは、今はとにかく生き延びることを優先するようにみんなに提案。

一方で、キトリーはまだ落ち込んでいる様で、やりたいことがたくさんあったと告白。

美味しいものを食べて、おしゃれをして、大学に行って、医者になって、結婚して…。

それを聞いたザックは、キトリーにある提案をするのでした。

実はこのアストラ号には、まだ故障していない人工冬眠装置があるらしく、もしそれを使えば上手く救助を待てるかもしれないと教えてあげるのでした。

しかし、こんな辺境の惑星に誰かが来るとは到底考えにくい。

眠ったまま救助が来るのを信じて10年、100年という年月を待ち続けるということ。

これは賭けというよりも、みんなと生きていくよりも辛い選択だったのでした。

それを聞いたキトリーは、自分だけ人工冬眠装置で生き長らえるのではなく、みんなと一緒に最後まで過ごすことを取ったのでした。

アリエスは号泣しているキトリーを見て、反対にカナタがやけに落ち着いていることに気づきます。

カナタは反対に楽観主義者で、そんなに真剣に状況を考え過ぎていないよう。

そんな会話をアリエスとしていると、突然シャルスからの連絡が!

なんでも、自分たちが乗っているものと同じ型のアストラ号が見つかったのです!

これは一体どういうことなのか!?

おそるおそる中を探索し始めるカナタたち。

そこで見つけた「HELP ME」の文字から、ザックが誰かが人工冬眠装置を使ったことを推測。

予想通り、そこには冬眠中の女性の姿が!

カナタはその女性を起こすことを決めたのでした!

はたして、この女性の正体とは!?

>>【31日間無料】U-NEXTで『彼方のアストラ』を視聴する

アニメ『彼方のアストラ』第7話まとめ

第4の惑星イクリスの辿り着いたカナタたちですが、そこで予想外の食虫植物の襲撃を受けてしまい、アストラ号が故障。

もはや宇宙に帰ることは叶わず、ここで一生を終える覚悟をするしかない状況に追い込まれます。

しかしカナタたちは偶然にも、彼らより以前にこの惑星にやってきて、人工冬眠装置を使って冬眠しているクルーを発見するのでした!

要点まとめ
  • シャルスの身の上話
  • 故障してしまったアストラ号
  • 人工冬眠装置を使って冬眠中のアストラ号のクルー

カナタたちよりも以前に、この惑星にやってきて閉じ込められてしまった女性を発見するも、はたして彼女は味方なのか!?

アニメ『彼方のアストラ』の他話ネタバレ記事一覧

アニメ『彼方のアストラ』第1話ネタバレ感想!宇宙旅行に向かった9人に待ち受ける予想外の事態とは アニメ『彼方のアストラ』第2話ネタバレ感想!カナタがリーダーと認められた瞬間、そして仲間内に裏切り者が? アニメ『彼方のアストラ』第3話ネタバレ感想!フニシアの話から旅行の思わぬ目的が明らかに…? アニメ『彼方のアストラ』第4話ネタバレ感想!影の薄いユンファが疎外感から宇宙船を出て行くが…? アニメ『彼方のアストラ』第5話ネタバレ感想! アニメ『彼方のアストラ』第5話ネタバレ感想!アリエス、ユンファの水着姿に男性陣が釘付けに…! アニメ『彼方のアストラ』第6話ネタバレ感想! アニメ『彼方のアストラ』第6話ネタバレ感想!ウルガーがルカに銃を向けた理由と秘密が判明 アニメ『彼方のアストラ』第8話ネタバレ感想! アニメ『彼方のアストラ』第8話ネタバレ感想!12年ぶりに目を覚ましたポリーナは何者?明かされる新たな事実。